九州・沖縄 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 九州・沖縄

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
風俗業界で働く女性らを調査する上間陽子琉球大教授の講演会(主催・かりゆしエンターテイメント)が6日、沖縄県那覇市西の県男女共同参画センターてぃるるであり、約160人が集まった。4年かけて16人の女性から聞き取りをして見えたのは家族やパートナーからの暴力。幼いころから誰かに受け止めてもらう経験が乏しく、10代で風俗業界に入っているのも共通した特徴で、上間教授は、子どもたちに寄り添って話に耳を傾ける必要性を訴えた。




■出会った少女たち


調査のきっかけは、集団レイプの被害に遭った中学生が自殺した事件だったという上間教授。性被害や中高生に売春させるケースも後を絶たず、量的な統計調査から漏れがちな、リスクを多く抱える風俗業界の若者たちに着目した。


そうして出会ったのは、幼少期から性暴力や言葉、態度などさまざまな暴力を繰り返し受けてきた少女たち。ある女性は、14歳の時に集団レイプの被害に遭い、その後、「恐怖に負けなかった」と思おうとして性行動を繰り返したという。別の女性は16歳のころからパートナーのDVを受け、ストレスから妊娠7カ月で早産に。保健師や看護師らの支援を受けながら、キャバクラで働いて生計を立て、子育てと学業を両立させていたという。




■見えてきた暴力


小学6年生で性被害のような形で初体験し、14歳から劣悪な風俗店で働いた女性、母親のネグレクト(育児放棄)で、わずか4歳で1歳の弟の面倒を見させられていた女性もいた。


上間教授は「県の貧困対策でしっかり考えなければいけないのは、特に暴力」と指摘。「(県は)ゆいまーるを喚起しているが、そんなに簡単ではない。調査を通して関わっているケースでも、聞き取りや少女たちの変化には数年かかっている」と説明した。




■「子の話に耳を」


とりわけ心配なのは「誰にも相談できず、早くから男性とつながり、セックスによってつながる方法しか持たない子」という。幼いころから虐げられていると、誰にも手を差し伸べてもらえないと考えざるを得なくなるため、解決策を示されても拒否してしまうことが少なくないという。


そのため上間教授は、支援者自身の考えを排除して「その子の感じ方や望みを聞き取ることが一番大事」と強調。「(支援者にとって)わずかな変化に見えても、その子の望みがかなうことは、その子にとって最大級の変化になり、次につながる。悪いのは子どもに性的な行動をさせている社会や大人なので、支援者は早急に道徳的な判断をしないでほしい」と呼び掛けた。


上間教授は調査結果を「裸足(はだし)で逃げる」(太田出版)と題した本にまとめ、2月に出版している。


http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/96863


幼いころに恵まれない環境にいたことを言い訳にして逃げる人もいれば、恵まれない環境を反面教師にして確固とした自分を生きる人もいる。
そういう確固とした姿勢からもしかすると「負けなかった」と強がって生きているように見えるのかもしれない。
でもだから何?
強がっているように見えても逃げ腰で生きていないなら、それでいいじゃん。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
一発風俗SEOちゃんねる
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
沖縄県警は1日、風俗店で店員のスマートフォンを盗んだとして、米海兵隊キャンプ・フォスター所属の3等軍曹マイケル・トン・ファム容疑者(26)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。


那覇署によると、1日午前2時45分〜3時50分ごろ、那覇市の風俗店の個室で、接客した店員が充電のために置いていたスマートフォン1台を盗んだ疑いがある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000076-asahi-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
(´;ω;`)ウッ…


遅刻・・・・した・・・・


え?何に??
ブログの執筆活動に!!よ!!!!!


日曜日以外、毎日書いてるんだけど・・・
なんでか突然睡魔に襲われて・・・起きたら今・・・
土曜日だったがずが・・・・もう日曜日やん!!!!!!!!!!


(´;ω;`)ウッ…


アメリカの海兵隊の3等軍曹も、、一体何を血迷ったのか??という感じね。。。
摘発される風俗店のニュースが多いけれど、風俗店は自分自身を守ることを視野に入れつつ経営されていたりするのも実情。
物騒な世の中で生き残り続ける風俗店を尊敬する筆者なのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。




―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。


「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてしまうという『自然現象』のように語ることを絶対に許してはいけないと考えている。加害者の責任を追及していくための理論構築が本当に必要なんだと去年の事件で思った。性被害は軍隊や基地のある故の問題だと一般化してしまうと、加害者の責任が薄まる。日本軍「慰安婦」問題も同様で、「戦争の悲劇」として語ってしまうと日本の責任が薄まる。男の人が権利のように女性を買う文化があって、性暴力に対して鈍い雰囲気が社会にある」




