関東風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東  > 風俗ニュース

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
警視庁は、制服姿の女子高校生らに男性客の接待などをさせる「JKビジネス」で働いていた少女42人を対象にした聞き取り調査の結果をまとめた。働く目的について約6割が遊興費と答えるなど、多くがお金目当てで働いている実態が明らかになった。


同庁は昨年6月と7月に都内の2店舗を摘発し、そこで働いていた15〜17歳の少女42人に調査を実施した。


店舗を知ったきっかけは友人の紹介が28人(66%)と最多。働く目的(複数回答)は、コンサートチケット代など「遊興費」が25人(60%)▽洋服や化粧品など「物品購入」が19人(45%)▽「生活費」が6人(14%)−−の順だった。1カ月の収入は約半数が10万円未満だったが、50万円以上が5人いた。


JKビジネスでは「裏オプション(裏オプ)」と呼ばれる違法な性的サービスが問題となっている。見知らぬ客との性行為について12人(29%)が「場合によってはやむを得ない」と回答。その理由の大半が「お金をもらえる」だった。


一方、家庭に満足していると答えた少女が約7割。学校生活に満足しているとした少女も約3割いた。同庁少年育成課は「家庭や学校に不満がある子ばかりではない。普通の女の子が金目的で安易に働いている可能性がある」と指摘している。同庁は調査結果を教育委員会などに情報提供し、指導に役立ててもらうという。


また、同庁は少女たちが犯罪被害に巻き込まれるのを防ごうと、開会中の都議会にJKビジネスを規制する条例案を提出した。客にマッサージなどをする「リフレ」や一緒に街中を歩く「散歩」など5業態を規制対象とし、女子高生をイメージさせる店で18歳未満を働かせることやスカウト行為を禁止する。【深津誠】


◇JKビジネスについて調査で寄せられた少女の声


(回答文のまま)


・援助交際より危険じゃないから安心。近くで店長が様子見してくれる。


・法で認められている店で働く分にはよいと思う。


・店があるから女の子もバイトして裏オプしてしまうし、客も寄ってくる。


・被害が出るなら、ない方がよい。


・客はうっとうしい。話は面白い人もいたが基本的には嫌。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000026-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
違法行為はダメですといった分かりきったことは置いといて、金欲しさに高収入ワークという道を歩む人は必ず頭に入れておくべきことがある。


それは自分なりに「金に呑まれない」意識を持ち続けることが必要ということだ。


「お金があったら、、なんでもできる・・・・。」


こんな風に思ってしまうと金に呑まれていると言える。


世の中にはお金では解決できないことがたくさんある。
お金があっても心が死んでいたら意味がないことが大半だ。


「お金があったら海外旅行に行きたい!」
という声も聞くけれど、お金があっても健康じゃなければ飛行機に乗ることすら恐怖でできないこともある。


だから、お金のために働きながらも、お金があろうがなかろうが自分が本当にやりたいことを知って楽しまないと、せっかくの人生がお金で台無しに。


高収入のお仕事をされる方は、お金に呑まれないようにキッチリと生きて人生を謳歌してほしいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
アドミ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「昨年暮れに、京本大我が性感マッサージの女性とトラブルになり、出禁になったと聞いた」(風俗店関係者)


ジャニーズJr.の京本大我(22)といえば、ベテラン俳優・京本政樹(58)の一人息子で、小学生のときジャニーズ事務所に入所。デビュー予備軍であるジャニーズJr.の有望株で、ユニット「SixTONES」のメンバーに抜擢され、現在は新橋演舞場でのステージに出演中だ。父親譲りの涼しい目元が人気のアイドルが、下半身トラブルとは穏やかではない。


だが、風俗店の関係者に取材を進めると、こんな話が漏れ伝わってきた。


「トラブルになった業者は新宿に拠点を置く『X』だ。派遣型の性感マッサージで、男性からのおさわりは禁止。会員制で、電話番号を登録して申し込むシステムだ。京本は昨年暮れに『X』を利用したが、そのときについた女のコが『本番を強要された』と涙ながらに店に訴えた」(別の風俗店関係者)


本誌は、被害を訴えた女性・Aさんと接触することができた。20代後半で、ほしのあき似の清楚な美人だ。彼女が被害を受けたという渋谷のラブホテルの同じ部屋で、話を聞いた。


