中国・四国 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 中国・四国

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
韓国・ソウルの中心部で23日、性風俗産業に従事する女性ら約800人が、売春業者の罰則強化を柱とする売春禁止特別法の廃止を求め集会を開いた。

女性らは同法が生存権を脅かし、性的自己決定権を侵害していると憲法裁判所に違憲確認を求め、年内にも結論が出る可能性がある。ことし8月には国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが合意に基づく売春の処罰に反対姿勢を打ち出し、韓国政府の締め付けは不当だと主張する女性らは勢いづいている。

23日は2004年の同特別法施行から11年に当たる。サングラスやマスクで顔を覆った女性らは「特別法を廃止して私たちを労働者と認め、社会福祉の対象に含めよ」と訴え、デモ行進した。

韓国では以前から売春は禁じられていたが、各地に売春街があった。業者の処罰強化と女性の保護をも目的にした特別法の施行後、警察が「浄化作戦」を続けた。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150924/frn1509241139003-n1.htm

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗産業に従事する女性が労働者として
認められない、というのはおかしな話ですね。

彼女らも生活のためにその職種を選んだはずで、
それは立派なお仕事のはずです。

それなのに福祉を受けられないのはちょっと横暴ですよね。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
米国ドラマ『デスパレードな妻たち』に、郊外の住宅地に暮らす奥さまが家計のために、ライブチャットサイトでセクシー配信する、というエピソードがありました。絵本作家で顔が広く、友人とも家族ぐるみでつき合うなど郊外ならではの濃い人間関係に身をおく彼女が、誰が観ているかわからないライブチャットで自分自身も自宅内部も晒してエロを提供するというのは、私の目には、いわゆる〈風俗〉よりよほどリスキーなものに見えました。

でも、彼女にとってはきっと「こっちのほうが安全」なのですね。米国での性風俗といえばコールガールでしょうが、こちらは見知らぬ男性と部屋にふたりきりになり、じかに性的接触をします。その過程で起きうるトラブルは、いくつも想定できます。。暴行に性感染症……身体に深刻なダメージを受けることもありえます。アメリカと日本では性風俗にまつわる法律も違えば、それぞれのサービスにおけるシステムも違います。私はそこについての知識を持ちあわせていないのでこれ以上は掘り下げられません。が、ドラマを見たときの私は、性風俗において〈リアルな男性と会う〉と〈ネットで世界中に自分の姿をさらす〉と、どっちがより危険なのだろうと首をひねったのです。

ということを思い出しながら、『ネット風俗嬢』(中山美里著、リンダパブリッシャーズ)を読みました。ライブチャットサイトを利用した性風俗の全体像に迫るルポルタージュで、1980年代の創始期にまでさかのぼってその変遷をひも解き、どんな女性が働いているか、稼げている女性はどんなタイプか、利用者はどんな男性か、女性たちに何を求めているか、どんな人たちが運営しているのか……などなど、取材に基づき業界全体を網羅した1冊です。

オビには〈処女でも年収1000万円!〉とあります。なかなかに刺激的な惹句です。処女、ないし男性経験が少ない女性でも、というのはリアルな接触がない〈ネット風俗〉の特異性ゆえですが、そのぶんほかの性風俗よりサービス内容はライト。なのに1000万円稼げるといわれると、下世話な好奇心が刺激されます。「ネット風俗ってそんなに儲かるの? だったら私も……」と考えて手に取る女性も少なからずいるでしょう。

◎驚くほどの収入! だけど…

代理店(=女性が通勤し、そこから配信するチャットルーム)を経営する男性の証言によると、「そこらへんの風俗より稼げる」「月100万円は難しくない」「普通にちゃんとやっていれば40〜50万円は稼げる」というから、スゴイ世界です。ラクで、場合によっては自宅でもできちゃって、それでもって高収入なんて、夢のような話。でもそれだけに、かえってウマすぎる話のような気がしてきます。

と思って読み進めると、やはり現実に稼げている女性はごく一部。自己プロデュース力がきわめて高いとか、チャットルームの管理人に素養を見抜かれるとか、何らかのアドバンテージがないと、そこまでの売れっ子にはなれないようです。後者の場合、お店が持っているノウハウをその女性につぎ込み、稼げる素材として育てあげてくれるのです。