―未成年が性産業に取り込まれる現状についてどう思うか。


「東京のJK(女子高生)ビジネスを取材したときに、10代の子が制服を着ているだけでおじさんが『いくら』と聞いてくる。『高収入 アルバイト』で検索すると、クリック一つで性産業にいける。どこまでが自分の主体的な責任としてなのか、社会に責任はないのか。女性が性風俗につながる環境が整いすぎている問題は大きい」


「性売買の根拠を聞くとおじさんたちは『世界最古の職業だよ』の一言で片付けてしまう。なぜこんなに発展し続けているのか、抜け穴のある売春防止法が、世界と比べてどうなのか。性売買を支える法律、意識、歴史、文化についても考えないといけない」




―子どもの貧困問題で、貧困解消に向け行政も取り組んでいるが、性産業に従事している子育て中の若い人は、支援の対象になりづらい。自分で選択したという誤解もある。


「男の人の中には『金払って支えてやっている』という気持ちの人もいるだろう。しかし見方を変えると『そんなに買わないといけませんか』『そこを前提にしなくていいのでは?』と思う。『性と国家』の本で対談した元外交官の佐藤優さんは、はっきり嫌いだと言っていたが、男の人にもそういう人はいる。男の人が男の人に向けて『買春やめようぜ』と言ってほしい」


「女性が遊ぶ金欲しさに売っているという男性の見方は、買いたい男の安心材料でしかない。男が値段を付けて売り、男が買っている。一方で、男の人の性も相当利用されていると思う。これだけコンビニにエロ本が並ぶ社会で、男性の性的圧迫感も強いだろう。本当は嫌だけど、キャバクラに付き合う人間関係や文化もあると察する」




―アダルトビデオ(AV)への出演強要問題が、最近表面化している。


「AVや風俗がこれだけ巨大産業で一般化されている状況は、他の国で例えようがない。結局AVも風俗も性労働や性表現の問題ではなく『性搾取の問題』だ。性搾取と捉えれば、現実に起きている被害を浮き彫りにでき、こんなことを強要している社会がおかしいよと言える。AVの被害が訴えられないのは、出演料が発生していたり、映像が流通する中、声を上げるとさらに広まったりする恐れがあるから。表現の自由を盾に、あたかも(監督や出演者を)表現者のように祭り上げるのは新たな暴力を生んでいるし、被害者の口をふさいでいる。まず被害者がこれだけいるということを、言っていかないといけない。被害を訴えることと、男たちの需要をやめるのを一緒にやっていかないといけない」


(聞き手 知花亜美)


http://ryukyushimpo.jp/news/entry-468641.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「性」に関することに限らず、一切の事物は善悪を定めることはできない。


なぜなら、物事を実行する人の「心」というものが最初の始まりだからだ。


愛を持って家庭のためにと包丁を使う人もいれば、憎しみを抱えて包丁を使う人もいるように、全ては行う人の「心」なのに、、、


一概に「性産業」を否定したり、頭ごなしに悪いものと捉えて見たり、それでは社会は発展できない。


包丁を悪い方に使う人がいるから、包丁を地上から消し去りましょう・・・


こんな上っ面だけの対策をしたところで、諸悪の根源の「悪意」と向き合えてはいないのだから。


性産業を否定、批判する方は是非とも、性産業の発展、すなわち真逆のことも議論していただきたいと思う今日このごろ。
そうすることで陰陽一体となった発展のちからが生まれるのだから。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
九州最大の歓楽街、福岡市・中洲で客引きの取り締まりを強化するため、福岡県警博多署と中洲町連合会は17日から、客引きに対する警告や通行人に注意を促すアナウンスを流す。署によると、昨年は30人が県迷惑行為防止条例違反などで摘発され、1年で倍増。背後に暴力団の存在も指摘されており、署は地域と連携して清浄化に乗り出す。


アラベスク、バード、フリー…。中洲地区での客引き行為は条例で禁じられているが、飲食店関係者によると、少なくとも八つのグループが存在。客をつかまえやすい場所を巡ってトラブルも起きているという。


客引きが拠点とする無料案内所も、4年前の35店から50店に増加。案内所は風俗店などから広告料を受け取っており、署は一部が暴力団の資金源になっているとみている。


こうした現状を受け、署は昨年から、中洲から暴力団を排除する「博多マル暴ゼロ作戦」の一環として取り締まりを強化。その結果、客引きに関する苦情は大幅に減ったものの「いくら警告しても、次の日には同じ場所に立っている」(署幹部)と“いたちごっこ”が続いている。


アナウンスは17日夜の「中洲環境浄化パレード」に合わせて始め、中洲交番などに設置したスピーカーから毎日午後8時〜10時45分に放送する。同時に飲酒運転や性犯罪の防止も呼び掛ける。署は「客引きに対し、地域にも監視の目があるというアピールになる」と期待を寄せる。


