北海道・東北風俗ニュース 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 北海道・東北  > 風俗ニュース

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
2014年12月12日、環球網は記事「アフリカで中国人性風俗従業者が増加、『魔女売春婦』と呼ばれる」を掲載した。

10日付独紙FAZは、アフリカで中国人による性風俗従業者が急増していると報じた。当初は中国人を相手にサービスを行っていたが、後に現地住民にもサービスを提供するようになった。現地の女性よりも安い価格と異国情緒を武器に市場を拡大している。

これに困った現地の性風俗従業者は、中国人は「魔女売春婦」だとのうわさを流している。中国人と関係を持てばのろいをかけられ、体調が悪くなったり生殖能力が失われたりするとのうわさが広がっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9575624/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

アフリカでは中国人売春婦は現地の売春婦たちから
「シャーマン」と罵られています。

「シャーマン」とは占いやまじないをする人
つまり、呪術師という意味です。

現地のマスコミからも

「中国人売春婦は呪術が使える」
「アフリカ人男性の生殖能力を奪っている」
「中国人売春婦と行為の最中にアフリカ人男性が心臓発作を起こした」


などと報じられているようです。

カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
東京風俗NEWS
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
’80年代〜’00年代にかけて、ナンパ師が日夜あの手この手で女のコを引っかけるナンパの“聖地”がいくつもあった。そうした場所はどうなったのか?現状を探ってみた

◆東名阪では壊滅状態のテレクラは何故、北海道・福岡で残るのか?

最盛期には日本全国に3000軒近く店があったとされる「テレフォンクラブ」も、店付近に住む地域の女を手軽に口説ける言わばナンパスポットだった。しかし、今はとんと噂を聞かない。

「援助交際の温床として、’99年の風俗営業法改正でビラ配りなどの宣伝禁止、店を構える営業地域の限定、一番の痛手となったのは年齢確認。店側もいちいち18歳以上かを確認するのは難しく、全国の店舗が次々閉じていきました」

と解説するのは、日本全国のテレクラを巡る人気作『テレクラキャノンボール』の監督・カンパニー松尾氏だ。その言葉通り、もはや都心では看板すら見なくなったが、実は地方でまだ電話が鳴る地域があると話す。

「業界最大手チェーンですらダメで、東名阪も店は1、2軒あっても機能していません。残るは札幌、福岡ぐらい。特にススキノは歓楽街なので、所轄側も年確などについては“見逃し”ている状態だから店舗は残っている。そして地元にテレクラ文化がしっかり根付いているので、電話は鳴るんです」

テレクラ以上に絶滅危惧種である“テレクラに電話してくる女”だが、電話してくる大半は援交目当て。しかも年齢層は高い。

「店の宣伝ができないんだから、電話するのは最盛期を知るOVER40以上の紳士淑女ばかり。まだ札幌のパイはデカいんですよ。まあでも、綺麗なお姉ちゃんを食いたいならば、テレクラは行くべきではない。珍味ですね、珍味(笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/9356889/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

テレクラとは電話を介して
女性との会話を斡旋するお店のこと。

出会い系サイトと違い相手の女性とリアルタイムで
コミュニケーションを取ることが出来るのがテレクラの魅力ですね。

条例の発布やインターネットの発達により
店舗型のテレクラは大幅に減少しましたが...

その代わりに無店舗型のテレクラが
人気を集めるようになってきました。

テレクラもネット上で簡単に利用できるよりになり
そちらが主流になってきているのです。

カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
3年前に開業した「こころあわせ」は「60歳未満お断り」を掲げるシニア向けデリヘルとして話題の風俗店だ。女性店主の七瀬詩織さん(40歳)は人気の秘密を語る。

「フェラや手コキなどサービス内容は一般のヘルス店と変わりませんが、プロの女性は雇わないことと、挨拶などの礼儀作法をみっちりと教えてから派遣するようにしています。女性は20代から50代まで50人ほどが在籍。主婦や介護関係職が多いのが特徴ですね」

対して利用客は裕福な会社役員などが中心。加えて奥さんに先立たれた独り身など。年金暮らしのシニアたちの“性の捌け口”として機能しているという。

同店でアルバイトをする主婦の真梨愛(まりあ)さん(36歳)は、シニアたちの飽くなき性欲に驚嘆する。

「最高齢は83歳。最初は性欲はあっても機能不全でしたが、何度も通ううちにやんわり勃起し、最後は射精まで。『奇跡が起きた!』と手を取り合い喜びました」

シニアは手土産持参で来ることも多く、主婦には嬉しいとか。人生の先輩に学ぶことは多いようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9478657/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

60歳以上になってもSEXは現役!
というシニアの方は結構いらっしゃいます。

でも...

「いい年をして風俗を利用するのは恥ずかしい」
「勃起しなかったら女性に申し訳ない」

といった気持ちもあり普通の風俗店には行けない
と思っているシニアの方も多いんですね。

そんな悩めるシニアの方もシニア向けのデリヘル店なら
安心して遊べるというわけです。

カテゴリー : 風俗ニュース
東京風俗NEWS
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
女性たちの性への関心が高まるにつれ、昨今、自らのSEXについても赤裸々に語るセックス産業従事者・経験者に憧れの気持ちを抱く人が増えている。

しかし一方で、セックスワーカーに対する偏見が未だ根強いのも事実だ。こうした日本の現状を憂い、「セックスワーカーが生きやすい社会こそ平和な社会」と断言し、差別のない世の中作りに貢献せんと幅広く活動を展開しているのが、風俗講師の水嶋かおりんさんだ。

彼女によると、セックスワーカーの仕事は想像以上に過酷で、社会的支援も必要なもの。多くの人に、まずはその事実を知ってほしいと彼女は言う。

――セックスワーカーに関する知識普及・差別撲滅のために、国際エイズ会議などにも積極的にご参加されていますが、日本と海外のセックスワーカーに対する支援に違いはありますか?

