九州・沖縄 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 九州・沖縄

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
都会の片隅でぼんやりと灯をともす、とあるバー。仕事帰りにふらりと立ち寄り、見知ったり見知らなかったり、とりあえず隣に座った男性と酒を酌み交わし、男の生態について考える酒屋探訪記。今回は、バツイチ30代の男性との「風俗や遊び」に関する本音トークをご紹介すす。

■浮気話や風俗ネタ……男性の本音って?
本日の本音トークのお相手はバツイチ、30代でオシャレに余念のないイケメンK君。
彼とはかれこれ二十年以上、お互いケも生えない頃からの長ーい付き合いなので、我々の間にロマンスの香りなどは一切なく、明け透けに浮気話や風俗ネタを披露してくれる。酔っぱらって2人で店を出たとしても誰に疑われることもなく、タクシーを相乗りして帰るだけの悲しくも清々しい関係である。

そんなK君だが、顔はイケメン。モテないわけではないので遊ぶ女の子には困ってはいない様だが、風俗というのは別物らしく、やたらとそちらの事情に詳しい。デリヘルでぽっちゃり系をリクエストしたら関取級が来てさすがに勃たなかった、コールガールを家に呼んだらコワモテの男が出てきて揺すられそうになった……などなど、単なる笑い話から段々エスカレートし、最後には決して活字にできない犯罪すれすれの所行まで披露してくれた。若い頃のことだとは言うけれど、途中からどん引きしているこちらの顔色を気にしたのか、取り繕う様に彼が言った言葉がこれだ。

「まあ風俗も浮気も人生経験だからね」
――男がよく使う言い訳「人生経験」「自己責任」。

でも、そんな簡単な言葉で切り捨てられる程、世の中割り切れる簡単なことばかりではない。
無責任な「自己責任」と同様に、経験を生かしきれていない「人生経験」ほど恥ずかしいものはない。風俗や遊びで経験したものが実になっていればいいのだが、いい年をして相も変わらずチャラチャラと女遊びをくり返している彼から成長の跡は見て取れない。

山口百恵の『プレイバックPart2』ではないが、「坊や、一体何を教わって来たの?」である。

あの時間があったから今の自分がいる、と言うなら分かるのだが、経験を積んでそれ(現状)かい! と突っ込まれるくらいなら、使わない方がいいと思うのだ。「人生経験」なんて大層な台詞。

「若い頃遊んでないと結婚した後が大変」などと言われることが、彼ら「ビバ! 人生経験」族に勇気を与えてしまっているとしたらとんでもない勘違いだ。その先に成長があればこそ、「経験」も語れるというもの。階段を上らないうちに振り帰った所で見える景色は変わらないのに、なぜ遠くを見る様に「人生経験」などとうそぶく。下手な言い訳をするよりも「いくつになっても風俗大好き!」と言っている方がまだマシだと思うのだが。

その経験を糧に、いつかちゃんと本当の愛をつかめよ。なんて心の中でK君にエールを送りながらグラスをかたむけていると「お前もそろそろ良い相手見つけろよ」なんて心配されてしまい、「あら、そう言えば立ち位置変わらないわ」という悲しい事実に気付く丑三つ時であった。
(本木たま)

http://top.tsite.jp/news/o/24272410/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

これは男性には手厳しい意見ですね。笑

確かに風俗行く=人生経験みたいに語る
男性は多いはず。

風俗に行ったことのない新入社員とか若手社員に
「お前も風俗行って男磨いてこい!」なんて
偉そうに言う上司はいっぱいいますよね。

だけど大切なのは本当にそれを経験値として
活かせているかどうか。

チャラチャラ遊んでるだけじゃイケメン度なんて
上がるもんじゃないですよね。

まあたまーにチャラ男なのにしっかり者とかも
いますけど…。


カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
口にできないけど、男同士だと盛り上がる話題といえば「下ネタ」。
とりわけ「風俗」に対する受け止め方は、男女差が大きいもの。
女性にはまず通じませんが、「男にはそういう付き合いもある」とか「アレは浮気のうちに入らない」とか言う男性が皆さんの周りにもいるのでは?
そこで、風俗に対する男性の本音をリサーチすべく、2030代の既婚社会人男性200人にアンケート調査を実施しました。

〈妻や彼女がいるのに風俗へ行くことをどう思う?〉
・「(好ましくはないけど)仕方ない」派 59.5%
・「すべきではない」派 40.5%

パートナーがいるという条件でも「容認派」が6割に上ることに、女性の皆さんは怒り心頭…でしょうか? では、それぞれの言い分を見てみましょう。

●仕方ない派の意見
「家では満足できず、お金を払って風俗に行くのはわるいことではないと思う」(36歳)
「特に恋愛ではないので、妻や恋人の同意が有れば行く事に問題はないと考える」(39歳)
「たまには刺激も必要」(29歳)
「浮気するよりは良いと男的には思います」(35歳)


