関西風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西  > 風俗ニュース

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生に性的サービスをさせるいわゆる「JKビジネス」店が摘発された事件で、この店は過去に摘発された別の店で働いていた少女を雇い入れていたことがわかりました。


「なにわde散歩」の元経営者・新開祐介容疑者(39)はことし1月、17歳の女子高校生を雇い、男性客に性的な行為をさせた疑いで逮捕されました。


新開容疑者は容疑を否認しています。


捜査関係者によると、新開容疑者は去年摘発された別のJKビジネスの店で働いていた少女を雇い入れていたということです。




【店の従業員】
「私が前にいた店が摘発された。(この店も)いつかつぶれると思う」


【新開祐介容疑者】
「女の子が10人くらい僕に『オープンまだしないんですか?』と。みんなから『雇ってください』と」


政府は「JKビジネス」の取締強化に取り組んでいて、警察が営業の実態解明を進めています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000002-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
働く少女側もJKビジネスに依存したライフスタイルを構築しているのが垣間見える。
職場が摘発されて、次のJKビジネスで働ける場所を探す・・・
この循環を見ると、摘発だけでは不十分で働く側になる可能性がある少女への教育が必要としか言いようがない。
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
クラブパラダイス_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
制服姿の女子高校生らに男性客の接客をさせる「JKビジネス」が大都市を中心に広がっている。客にマッサージをする「リフレ」や悩み相談をうたう「カウンセリング」などさまざまな形態があるが、「裏オプション(裏オプ)」と称する違法な性的サービスを提供する店が相次いで摘発され、児童買春など性被害の入り口とも指摘されている。今月中旬、大阪市内のJKビジネス店を訪ねた。


「失礼します」。大阪市内にある雑居ビルの一室を区切った10平方メートルほどの部屋に、白いブラウスにグレーの膝上丈のスカート姿の少女が現れた。マスカラでぱっちりさせた目元は大人びているが、幼さを感じさせる言葉遣いとのギャップが印象的だ。記者が腰掛けるソファの隣に慣れた様子で座ってきた。


普段の暮らしを尋ねると、大阪府内の高校に通う17歳だという。「毎日、ユーチューブを見てる。友達とはカラオケやケーキバイキングに行くことが多いかな」。好きな俳優や漫画、ドラマについて語る様子は無邪気で生き生きとしている。


この店で働き始めたのは半年前。友達の誘いがきっかけだった。スーパーのレジ打ちのアルバイトと掛け持ちで、週1〜2回、まとまったお金が欲しい時にシフトに入り、稼いだお金は洋服や化粧品の購入に充てている。両親にはこの店のことは話していない。


客から性的なサービスの要求はないのか。記者の質問に思わせぶりにほほ笑んだ後、「触るなら2。見るだけだったら1ね」と話した。「2」「1」はそれぞれ2万円、1万円のことだといい、裏オプの存在を明かした。そして「どうしたいの?」と顔をのぞき込んできた。


受付には、2人で過ごす時間ごとの基本料金が書かれているだけ。客から裏オプの利用を持ち掛けられたときには少女らが個別に交渉するようだ。受付の店員からは「風俗ではない」「必ず見回りに行く」との注意書きを見せられたが、少女によると実際にはほとんど巡回はないという。男性客については「年上の仲の良い友達みたいな存在」といいながら、困ったような表情も見せた。「闇の業界に来ちゃったな」


話し続けていると突然、アラームが鳴った。タイマーにセットした時間が経過していたのだ。「終わりだね。気をつけて帰ってね」。少女は屈託なく笑顔で記者を送り出し、手を振ってドアを閉めた。【高嶋将之】




◇「最初はバイト感覚でも……」


大阪府警によると、府内には大阪市内を中心にJKビジネス店が約40店舗ある。一緒に街中を歩く「散歩」まであり、形態はさまざまだ。摘発を逃れるため、店頭での説明を避け、隠れて少女らに性的サービスをさせる店が後を絶たない。府警は実態調査を進め、捜査を強化する。


