東海三重 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 東海 > 三重

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
深夜に子どもだけで留守番させた


40〜60代の女性が在籍するデリヘル店「五十路マダム」が、急成長を遂げている。代表の長谷川華氏によると、求人に応募してくる女性たちの大半は、即金を必要としているという。生活苦や借金、子どもの学費……。しかし、この年齢ではそれなりの職歴がなければ再就職や転職は難しい。ずっと専業主婦として生きてきて、職歴がない人もいる。切羽詰まった女性たちに快適な労働環境を用意し、その女性たちの心地よい接客で顧客の心をつかむことで同店は成長し、現在は全国で20店舗を展開している。



長谷川氏は「性風俗は、悪い仕事ではない」と言う。その裏には、長谷川氏自身がデリヘル店で働くことで2児を育てたシングルマザーという経緯も、大きく影響している。こんなお店だったら、独りで子を育てるママもおカネを稼ぎやすいだろうな――現役時代に感じていたことを経営者になった今、次々と実現している。ここに、長谷川氏と同じく風俗業で子どもを育てた女性がいる。彼女の半生に「女性が働きやすい優良店」のあり方が見えてくる。




20代半ばで離婚、風俗以外に選択肢はなかった


五十路マダムに入店してくる女性のほとんどは、風俗未経験者。「デリバリーヘルス」というのがどういったものかを知らずに求人に応募し、面接のときに「何をするんですか?」と尋ねる人も少なくないという。一方で、生きてきた時間が長いだけに人生経験が豊富な女性も多く、過去に風俗業に従事したことがある女性も少数ながらいる。


南さん(45歳、仮名)は水商売、風俗業を渡り歩いて、ふたりの息子を育ててきた。20代半ばで離婚し、それ以外に選択肢はなかったとしつつも、「後悔している部分もあるんです」と打ち明ける。長男は10代のときリストカットをし、頻繁に家出した。次男はつい最近まで引きこもっていた。ふたりとも現在は心身ともに健康な社会生活を送っているが、南さんは今でも「子ども時代に愛情を十分注いでやれなかったからではないか」と気に病んでいる。


「19歳で結婚して、しばらくは専業主婦でした。20歳で長男、23歳で次男を出産したから、子育てでいっぱいいっぱい!でも7歳上の夫には休みグセがあって、さしたる理由もないのに1カ月以上休職することがしょっちゅうだったんです。当然、お給料は減らされる。しょうがないから、上の子が3歳になった頃から私がスナックで働くことにしました。そしたら夫の給料を上回る額を稼げるわけですよ。夫のことを“要らないな”と思いますよね」


母と子3人で暮らせる見通しが立ったので、離婚。しかし市営住宅での新生活は、南さんの思惑をはるかに上回る厳しいものとなった。17時に子どもに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、20時に寝かしつけてから、スナックに出勤。朝の4〜5時までの勤務を終えて帰宅し、子どもの朝食を用意し、登校するのを見送る。曜日によってはそれから昼のパートのためスーパーに出かけ、バックヤードで野菜や果物をカットする……。そうやってギリギリの生活を保っていた。


「夜の仕事に出ている間、家には子どもたちだけ。寂しかったでしょうね。実家を頼るよう助言してくれた人もいるけど、両親も経済的に行き詰まっていたし、広島県内でもさらに田舎に住んでいたから、実家に行ってしまうと仕事が全然ない。子どもたちへの後ろめたさはありつつ、アンタたちを高校卒業させるまではママはここで踏ん張るよ!と思っていたんですけど、勤めていたスナックが閉店することになりました」


その頃には長男が高校生、次男が中学生になっていた。スーパーのパートは続けつつ、事務職のパートを追加したものの収入は激減。悩みぬいた末にたどり着いたのが、店舗型の風俗店だった。今から7〜8年前のことである。1998年に風営法が大幅に改正されたことにより、デリバリーヘルス(派遣型風俗業)が事実上解禁となったとされるが、当時はまだ店舗型の風俗店のほうが主流だったと南さんは振り返る。




店長が違法の“本番行為”を推奨


「面接の時点で、店長が当然のように“こっそりお小遣いをもらって本番してもいいんよ”って言うんですね。本番って何?と思いながらも聞けずにいたけど、“ゴムは自分で用意してね”“そのほうが常連になってくれるからね”と言われて、あぁそういうことかぁ……と。当たり前のように“本番”を推奨するお店でした」