「あれは12月〇日(彼女は日付を明言したが、ここでは秘す)の夜でした。22時半過ぎに予約が入り、私が担当することになって、指定されたこのラブホテルに向かいました。部屋に入ると、照明が異様に暗かったんですが、近くで顔を見ると、京本大我だと気づきました。彼は『いくら?』とだけ聞くと、財布からお札を無造作に抜き取り、無愛想に渡してきました」


Aさんは、全裸になった京本をうつぶせに寝かせると、いつものように背中のマッサージから始めた。


「30分マッサージしたあと、仰向けになってもらって、足先から股にかけてマッサージしていきました。太もものあたりをマッサージしている際、彼が急にガバッと起き上がって……。いきなり頭を手で押さえられると、無理やり口で……。頭をガンガン乱暴に動かされ、とにかく苦しかった


その後も、行為はエスカレートした。翌日以降も仕事に出たAさんだが、思い出しては気持ちが悪くなり、自宅に引きこもった。1カ月くらい過ぎて、ようやく決心してお店に話し、出入り禁止にしてもらった。


涙ながらの彼女の告白に、京本はなんと答えるのか。2月上旬、彼が両親と住む一軒家の近くで直撃したが、「(ホテルには)行っていない。まったく関係ない。これ以上は事務所に聞いてください」と言うだけ。


後日、ジャニーズ事務所は代理人の弁護士を通してこのように回答した。


「ご指摘の日時ごろ、出張マッサージを受けたことは事実ですが、性交渉に及んだり、ましてや力ずくで何らかの行為を強要した事実は断じてございません」


密室での出来事の証言は男女で食い違っている。だが京本が出張マッサージを利用し、出入り禁止になったことは確かなようだ。


(週刊FLASH 2017年3月7日号)


http://news.livedoor.com/article/detail/12709874/

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
芸能人のお得意様とはずっと懇意にしておきたいというお店の方が多いのではないだろうか?
そうすることで信頼を勝ち取り、芸能人が芸能人を呼んでくれるということだって商売をしていたらよくある話。


また利用する芸能人側もコッソリと利用できるお店を確保したいのも当たり前の話で、自ら進んでいざこざを起こすだろうか???


記事を読んでも鵜呑みにはできない。


事の真相には部外者は入り込めないけれど、経営者、従業員、利用客の3者間で楽しい信頼できる場を作れるお店が勝ち残っていくのは確かだと言えそうだ。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
アドミ
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
小池百合子東京都知事の巻き起こす旋風が、都政の闇をえぐり出している。その行動は確かな戦略・戦術に立ってのものとみえる。政治家になる以前にも、小池氏には独自の戦略・戦術で挙げた大きな功績があった


現在、「ソープランド」と呼ばれている“特殊浴場”は、かつては「トルコ風呂」と呼ばれていた。この改名に力添えしたのが、当時30代の小池氏であった。日本にトルコ風呂が誕生したのは、1951年。東銀座の「東京温泉」だった。翌年には博多に「温泉トルコ」、札幌に「ススキノ・トルコ・センター」が開業した。個室の蒸し風呂で温まる男性に、着衣の女性がマッサージするもので、直接的な性的サービスはなかった。


トルコには、中東の都市の伝統的な蒸し風呂ハンマームがある。男女とも入れる公衆浴場だ。もちろん男女は別である。あかすりやマッサージも受けられるが、サービスするのは同性だ。日本にできたものとはまるで異なる。


1958年に売春防止法が施行された後、赤線地帯だった場所にトルコ風呂が建ったのは、名古屋の中村遊郭跡が最初。その後、吉原を初めとして、各地の元赤線地帯にトルコ風呂が建った。


当初は性的サービスは厳禁だった。だが、手にクリームを塗って行うフィンガーサービスが行われるようになり、やがて性行為が行われるようになる。売春防止法違反で摘発される店も出た。


男性の急所部分がへこんだ「スケベイス」に男性が座っての、ボディ洗い。一緒に入浴して奉仕する「潜望鏡」。ローションを塗りたくってのマットプレイ。現在のソープランドのサービスは、70年代の初めには確立している。




小池氏の決意


こうした性的サービスを行う店が「トルコ」の名で呼ばれていることに心を痛めていたのが、トルコ人のヌスレット・サンジャクリ氏だ。


81年に日本に留学し、東京大学の地震研究所で学んだサンジャクリ氏は、帰国すると、国立ボアズィチ大学地震研究所の研究員になった。航空会社などが主催する日本語スピーチコンテストで1位になり日本への往復航空券を獲得。84年に再来日する。