ある捜査幹部は「最初はバイト感覚でも、働き続けるうちに性被害に遭うリスクは高くなる。安易に足を踏み入れるべきではない」と指摘する。


府警は昨年以降、少女らに性的サービスをさせていた市内の3店舗を摘発。店長ら6人を児童福祉法違反(淫行(いんこう)させる行為)などの疑いで逮捕した。家出中の中学3年(当時)の少女らが働いていたケースもあった。


26日夜から翌朝にかけ、JKビジネス問題の対策の一環として大阪・ミナミの歓楽街でガールズバーの客引きをしていた15〜18歳の少女7人を一斉補導した。【宮嶋梓帆】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000037-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
まぁ、、、後を絶たない・・・。
違法にJKビジネスをしたい側を取り締まるのは当たり前としても、学校や地域でお金が欲しい女の子が少なくなるように教育ってできないものなの???
お金だけ急いで得に行っても、良い事って結局なかったりするって結構世に知れ渡ってるのにね・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
クラブパラダイス_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子中学生をガールズバーで働かせたとして、大阪府警南署などは30日、労働基準法違反(最低年齢)容疑で、大阪市中央区心斎橋筋のガールズバー「BaRNoa(バーノア)」を摘発し、大阪府内に住む自称従業員の少年(18)を逮捕した。容疑を認めている。


逮捕容疑は、4月上旬〜中旬、当時14歳だった中学3年の女子生徒を雇い、店近くの路上などで客引き行為などをさせたとしている。


同署によると、店は逮捕された少年と、府内に住む別の男子高校生(17)が経営していたとみられ、女子中学生ら5人程度が従業員として勤務していた。同署は4月、私服警官に客引きしたとして、府迷惑防止条例違反容疑で、従業員の女子中学生1人を現行犯逮捕していた。


府警によると、女子中学生は自らSNSに「ガールズバーで働きたい」と投稿し、少年らが面接で採用したという。府警は、制服姿の女子高校生らに男性客の接客をさせる「JKビジネス」対策を強化している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000539-san-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
働く方も働く方だけど、雇う側がちゃんとしないとダメでしょ。。。。
こういう経営者がいるから、この業界の存在価値が貶められる。。。。
高収入で働きたい方は経営者がちゃんとした人かをきちんと見定める必要性が今後も問われそうね。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
風俗SEO.com
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
睡眠薬として処方される向精神薬「マイスリー」など800錠を不正に販売したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは29日、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、神戸市中央区小野柄通の「おう内科クリニック」院長、王東明容疑者(58)=中国籍、同区加納町=を逮捕した。容疑を否認している。


県警は2月、向精神薬を市価の数倍で販売していた同市兵庫区の薬局を摘発。王容疑者が販売した薬が複数の人物を介して薬局に流れていたことが判明した。経営者の男(60)=同法違反(営利目的所持)罪で起訴=は「福原地区の風俗店の女性従業員に飛ぶように売れ、8年ほど前から周囲に仕入れを依頼していた」と供述している。


逮捕容疑は1月、患者だった女(38)=同法違反(営利目的譲渡幇助(ほうじょ))罪で起訴=の依頼で、女の代理人を称する内装業の男(44)=同法違反(営利目的譲渡)罪で公判中=に「マイスリー」や「アモバン」など800錠を約2万5千円で売ったとしている。


http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300009-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗店の女性従業員にだけ飛ぶように売れたのだろうか??
風俗店勤務の女性は比較的経済的に豊かな傾向にあり、薬だけではなくて色々なものが飛ぶように売れるのが一般的。
時給700800円台のパートの女性と比べたら、色々と買えるのは当たり前といったところだろう。

よって、、、風俗店勤務の女性だけに飛ぶように売れたかどうかは定かではないが、、、高収入の女性たちは色々な怪しい物売りに気をつけるべきと言えるだろう。
カテゴリー : 風俗ニュース
プラチナ_営業
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
人妻茶屋 梅田店 営業用
プラチナ_営業