容姿よりも、コミュ力や頭の回転の早さ、場を読む力、自己プロデュース力が求められ、それが天性のものか教えこまれたものなのかはともかく、すべていかんなく発揮されれば売れっ子になり、そのぶん稼げる……というのは、このジャンルに限らずどの性風俗も同じでしょう。ただ、ネット風俗では顔出しをしない女性が多いことや、直接の性的刺激がないぶん、こうした無形の要素が人気をダイレクトに左右するようです。

私が目を見張ったのは、チャットルームによる教育のきめ細やかさでした。女性の個性を見極め、その魅力を最大限引き出す見せ方を提案し(コスプレさせたり)、どのタイミングで何を言い何をすべきかを演出し、ことば遣いが汚い女性にはそれを正してあげ、日報を書かせてその女性の弱点を洗い出し、一緒に克服法を考えてあげる……。なんて、いたれりつくせり! 自分たちにお金を落としてくれる存在なのだから、管理側もそりゃ手をかけるよ、といってしまえばそれまでですが、この男性管理人の発言には端々から女性への思いやりが感じられます。

実際、彼の話ではこうした指導を受けた女性たちはネット風俗嬢を辞めた後、「銀行や大手不動産会社など結構良いところに就職」していくそうです。それができない女性のためにも、エステサロンやスクールを運営していて、そこで手に職つけて卒業……という道まで用意しています。そして、彼女たちがネット風俗嬢として活動していくうえで抱えるリスクにも、この男性は細心の注意を払っています。

性風俗にはリスクがつきもの、というのは私のような門外漢にもわかります。そしてネット風俗に特有のリスクが多いのも、想像がつきます。基本は顔出ししなくても、相手男性と1対1の2ショットとなったとき限定で見せる人もいるそうです。そうでなくても、何かの拍子に顔が写る可能性は低いとはいえありますし、そうなると個人が特定できてしまう場合だって当然ありますよね(身体の一部からの特定もできそう)。そうした配信動画を録画できるソフトなどもあるといいますから、つまりは流出の恐れもある……。

大小さまざまのリスクは、上げればきりないでしょう。しかし、それらはすべて管理人男性の取材によって「それについてはこう対策しています」「予防しています」とフォローされていくのです。そこで紹介されるリスクが、安全性を強調するための材料となっているようで、やや怖い印象を受けました。

◎優良店以外は推して知るべし

当然、それは〈取材に答えているこの管理人の運営するチャットルーム〉でのお話。このお店は大いに成功しているようですし、ここまで女性のことを考えてくれているのですから、そうとうな優良店なのは間違いないのでしょう。ネット風俗という風俗界の新たな潮流を紹介するにあたって、盛り上がっているお店の裏側を取材するのは当然のことです。本書では女性がほとんど稼げない、お店からのバックアップもないというケースも紹介されています。そうしたお店のリスク管理についての詳細はありませんが、おざなりにされていることは想像にかたくありません。

「だったら私も」とちらっとでも思った女性の印象に残るのが、優良店のすてきな事例ではなくシビアな現実であってほしい、というのが、私が読後まず思ったことです。安全に働けるお店もあるけれど、そうでないところが非常に多いというのが、やはり現実でしょう。そして、優良店でもリスクを軽減はできてもゼロにはできません。

これは日ごろ、AVについて話題になるときも思うことですが、何かAV業界のブラックな面が指摘されたとき、「いまどきAVメーカーもプロダクションもちゃんとした企業なんだから」「世間が思っているよりクリーン」という声がネット界隈でよくあがります。実際クリーンなところが大多数なのでしょうが、そうでないところも確実にあるはずです。クリーンさを強調されるほどに見えなくなるものがあるのではないか……という気がしてならないのです。

もちろんそれは、読む側、受け取る側の判断に任せられたものです。とはいえ、ネット風俗嬢への垣根はほかの性風俗よりずっと低そうです。加えて本書でも、学費を自分で稼がなければならない学生や、生活のために少しでもお金がほしいシングルマザーの受け皿となっているという記述もありました。切羽詰まると人は判断能力を奪われますが、そんなときほどマイナス面の情報をスルーせずにちゃんと受け取ってほしい。性風俗とは遠いところにいる者の杞憂かもしれませんが、そう願ってしまうのです。

http://www.cyzowoman.com/2015/09/post_17349.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

ネットが普及して十数年。
今やショッピングは通販で!という方も
多いのではないでしょうか?