大の日本好きであるサンジャクリ氏だが、なんとか「トルコ風呂」の名称をやめてもらいたいと活動した。84年8月23日の朝日新聞に彼の声が紹介されている。


「『トルコぶろ』に出合ったのはバスの中でだ。『トルコから来た』というと、運転手がニヤリと笑った。下宿先の歯科医が『トルコにlike sex hotelがあるか』といった。電車の広告に『トルコ』の三文字を見つけて、『自分の国のニュースが載っている』と喜び、友人に尋ねたこともあった。


来日して7カ月後、夕方、新宿を散歩していて『トルコ』のネオンを見て店に飛び込んだ。もみ手のドアボーイの『外人が来た』という声で、店の奥から下着姿の女性が4、5人出てきた。運転手の笑い、歯科医の質問などのわけが分かった」


この記事が、日本テレビ系の番組『竹村健一の世相講談』でアシスタントキャスターを務めていた、小池百合子氏の目に飛び込んだ。


朝日新聞を通して、小池氏はサンジャクリ氏に連絡を取り、都内の喫茶店で会う。話を聞いて、中東の文化に精通している小池氏はサンジャクリ氏に共感。「トルコ風呂なんて呼び方を変えればいい!」と決意した。




周到かつ精緻な戦略を実行


だが、全国に無数にあるトルコ風呂の名称を変えさせるのは至難の業だ。小池氏は戦略・戦術を練る。


その時のことは、すでに絶版になっている小池氏の著作『小池式コンセプト・ノート』(ビジネス社/2007年4月19日刊)に書かれている。


「公衆浴場の所管は厚生省【編注:現厚生労働省】だ。電電公社【編注:現NTT】は番号案内のイエローページに『トルコ風呂』の項目を堂々と載せていた。まずはこの2カ所に申し立てをし、最後に業界に事情説明、および改称のお願いをしに行くという手順を考えた。


何事も、最初が肝心である。厚生省の働きかけでは、念入りに演出を考えた。


毎日新聞の友人に頼み、渡部恒三厚生大臣(当時)に陳情のアポイントを取ってもらい、同時に記者クラブにも話を通して準備を整えた。記者クラブを通せばテレビカメラが入るのだ。テレビ映りを考慮し、お願いの趣旨は手書きにした。サンジャクリ氏が、一所懸命に書き上げた、日本語による『陳情書』だ」


サンジャクリ氏の厚相訪問は、84年9月18日。


「まったくの俗称なので、今すぐ行政権限で対処できるものではないが、あなたのお気持ちはよく分かる。訴えをできるだけ多くの人に伝えたい」


渡部厚相からの言葉は、お決まりの素っ気ないものだった。確かに、所管官庁だからといって、名称変更を指示することはできない。


だが、陳情の模様がテレビで全国に放映されたことが効いた。東京都特殊浴場協会は自主的に名称を変えることを決め、新たな名前を公募した。「ロマン風呂」「浮世風呂」「ラブユ」など、2400ほどの名前が集まる。


選ばれたのが、貿易会社に勤務する24歳の石田誠一さんが名付けた「ソープランド」だった。彼が最初に思い浮かべたのは、泡のイメージから「バブル」だったが、響きが悪いのでやめたという。


同年12月19日、東京都特殊浴場協会の代表は、赤坂プリンスホテル(当時)で「新名称発表記者会見」を開き、「ソープランド」とすることを公表。トルコ共和国大使館からイルハン・オウス参事官(当時)も参加した。全国の業者もこれに倣って、ソープランドと名称を改めた。まさに、小池氏の戦略・戦術が図に当たったのである。


90年代から急速にグローバル化が進み、日本とトルコの交流も深まった。その時代になっても「トルコ風呂」の名が残っていたら、国際社会で笑いものになっていただろう。


忘れてはならない、小池氏の功績である。
(文=深笛義也/ライター)


http://biz-journal.jp/2016/10/post_16933.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
確かに、特定の国の名前が特定のサービス名に使われるのは、国際社会の観点から見ると危ういと言える。
そういう意味で小池氏の功績と認めることはできるかもしれない。