まず大きな違いは、日本の支援はすごく縦割りだということです。たとえばエイズに関する支援ひとつとっても、「メンタルのケアはうちの管轄じゃない」「エイズ以外の性感染症の治療なら他をあたってくれ」となるわけです。

だけどこれが先進的な国だと、精神的なケアや治癒だけでなく、予防プログラムなどまですべてひっくるめてエイズと向き合うことになるわけです。

私の考えですが、それって、実は多くの日本人が個人主義だということが大きな理由なんじゃないでしょうか。積極的に自分の話をする人も少ないし、人の生い立ちや好みについて高い関心を示す人も少ないですよね。

つまり、「自分がやるべきこと以外には興味ない」って人が多い気がします。

それはなぜかというと、中流家庭の割合が多いためだと思うんです。例えばアメリカだと、ホームレスが新聞読んでるなんてありえないですから。

でも日本の場合は誰もが最低限の教育を受けることができるおかげで、本当に困った状況にある人や、差別を受けている人がみえにくいのが現状です。

だから、セックスワーカーの存在については知っていても、その人たちがどういう生活をしているか、どういった悩みを抱えているかも知らず、無条件に蔑視しがちなんじゃないでしょうか。

――かおりんさんのところに悩み相談にくるセックスワーカーも多いそうですね。

私にコンタクトをとってもらえれば、例えば私自身が解決策を提示してあげられないときでも、力になってくれそうな人を紹介できるので、一人で悩むことなく相談してほしいと思っています。そういうハブみたいな存在になることで、一人でも多くの人の心の支えになれたらうれしいですね。

最近では、都内のアトリエで定期的にエロティック英会話やアロマ勉強会も開催しているので、より多くの方と直接お話できる機会が増えました。

性産業やそれにまつわる人についてより多くの人に正しく理解してもらうために私にできることはなんだろう? って考えたとき浮かんだ答えが、誰でも出入り自由なオープンスペースを作ることだったんです。

誰でも来ていいし、誰を連れてきてもいいし、知りたいことはみんなで共有できる場所。そこに集まる人一人ひとりが正しい知識を得て発信していくだけでも、社会は少しずつ変わり始めるはず。

例えば、今、風俗で働いてる人の平均月収ってどのくらいかご存じですか? 34万円なんですよ。しかも、10万円以下の人だって大勢います。その金額だったら、無理して働き続けるより生活保護を受けて少し休憩したほうがいいですよね?

でも実際のところは、精神的な面においても、生活保護を受けるのは難しいという人も多いはず。だったらせめて、セックスワーカーの仕事に偏見を持つことなく、しっかりと話を聞いてくれる誰かがいたらなって思うんです。

「がんばってるね。身体の調子はどう?」「ちゃんと眠れてる?」ってやさしく声を掛けてくれる人がいるだけでも、疲れている人の心は軽くなるし、新たな道が拓けてくると思いませんか?

http://news.livedoor.com/article/detail/9573363/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗で働いている女性達は風俗という仕事が
労働であるという自覚があまりありません。

きっと風俗という仕事を「お金を稼ぐためのツール」
としてとらえているのでしょう。

風俗嬢の平均収入は約30万円〜40万円。

この30万円〜40万円という月収を
大体10日という短期間で彼女達は稼ぎます。

お金を稼げるという理由より
時間がある程度自由に使えるという
合理的な理由で風俗で働いているのでしょう。

カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
彼女にはビックリされそうだからなんとなく秘密にしているけど、俺が以前付き合っていた元カノは地下アイドルだった。特にアイドル好きというわけではないんだが……。今回はマイナビニュース会員のうち男性200名に、恋人に絶対言えない秘密について教えてもらった。

Q.恋人に絶対言えない秘密はありますか?

はい 10.5% 
いいえ 89.5%

(「はい」と答えた方にお聞きします)

Q.それはどんな秘密ですか? 
Q.絶対言えないのはどうしてですか??

■Hなヒミツ
・「WebでおしゃれなH画像をコレクションしてること」(58歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「ソープランドに行ったことがある、軽蔑されそうだから」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「月一回風俗に行っている」(44歳男性/医療・福祉/専門職)

■過去の女性関係
・「セフレがいた」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「出会い系サイトで、何人かと関係を持ったこと……なんか、後ろめたいと思うから」(31歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「二股かけていたことがある、不誠実だと思われるので」(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「浮気したことがある、ばれたら別れると言われそう」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「昔の恋人のこと、その子と比べているようで失礼である」(60歳男性/電機/技術職)

■性癖や趣味
・「小学生の男の子の格好をするのが好き」(44歳男性/食品・飲料/クリエイティブ職)
・「オタク」(30歳男性/電機/技術職)
・「性癖、はずかしい」(24歳男性/ソフトウェア/営業職)
・「趣味のこと」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■総評
恋人に言えないヒミツをもっている男性は約1割とかなり少なめだった。男性は彼女に隠し事などない、清廉潔白な人が多いのだろうか……。

http://news.livedoor.com/article/detail/9567371/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

逆に女性の方に
「恋人に絶対言えない秘密はありますか?」
と聞いてみると...

■過去の男性関係
■性癖や趣味
■外見や性格、貯金額

などなど。

男女問わず付き合っている相手には
いい面だけ見ていて欲しいと思うものですよね。

相手に内緒にしておく方が
いいことって結構あるものです。

カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発風俗SEOちゃんねる