●すべきではない派の意見
「妻や彼女に対する裏切り行為だから」(38歳)
「モラルに反しているし、病気の心配があるので」(27歳)
「浮気だと思うから」(27歳)

ちなみに、容認派が挙げた理由で多かったのは、やはり「浮気ではないから」というもの。
女性には理解されにくい感覚ですが、はたしてこう思っている男性はどれくらいいるのでしょう?
ずばり「風俗は浮気の範疇に入るかどうか」についても聞いてみました。

〈風俗は浮気の範疇に入ると思う?〉
・「思わない」派 69.5%
・「思う」派 30.5%

「風俗は仕方ない」と答えた容認派(59.5%)以上に、「風俗は浮気じゃない」と考える男性が多いとは…。
ごくたまに「素人に本気になられるぐらいなら風俗に行かれた方がマシ」という女性もいるにはいますが、これはまた女性の不評を買いそうな結果です…。

http://www.jp01.net/news-294104.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗は浮気ではないと考える既婚男性にとって風俗というのは浮気とは全くの別物らしく、「風俗も浮気も人生経験だ」などと語る男性が多い。

でも、そんな簡単な言葉で割り切れる程、
世の中割り切れる簡単なことばかりではい。
無責任な「自己責任」・経験を生かしきれていない「人生経験」ほど恥ずかしいものはないと思う。

若い頃に風俗や遊びで経験したものが少しでも実になっていればいいと思うが、いい年をして相変わらず女遊びをくり返しているような中年の男性には「人生経験」なんて大層な台詞は吐かないでほしいものである。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
2011年9月、河南省洛陽市で、地下室に閉じ込められていた風俗業女性従業員4人が救出される事件が起きた。地下室には女性2人の死体も残されていた。2011年9月22日、南方都市報が伝えた。

9月初頭、洛陽市警察に一人の女性からの通報が寄せられた。彼女を含む女性4人が地下室に閉じ込められ、「性の奴隷」とされている。今、逃げ出してきて通報したのだと女性は話した。しかも4人以外に2人の女性が監禁中に殺害されたという。

警察はただちに特捜班を結成。事件の調査に乗り出した。通報の2日後、警察は洛陽市西工区凱旋路付近にあった地下室を捜査、監禁されていた女性4人を救出した。地下室には殺害された2人の女性の遺体も残されたままだったという。

http://kinbricksnow.com/archives/51743595.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

監禁されていた女性達は「性の奴隷」として調教されていただけでなく
出稼ぎで売春もさせられていたそうです。

犯人は洛陽市各地のナイトクラブ、カラオケに出没して
風俗嬢を連れ出しては地下室に監禁。

女性達は3ヵ月(短い期間で)〜2年間(長い期間で)
この部屋に監禁されていました。

犯人は一月の半分を地下室で過ごし
妻には「仕事だ」と嘘をついていた。

女性からの通報があるまで
家族に犯行は気付かれなかったという...。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発0円広告
投稿日:2014-12-18 13:08
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
想像してみてください
あなたが男性なら恋人や好きな人が、女性なら何でも知っていると思っていた親友が、

1.風俗嬢だったらどんな気持ちになりますか?
2.それを打ち明けられたら、あなたはどんな風に対応しますか?

■私が1番言いたいこと
この仕事をやっていて一番つらいのは、仕事内容よりも「誰にも言えない」ということです。働いていることを誰にも言えないこと、嘘を付いてでも隠し通さなければならないことが何よりもストレスだと感じています。(看護学生らしく言うと、これは全人的な痛みにあてはまるのではないか?と思っています)

家族や恋人にはもちろん、仲の良い女友達にだって、口が裂けても言えません。軽蔑されることや、これまで築いてきた人間関係が崩れるのが怖いからです。

誰にも言えないことなんて、「なんだそれだけのことか」と思うかもしれません。

でもたったそれだけのことで、苦しんでいる人が実際にいるということを、あなたに知ってほしいです。

身近な具体例から紹介していきます。

大学生の日常会話だとよく「バイト何してるの?」みたいな話になりますよね。当然答えられません。バイトの前後に待ち合わせをすると、「今日何してたの?」とか「これから何があるの?」などと聞かれても、言えません。世渡り上手な人なら、嘘を使いこなしながら適当にごまかしてその場を逃れられるのでしょう。でも私は苦手なので、これがすごく苦痛です。