「ソープランド」という案が選ばれた石田誠一さんがどんな方かはまだ存じ上げないけれど、この方の功績も忘れてはならない。




日本における風俗の歴史は今を生きる人によって紡がれていると言える。
頭ごなしに否定する人もいるけれど、それでも、風俗を愛する人々によってこれからも紡がれていくものになってほしいと願う。
カテゴリー : 風俗ニュース
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 北海道 東京 全国
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「男一度は伊勢と吉原」


――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。


時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。


たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。これは、数年前から医療関係者の間を中心に流れているという。


「梅毒感染が判明するということは、店側がきちんと検査をさせているという証拠です。確かに、吉原の感染者はかなり増加していますが、風俗業界には検査を受けさせていない店も多く、そちらのほうが危険です」


風俗業界の医療に詳しい川崎みな子医師(仮名)は、こう話す。また、風俗街や繁華街には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた「浄化」の問題もあるようだ。


『オリンピックに向けて、梅毒患者がウヨウヨしている、いかがわしい場所を一掃しよう』という国の意思を感じますね。前回(1964年)の東京五輪の際は、頂上作戦としてヤクザが排除され、70年の大阪万博では大阪のソープがかなり摘発されるなど、国際イベントの際はそうした対策がなされてきました。小池百合子都知事は公共空間の禁煙化も進めるようですし、吉原だけでなく首都圏の風俗業者は戦々恐々だと聞いています」(川崎医師)


過去の例からしても、吉原や歌舞伎町の「浄化」は、あり得ない話ではなさそうだ。




死の危険もある梅毒、20代女性に急増


梅毒感染だが、実はセックスワーカーだけでなく国内全体で増加傾向にある。国立感染症研究所によると、2016年に報告された梅毒感染者は4518人で、1974年以来42年ぶりに年間4000人を突破した。感染者のうち約3割が女性で、特に20代の増加が顕著だという。


梅毒は、主に性行為によって体内に細菌(梅毒トレポネーマ)が侵入することで発症する。かつては、梅毒トレポネーマが脳に入って精神を病む例も珍しくなかったが、現代では治療薬も普及しており、「死に至る病」とはいえなくなった。しかし、放置すれば生命の危険を伴うこともあるという。


川崎医師は、「梅毒を甘く見てはダメです。死亡のリスクもゼロではありません」と強調する。


進行すれば、複数の臓器に病変が起こります。また、エイズなどとの合併症は病気の進行を早めますし、妊婦から赤ちゃんに感染すると死産や奇形のリスクが高まります」(同)




では、なぜ今梅毒が増えているのだろうか。


「梅毒だけではなく、エイズや淋病、クラミジアなど性感染症が全体的に増加傾向にあります。いずれも、治療薬の開発によって危機感が薄れてきたこと、勃起治療薬の普及で性感染症に対する意識の低いシニア層が安い風俗店で遊ぶようになったこと、などが原因と考えられています。また、感染症の検査を徹底していない風俗業者もあるため、問題は深刻です」(同)


「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)は、営業時間や未成年者の労働の規制などに関する規定が中心で、衛生管理については規定していない。性病の検査は、業者の判断で行われているのが実情だ。


「大手の業者は、検査にもそれなりにお金をかけていますが、激安店などは事実上放置しています。働く側も、病気が見つかれば休業を余儀なくされて収入が減ってしまうので、検査をしたくないのが本音です」(同)


では、性病の感染を防ぐ方法はあるのだろうか。


「性感染症は粘膜から感染するため、コンドームだけでは防げません。キスでもうつることはありますし、オーラルセックスのときにコンドームを使う人は少ないでしょう。身に覚えのある方は、定期的に検査をすること、あまり安いお店を選ばないことを勧めます」(同)




風俗業界は若者客が激減、中高年や外国人頼みに


また、吉原をはじめとする風俗業界は客層の変化も著しい。


「最近は、本当に若いお客様が減りましたね」


ある高級風俗店のマネージャーは、こうため息をつく。


「非正規雇用が増えてお金がないこともあるのでしょうが、草食化といいますか、ずいぶんおとなしい印象です。周辺を歩いて写真だけ撮ってお帰りになる若い男性のグループも目立ちます。かつてのように先輩が後輩を連れてきて、『筆おろし』をさせてやるということもなくなりました。インターネットでは多くの無料動画も配信されていますから、さらに足が遠のくのではないでしょうか」(風俗店マネージャー)