風俗店でも性行為そのものをすれば違法となる――南さんはそれすらも知らなかった。最初についた客は当然のように性行為をした。そんなものだと思うしかなかった。働く女性にとってリスクが高すぎるせいか、その店舗は慢性的に人手不足だった。南さんはほぼ毎日出勤、年末年始やゴールデンウイーク、お盆の時期も昼に出勤し、深夜の閉店時間まで働いた。長男の様子がおかしくなったのはそんなときだった。


「リストカットするわ、家で暴力を振るうわ……。もうどうしていいかわからなかった。私、首を締められたこともあるんですよ。母親に対して言いたいことがありすぎて、でも言葉にできなくてそんな行動になったんでしょうね。それでも店には出なきゃいけないし、この頃がいちばんしんどかったですね。長男はフラッと家出して、年上の友達の家に居候して……を繰り返すうちに、しだいに落ち着いていきましたけど」


「長男はその頃にはウソのように穏やかになって、仕事に就き、独立していました。次男は高校卒業後に就職したのですが、すぐに辞めて部屋に引きこもるようになって……。病院でうつ病と診断されたと聞かされ、私もなんとかしなければとは思ったんですが、話し合おうとすると、すぐ泣き出す。長男からは“もっと向きあえよ!”と言われましたね。不安定で母親を求めていた自分と重なるんでしょう」


ずっと働き通しで家にいなかったから。仕事で深酒をして休みの日には二日酔いで、どこにも連れていってやらなかったから。どれだけ頑張っても大学に進学するほどの学費は用意できなかったから……。南さんは今も自分を責めている。次男が根気強く通院を続けて症状が落ち着き、つい最近、再就職したのがせめてもの救いだ。




お小遣いを稼ぐためにデリヘルで働き出した


現在、南さんは趣味に使うおカネを自分で稼ぐために「五十路マダム」で働いている。再婚相手は安定した職に就いているが、渡される生活費をどれだけやり繰りしても、自分の自由になる分は残らない。


「前のお店ではつらい思いをいっぱいしたけど、ここでのお仕事は楽しいですよ。同僚を見ると、子どもが具合悪ければ休めているようですね。スタッフさんが女性だから、なんでも相談しやすいんです。私も子どもが小さいときに出勤強制がなくてストレスも少ないお店で働けていたら、あの子たちともっといい関係を築けたかもしれないなぁと考えると、切ない気分になりますね。今のお店で働くようになって、ようやく“私はこの仕事が好きなんだ”と気づけました。いつもにこにこして接客しているから、お客さんから“南ちゃんは、悩みがなさそうでいいなぁ。苦労しとらんのやろ?”って言われるぐらい(笑)」


再び風俗店で働き始めたことは、夫には内緒にしている。そもそも風俗店で出会っただけに、夫は薄々気づいているようだと南さんは言う。でも、「自分で稼いだおカネは、自分で使いなさい」と言う以外は、特に詮索もされない。


「人生で、今がいちばん穏やかな気分です。こんなにのんびりしていていいの?って。夫は優しいし、子どもたちは今は元気に働いているし、あとは命の心配だけしていればいい。私、人生の半分以上、遊びにいくことすら忘れていたんですよね。自由に家を空けて、自分のおカネで遊びにいけるってサイコーです!」


年に2〜3度は好きなアーティストを追いかけて上京し、ライブを見たいと言う。荒波が続いた南さんの人生は、今やっとなぎの時代に入ったようだった。


http://toyokeizai.net/articles/-/161930

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
結果として自分の好きなお仕事を続けて、余暇も充実して、配偶者にも恵まれて、これはこれで幸せの1つだなと思うような記事だった。


本番行為を推奨するようなお店で「それが当たり前の世界なんだ」と女性が働いてしまうような環境が少しでもなくなるように、正しい情報を発信しようと筆者は心に決めた。


もしも働く女性が無知でさえなければ面接で本番行為を推奨された段階で「あ!このお店、関わらないほうがいい!」と気づくことができる。


現にこの記事に出てきたお店も本番行為を推奨して働いてくれる方を尊ばないから慢性的な人手不足に陥っていたと推測できる。


それから、働く女性がお店に対する率直な意見を書ける場所も設けて、人材を尊ばなければ人材から報復を受ける流れも必要だなと筆者は感じてしまった。


そのためのシステムの強化、情報発信の必要に重きを置いてこれからも進化成長しながら、風俗業界の反映のために一翼の一旦を担っていきたいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「男一度は伊勢と吉原」