=2017/03/16 西日本新聞=


西日本新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00010005-nishinpc-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
良からぬお店や客引きに引っかからないように、ネットでお店情報は仕入れてから向かうのがBESTな世の中。


女の子の情報もしっかり出ているし、料金も分かるし、事前に予約できるお店だってあるし、今誰が出勤しているか分かるお店も多い。


このブログを読んでくれている方には是非風俗で遊ぶ前にネットを活用して欲しいと思う今日この頃なのでした★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 福岡
一発0円広告
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
深夜に子どもだけで留守番させた


40〜60代の女性が在籍するデリヘル店「五十路マダム」が、急成長を遂げている。代表の長谷川華氏によると、求人に応募してくる女性たちの大半は、即金を必要としているという。生活苦や借金、子どもの学費……。しかし、この年齢ではそれなりの職歴がなければ再就職や転職は難しい。ずっと専業主婦として生きてきて、職歴がない人もいる。切羽詰まった女性たちに快適な労働環境を用意し、その女性たちの心地よい接客で顧客の心をつかむことで同店は成長し、現在は全国で20店舗を展開している。



長谷川氏は「性風俗は、悪い仕事ではない」と言う。その裏には、長谷川氏自身がデリヘル店で働くことで2児を育てたシングルマザーという経緯も、大きく影響している。こんなお店だったら、独りで子を育てるママもおカネを稼ぎやすいだろうな――現役時代に感じていたことを経営者になった今、次々と実現している。ここに、長谷川氏と同じく風俗業で子どもを育てた女性がいる。彼女の半生に「女性が働きやすい優良店」のあり方が見えてくる。




20代半ばで離婚、風俗以外に選択肢はなかった


五十路マダムに入店してくる女性のほとんどは、風俗未経験者。「デリバリーヘルス」というのがどういったものかを知らずに求人に応募し、面接のときに「何をするんですか?」と尋ねる人も少なくないという。一方で、生きてきた時間が長いだけに人生経験が豊富な女性も多く、過去に風俗業に従事したことがある女性も少数ながらいる。


南さん(45歳、仮名)は水商売、風俗業を渡り歩いて、ふたりの息子を育ててきた。20代半ばで離婚し、それ以外に選択肢はなかったとしつつも、「後悔している部分もあるんです」と打ち明ける。長男は10代のときリストカットをし、頻繁に家出した。次男はつい最近まで引きこもっていた。ふたりとも現在は心身ともに健康な社会生活を送っているが、南さんは今でも「子ども時代に愛情を十分注いでやれなかったからではないか」と気に病んでいる。


「19歳で結婚して、しばらくは専業主婦でした。20歳で長男、23歳で次男を出産したから、子育てでいっぱいいっぱい!でも7歳上の夫には休みグセがあって、さしたる理由もないのに1カ月以上休職することがしょっちゅうだったんです。当然、お給料は減らされる。しょうがないから、上の子が3歳になった頃から私がスナックで働くことにしました。そしたら夫の給料を上回る額を稼げるわけですよ。夫のことを“要らないな”と思いますよね」


母と子3人で暮らせる見通しが立ったので、離婚。しかし市営住宅での新生活は、南さんの思惑をはるかに上回る厳しいものとなった。17時に子どもに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、20時に寝かしつけてから、スナックに出勤。朝の4〜5時までの勤務を終えて帰宅し、子どもの朝食を用意し、登校するのを見送る。曜日によってはそれから昼のパートのためスーパーに出かけ、バックヤードで野菜や果物をカットする……。そうやってギリギリの生活を保っていた。


「夜の仕事に出ている間、家には子どもたちだけ。寂しかったでしょうね。実家を頼るよう助言してくれた人もいるけど、両親も経済的に行き詰まっていたし、広島県内でもさらに田舎に住んでいたから、実家に行ってしまうと仕事が全然ない。子どもたちへの後ろめたさはありつつ、アンタたちを高校卒業させるまではママはここで踏ん張るよ!と思っていたんですけど、勤めていたスナックが閉店することになりました」


その頃には長男が高校生、次男が中学生になっていた。スーパーのパートは続けつつ、事務職のパートを追加したものの収入は激減。悩みぬいた末にたどり着いたのが、店舗型の風俗店だった。今から7〜8年前のことである。1998年に風営法が大幅に改正されたことにより、デリバリーヘルス(派遣型風俗業)が事実上解禁となったとされるが、当時はまだ店舗型の風俗店のほうが主流だったと南さんは振り返る。