これに対して、お金に余裕のある中高年層が吉原などの高級店に通う姿は、しばしば見受けられる。


「裕福なシニアのお客様が中心なので、吉原には介護の資格を持つスタッフも増えています。また、外国のお客様も多いですね。英語や中国語、ハングル文字の料金表をつくったり、英会話を勉強したりするスタッフもいます。中国人の“爆買い”のような来店は減りましたが、若いお客様が減った分、なんとかインバウンド(訪日外国人観光客)で補填できているところです。外国の方にも『日本のソープ嬢はレベルが高い』と評判なのですが、政府は風俗街を『犯罪の温床』と見ているようで、不安もありますね」(同)


ハリウッドスターもお忍びで訪れるという「YOSHIWARA」を楽しみにしている外国人観光客は多いが、五輪を前に「浄化」されてしまうのだろうか。




うつ病、親バレ…ホスト漬けで逃亡のソープ嬢も


また、吉原でソープ嬢として働くには、容姿や接客にかなりのレベルが要求されることから、ストレスも相当なものだと聞く。


「うつ病になったり、ホストやギャンブルにお金をつぎ込んだりした挙げ句に飛んでしまう(逃亡する)女の子も多いですね。無断欠勤が続いて、連絡が取れなくなってしまうんです。また、親バレや友達、学校バレで辞める女の子もいます。今は医学部や法学部などの現役女子大生が、学費を捻出するために働くことも珍しくないのです」と川崎医師。


一方で、ソープ嬢の高齢化も進んでいる。


「経済的な理由で、年齢が高くなっても辞められない方は多いですね。ピル(経口避妊薬)の長期服用でホルモンバランスを崩したりしながらも働かざるを得ないことも多いです。体力と気力が必要な仕事ですから、大変だと思います」(川崎医師)


映画などで描かれてきた吉原は豪華絢爛なイメージだが、21世紀の吉原は少子高齢化や景気低迷、さらには政府の方針によって揺れ続けているようだ。
(文=平岡令/ジャーナリスト)


http://biz-journal.jp/2017/02/post_18039.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪いように考えたり、先のことを思い煩ったりすることは無限にできてしまうから、そこを頑張るんじゃなくて、現状お客様がいらっしゃるのであれば、きちんと向き合って営業する。
経営がもしも苦しくなっているなら、経営スタイルを見直したり、違う業種へも挑戦してみたり、できることはたくさんあるはずだから、風俗がなくなるときが来てしまったらきてしまったで受け入れればいいだけで、それによって自分がなくなるわけではないんだから、慌てふためく話ではなさそう。


と言いつつ、風俗ユーザーからすると日本国の風俗産業が弱ってなくなっていくのは死活問題だと思うので、進んで風俗店を利用するべきだと思う。


なぜって??
うまく説明できないけど、何事も利用したり消費したりすればするほど、なくなるどころか増える傾向になるからよ★★★


梅毒は確かに増加していると最近聞いているので、検査済みのお店がどこにあるかくらいは下調べしておくべきだと思う!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 東海
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京 三重
ミネラル
Club☆痴女ギャル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
東京・台東区で、派遣型風俗店を装い、売春をあっせんした疑いで、経営者ら6人が逮捕された。
台東区鶯谷の売春クラブ「ラブフェアリー」経営者の及川公一容疑者(39)ら6人は、2月11日、男性客に女性従業員を引き合わせて、売春をあっせんした疑いが持たれているが、容疑を否認している。
この売春クラブは、派遣型風俗店のデリバリーヘルスを装っていたが、実際には、常連客を相手に売春が行われていて、この店は、3年間で8億円以上を売り上げていたという。
2016年、同じビル内で、同様の売春あっせん店の摘発で、今回の店が浮上したもので、警視庁では、売春クラブが組織的に運営されていた可能性もあるとみて調べている。


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00349825.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
3年間で8億円、売春倶楽部として年間2.5億円以上の売上を得ていた、、、デリバリーヘルスを装って。
さらにこの売春クラブが組織的に運営されていた可能性もあるとのこと。
風俗で働くからにはこういった違法行為を平気でするお店は絶対に避けたいところ。
1つの情報を信じないで、興味のあるお店は多角的に調べてから面接に行くのが良さそう!
何をするのも自己責任。「知らなかった」じゃ済まされない。
自分の行動に責任を持とう!(自分の耳が痛い!!!!)


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 東京
改札劇場
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人