――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。


時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。


たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。これは、数年前から医療関係者の間を中心に流れているという。


「梅毒感染が判明するということは、店側がきちんと検査をさせているという証拠です。確かに、吉原の感染者はかなり増加していますが、風俗業界には検査を受けさせていない店も多く、そちらのほうが危険です」


風俗業界の医療に詳しい川崎みな子医師(仮名)は、こう話す。また、風俗街や繁華街には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた「浄化」の問題もあるようだ。


『オリンピックに向けて、梅毒患者がウヨウヨしている、いかがわしい場所を一掃しよう』という国の意思を感じますね。前回(1964年)の東京五輪の際は、頂上作戦としてヤクザが排除され、70年の大阪万博では大阪のソープがかなり摘発されるなど、国際イベントの際はそうした対策がなされてきました。小池百合子都知事は公共空間の禁煙化も進めるようですし、吉原だけでなく首都圏の風俗業者は戦々恐々だと聞いています」(川崎医師)


過去の例からしても、吉原や歌舞伎町の「浄化」は、あり得ない話ではなさそうだ。




死の危険もある梅毒、20代女性に急増


梅毒感染だが、実はセックスワーカーだけでなく国内全体で増加傾向にある。国立感染症研究所によると、2016年に報告された梅毒感染者は4518人で、1974年以来42年ぶりに年間4000人を突破した。感染者のうち約3割が女性で、特に20代の増加が顕著だという。


梅毒は、主に性行為によって体内に細菌(梅毒トレポネーマ)が侵入することで発症する。かつては、梅毒トレポネーマが脳に入って精神を病む例も珍しくなかったが、現代では治療薬も普及しており、「死に至る病」とはいえなくなった。しかし、放置すれば生命の危険を伴うこともあるという。


川崎医師は、「梅毒を甘く見てはダメです。死亡のリスクもゼロではありません」と強調する。


進行すれば、複数の臓器に病変が起こります。また、エイズなどとの合併症は病気の進行を早めますし、妊婦から赤ちゃんに感染すると死産や奇形のリスクが高まります」(同)




では、なぜ今梅毒が増えているのだろうか。


「梅毒だけではなく、エイズや淋病、クラミジアなど性感染症が全体的に増加傾向にあります。いずれも、治療薬の開発によって危機感が薄れてきたこと、勃起治療薬の普及で性感染症に対する意識の低いシニア層が安い風俗店で遊ぶようになったこと、などが原因と考えられています。また、感染症の検査を徹底していない風俗業者もあるため、問題は深刻です」(同)


「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)は、営業時間や未成年者の労働の規制などに関する規定が中心で、衛生管理については規定していない。性病の検査は、業者の判断で行われているのが実情だ。


「大手の業者は、検査にもそれなりにお金をかけていますが、激安店などは事実上放置しています。働く側も、病気が見つかれば休業を余儀なくされて収入が減ってしまうので、検査をしたくないのが本音です」(同)


では、性病の感染を防ぐ方法はあるのだろうか。


「性感染症は粘膜から感染するため、コンドームだけでは防げません。キスでもうつることはありますし、オーラルセックスのときにコンドームを使う人は少ないでしょう。身に覚えのある方は、定期的に検査をすること、あまり安いお店を選ばないことを勧めます」(同)




風俗業界は若者客が激減、中高年や外国人頼みに


また、吉原をはじめとする風俗業界は客層の変化も著しい。


「最近は、本当に若いお客様が減りましたね」


ある高級風俗店のマネージャーは、こうため息をつく。


「非正規雇用が増えてお金がないこともあるのでしょうが、草食化といいますか、ずいぶんおとなしい印象です。周辺を歩いて写真だけ撮ってお帰りになる若い男性のグループも目立ちます。かつてのように先輩が後輩を連れてきて、『筆おろし』をさせてやるということもなくなりました。インターネットでは多くの無料動画も配信されていますから、さらに足が遠のくのではないでしょうか」(風俗店マネージャー)


これに対して、お金に余裕のある中高年層が吉原などの高級店に通う姿は、しばしば見受けられる。


「裕福なシニアのお客様が中心なので、吉原には介護の資格を持つスタッフも増えています。また、外国のお客様も多いですね。英語や中国語、ハングル文字の料金表をつくったり、英会話を勉強したりするスタッフもいます。中国人の“爆買い”のような来店は減りましたが、若いお客様が減った分、なんとかインバウンド(訪日外国人観光客)で補填できているところです。外国の方にも『日本のソープ嬢はレベルが高い』と評判なのですが、政府は風俗街を『犯罪の温床』と見ているようで、不安もありますね」(同)