店長が違法の“本番行為”を推奨


「面接の時点で、店長が当然のように“こっそりお小遣いをもらって本番してもいいんよ”って言うんですね。本番って何?と思いながらも聞けずにいたけど、“ゴムは自分で用意してね”“そのほうが常連になってくれるからね”と言われて、あぁそういうことかぁ……と。当たり前のように“本番”を推奨するお店でした」


風俗店でも性行為そのものをすれば違法となる――南さんはそれすらも知らなかった。最初についた客は当然のように性行為をした。そんなものだと思うしかなかった。働く女性にとってリスクが高すぎるせいか、その店舗は慢性的に人手不足だった。南さんはほぼ毎日出勤、年末年始やゴールデンウイーク、お盆の時期も昼に出勤し、深夜の閉店時間まで働いた。長男の様子がおかしくなったのはそんなときだった。


「リストカットするわ、家で暴力を振るうわ……。もうどうしていいかわからなかった。私、首を締められたこともあるんですよ。母親に対して言いたいことがありすぎて、でも言葉にできなくてそんな行動になったんでしょうね。それでも店には出なきゃいけないし、この頃がいちばんしんどかったですね。長男はフラッと家出して、年上の友達の家に居候して……を繰り返すうちに、しだいに落ち着いていきましたけど」


「長男はその頃にはウソのように穏やかになって、仕事に就き、独立していました。次男は高校卒業後に就職したのですが、すぐに辞めて部屋に引きこもるようになって……。病院でうつ病と診断されたと聞かされ、私もなんとかしなければとは思ったんですが、話し合おうとすると、すぐ泣き出す。長男からは“もっと向きあえよ!”と言われましたね。不安定で母親を求めていた自分と重なるんでしょう」


ずっと働き通しで家にいなかったから。仕事で深酒をして休みの日には二日酔いで、どこにも連れていってやらなかったから。どれだけ頑張っても大学に進学するほどの学費は用意できなかったから……。南さんは今も自分を責めている。次男が根気強く通院を続けて症状が落ち着き、つい最近、再就職したのがせめてもの救いだ。




お小遣いを稼ぐためにデリヘルで働き出した


現在、南さんは趣味に使うおカネを自分で稼ぐために「五十路マダム」で働いている。再婚相手は安定した職に就いているが、渡される生活費をどれだけやり繰りしても、自分の自由になる分は残らない。


「前のお店ではつらい思いをいっぱいしたけど、ここでのお仕事は楽しいですよ。同僚を見ると、子どもが具合悪ければ休めているようですね。スタッフさんが女性だから、なんでも相談しやすいんです。私も子どもが小さいときに出勤強制がなくてストレスも少ないお店で働けていたら、あの子たちともっといい関係を築けたかもしれないなぁと考えると、切ない気分になりますね。今のお店で働くようになって、ようやく“私はこの仕事が好きなんだ”と気づけました。いつもにこにこして接客しているから、お客さんから“南ちゃんは、悩みがなさそうでいいなぁ。苦労しとらんのやろ?”って言われるぐらい(笑)」


再び風俗店で働き始めたことは、夫には内緒にしている。そもそも風俗店で出会っただけに、夫は薄々気づいているようだと南さんは言う。でも、「自分で稼いだおカネは、自分で使いなさい」と言う以外は、特に詮索もされない。


「人生で、今がいちばん穏やかな気分です。こんなにのんびりしていていいの?って。夫は優しいし、子どもたちは今は元気に働いているし、あとは命の心配だけしていればいい。私、人生の半分以上、遊びにいくことすら忘れていたんですよね。自由に家を空けて、自分のおカネで遊びにいけるってサイコーです!」


年に2〜3度は好きなアーティストを追いかけて上京し、ライブを見たいと言う。荒波が続いた南さんの人生は、今やっとなぎの時代に入ったようだった。


http://toyokeizai.net/articles/-/161930

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
結果として自分の好きなお仕事を続けて、余暇も充実して、配偶者にも恵まれて、これはこれで幸せの1つだなと思うような記事だった。


本番行為を推奨するようなお店で「それが当たり前の世界なんだ」と女性が働いてしまうような環境が少しでもなくなるように、正しい情報を発信しようと筆者は心に決めた。


もしも働く女性が無知でさえなければ面接で本番行為を推奨された段階で「あ!このお店、関わらないほうがいい!」と気づくことができる。


現にこの記事に出てきたお店も本番行為を推奨して働いてくれる方を尊ばないから慢性的な人手不足に陥っていたと推測できる。


それから、働く女性がお店に対する率直な意見を書ける場所も設けて、人材を尊ばなければ人材から報復を受ける流れも必要だなと筆者は感じてしまった。


そのためのシステムの強化、情報発信の必要に重きを置いてこれからも進化成長しながら、風俗業界の反映のために一翼の一旦を担っていきたいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com