他の女の子たちに聞いてみると、居酒屋で働いている、などと言っている人もいるようです。でも1つ質問に答えたら、どこのなんていう店?食べに行くよ!などという流れになってしまい、また違う嘘を考えなくてはいけなくなって、さらに苦しむことになります。

そのため私は「何もしていないよ」と答えるのですが、自分では頑張って働いているのに、なんだかなあ…と答えるたびに思ってしまいます。

「バレたくない」という強い思いから、「人との関わり、深入りを避けるようになる」ことも十分考えられます。

それから、仕事をしていたら誰でも、嫌なことや悩みごとがあるでしょう。愚痴りたいことや、逆にちょっと嬉しかったことなんかがあっても、誰にも言えないのです。仕事を辞めるべきか続けるべきか悩んでいても、相談する第3者がいないのです。

誰にも言えないから自分1人で悩んで、落ち込んでしまいます。

実際に風俗嬢には、精神疾患にかかって、身体も心もボロボロになって辞めて行く人が多いのだそうです。「俺はそういう女の子を何人も見てきたよ」というお客さんもいました。

私の場合は幸運なことに、ひょんなことから相談できる第3者が現れたのです。「風俗嬢である私」を知っているうえで、受け入れてくれて、愚痴を聞いてくれて、何か困ったことや悩みがあったらなんでも言ってねと話を聞いてくれ、応援してくれる存在です。その人と関わるようになってから、随分と気持ちが楽になったのを覚えています。

以上のことから、何でも話せる第三者の存在は、まっとうな仕事として世間から認識されていない風俗嬢たち(みんな多かれ少なかれ心に闇=痛みを抱えています)に必要だと思います。

例えばカウンセラーが定期的にお店を訪問して、相談できる仕組みなどがあったら、女の子たちの心が少しでも軽くなるのではないでしょうか。よく病院や老人ホームに「傾聴ボランティア」が来ていることがありますよね。

風俗で働く女の子たちも、患者さんと同じように、傾聴と共感を必要としている、と私は感じています。

■その次に言いたいこと
「需要があるから成り立っている仕事である」ということです。

働いていて思うのは、風俗店が潰れないのは、不況のなかでも通い続ける、必要としているお客さんがいるからです。なんでこんなところで働いてるの? やめなよ、という人もたまにいますが、私が今ここで辞めたところで、風俗店はなくならないし、他の女の子は働き続けるし、現状は何も変わりません。

日本の性犯罪が諸外国と比べて少ないのは、風俗店の存在も影響していると思いますし、私は風俗店反対と言っているわけではありません。

単純に考えて、お客さんがいる限り風俗嬢は働き続けるのに、「やめなよ」などという発言はあまりにも無責任だとは思いませんか。

ただ、風俗嬢がもっと生きやすい世の中にならないかな、と心から思っています。生きづらい理由は何よりも偏見です。

キャバクラ嬢は、少しずつ、人に言えない職業ではなくなってきたと思いますが、風俗嬢はまだとても周りの人にカミングアウトできるような職業ではありません。

http://linkis.com/htn.to/ONTte

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

「職業に貴賎はありません。」
という人がよくいますね。

「風俗嬢も立派な職業です。」
と表向きの言葉では綺麗ごとを言っています。

でも腹の中では...
と思っている人が大多数と考えます。

貴賎があるのは「その人の意識」かも知れませんね。

カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
2014年12月12日、環球網は記事「アフリカで中国人性風俗従業者が増加、『魔女売春婦』と呼ばれる」を掲載した。

10日付独紙FAZは、アフリカで中国人による性風俗従業者が急増していると報じた。当初は中国人を相手にサービスを行っていたが、後に現地住民にもサービスを提供するようになった。現地の女性よりも安い価格と異国情緒を武器に市場を拡大している。

これに困った現地の性風俗従業者は、中国人は「魔女売春婦」だとのうわさを流している。中国人と関係を持てばのろいをかけられ、体調が悪くなったり生殖能力が失われたりするとのうわさが広がっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9575624/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

アフリカでは中国人売春婦は現地の売春婦たちから
「シャーマン」と罵られています。

「シャーマン」とは占いやまじないをする人
つまり、呪術師という意味です。

現地のマスコミからも

「中国人売春婦は呪術が使える」
「アフリカ人男性の生殖能力を奪っている」
「中国人売春婦と行為の最中にアフリカ人男性が心臓発作を起こした」


などと報じられているようです。

カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発風俗SEOちゃんねる