ハリウッドスターもお忍びで訪れるという「YOSHIWARA」を楽しみにしている外国人観光客は多いが、五輪を前に「浄化」されてしまうのだろうか。




うつ病、親バレ…ホスト漬けで逃亡のソープ嬢も


また、吉原でソープ嬢として働くには、容姿や接客にかなりのレベルが要求されることから、ストレスも相当なものだと聞く。


「うつ病になったり、ホストやギャンブルにお金をつぎ込んだりした挙げ句に飛んでしまう(逃亡する)女の子も多いですね。無断欠勤が続いて、連絡が取れなくなってしまうんです。また、親バレや友達、学校バレで辞める女の子もいます。今は医学部や法学部などの現役女子大生が、学費を捻出するために働くことも珍しくないのです」と川崎医師。


一方で、ソープ嬢の高齢化も進んでいる。


「経済的な理由で、年齢が高くなっても辞められない方は多いですね。ピル(経口避妊薬)の長期服用でホルモンバランスを崩したりしながらも働かざるを得ないことも多いです。体力と気力が必要な仕事ですから、大変だと思います」(川崎医師)


映画などで描かれてきた吉原は豪華絢爛なイメージだが、21世紀の吉原は少子高齢化や景気低迷、さらには政府の方針によって揺れ続けているようだ。
(文=平岡令/ジャーナリスト)


http://biz-journal.jp/2017/02/post_18039.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪いように考えたり、先のことを思い煩ったりすることは無限にできてしまうから、そこを頑張るんじゃなくて、現状お客様がいらっしゃるのであれば、きちんと向き合って営業する。
経営がもしも苦しくなっているなら、経営スタイルを見直したり、違う業種へも挑戦してみたり、できることはたくさんあるはずだから、風俗がなくなるときが来てしまったらきてしまったで受け入れればいいだけで、それによって自分がなくなるわけではないんだから、慌てふためく話ではなさそう。


と言いつつ、風俗ユーザーからすると日本国の風俗産業が弱ってなくなっていくのは死活問題だと思うので、進んで風俗店を利用するべきだと思う。


なぜって??
うまく説明できないけど、何事も利用したり消費したりすればするほど、なくなるどころか増える傾向になるからよ★★★


梅毒は確かに増加していると最近聞いているので、検査済みのお店がどこにあるかくらいは下調べしておくべきだと思う!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 東海
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京 三重
風俗SEO.com
一発風俗SEOちゃんねる
ブログ管理人♀ (18歳)

この記事をご覧の皆さんは『ライブチャット』って知っていますか?

DMMを利用している男性なら知っている方も多いのではないでしょうか?

『ライブチャット』はパソコン又はスマートフォンを使用して女性と会話する映像配信型の風俗です。
パフォーマーと呼ばれる女性がパソコン・スマートフォンに取り付けられたカメラに自分の顔や体を映して、それを男性が見ながら会話するといった仕組みになっています。

ライブチャットはノンアダルトアダルトが存在して、ノンアダルトでは女性と日常的な会話を楽しみ、アダルトの場合は女性とエッチな会話を楽しめます。

「俺、3次元の女性には興味ないんだよね。2次元の可愛い女の子にしか興奮しないし」
そんな男性にオススメなのが大手ライブチャット会社エンジェルライブが運営する
『萌えチャット』です。

美少女ゲームをプレイしたことがある方は「リアルで2次絵の可愛い女の子と喋れたら」なんて思ったことはないでしょうか?

『萌えチャット』はそれを可能とした2次元萌えエロチャットです!

一般的なライブチャットと違うのは画面に表示されるのが、可愛い2次絵の女の子という点。
中の人(声優)がいて、リアルタイムに2次絵の女の子を操作しながら、会話してくれます。

なお、この中の人はプロ声優ではなく、エンジェルライブに登録している素人の女性。
自宅や通勤用のチャットルームでお仕事されているので、演技や声の質、リップノイズや生活音が気になる方にはオススメできません。

現在48人のキャラクターが存在するので、貴方のお気に入りのキャラクターに合った理想の声を探すといったことが可能です!
立ち絵の差分は多く勿論エロチャットなので服も脱げますし、一枚絵やアニメーションにも対応しているキャラクターもいます。
”百聞は一見に如かず”気になった方は是非お試しください!


カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
一発0円広告