そして風俗の世界もネットを活用して
新しいサービスが続々と登場。

女性本人がどこかに行くということもないので、
確かにプライバシー保護にもつながる部分はありますね。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
夫に風俗で働かされている??。こんな女性の悩みが、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられた。

結婚して3年が経つが、夫はいっさい働かず、代わりに女性が風俗で働いて稼いでいるのだという。しかし、収入は夫に横取りされ、手元には「出勤に必要な金額」しか残らない状態だ。夫は家賃として支払う分も使い込み、女性が「何に使っているのか」と問いただすと、怒鳴られて暴れるため、それ以上聞くことができないそうだ。

女性は夫からDVも受けており、警察に相談しているが、病院に行くほどのケガはなく、アザも残っていないのだという。

「夫と離婚したい」。女性はそう思っているが、夫は「慰謝料1億払えば離婚してやる」と無茶な要求をしてくるそうだ。自分を風俗で働かせ、収入を横取りする夫と離婚することは可能だろうか。羽賀裕之弁護士に聞いた。

●離婚できる条件とは?
「民法には、『これがあれば離婚が認められる』という離婚原因が5つ定められています。これを、法定離婚原因といいます。

今回のケースは、法定離婚原因のうち『悪意の遺棄』『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたる可能性があります」

羽賀弁護士はこのように説明する。

「まず、女性は『収入を横取りされている』とのことですが、夫がそれを夫婦間の生活費に全く充てずに浪費しているような場合には、『悪意の遺棄』にあたる可能性があります。『悪意の遺棄』とは、生活費を入れないなど、配偶者が結婚の義務を故意に怠ることです。

『悪意の遺棄』にあたらない場合でも、夫の浪費によって家計が逼迫しているのであれば、『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたる可能性があるでしょう」

女性は、夫からDVも受けているそうだ。

「暴力が継続的に行われているということであれば、『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたります。ただし、暴言などの精神的暴力については、その精神的暴力に加えて、別居していることが必要になります」

●DVの事実を証明するには?
女性は、DVを受けたがケガは軽く、アザなども残っていないという。こうした場合に、DVの事実をどう証明すればいいのか?

「ケガが軽いということですから、病院にも行っていないのかもしれませんね。診断書や、怪我をした部位の写真、DVが行われた際の動画といった直接的な証拠がない場合、間接的な証拠でその事実を推認していくことになります。

証拠の例としては、DVの際に壊れた物の写真、近隣住民の陳述書、被害者本人の陳述書、当事者同士のメールのやり取りなどが挙げられます。また、警察に相談した事実自体も証拠となります」

ただし、「間接的な証拠によって、DVがあった事実を認定するのは、かなり厳しい」と羽賀弁護士は指摘する。

「身の安全が第一ですから、あまり証拠を取ることに固執せず、早期に別居をして夫から離れたうえで、弁護士に相談したほうがいいでしょう」

https://www.bengo4.com/c_3/c_1020/c_1147/n_3802/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

DVという言葉が話題になって久しいですが、
風俗で働かせる、というのはちょっと酷ですね。

収入を横取り、精神的・肉体的な暴力。
一方的女性がやられてしまうような状況は
社会から根絶しないといけません。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
4日、ガールズバンド「SCANDAL」の初となるドキュメンタリー映画『HELLO WORLD』の試写会が行われ、メンバー全員が出席。ベースのTOMOMIが「丸裸にされたような恥ずかしい気持ち」、ドラムのRINAが「お風呂とトイレ以外は全部撮られた」とコメントするなど、SCANDALファンにとっては唾涎ものの内容となっているようだ。

「2008年にメジャーデビューして以降、ガールズバンドのはしりともいえる『PRINCESS PRINCESS』(以下、プリプリ)以来となる横浜アリーナでの2日間連続ライブや日本武道館でのワンマンライブ、世界9カ国41公演の単独ワールドツアーを敢行するなど、いまや日本のみならず世界でも人気を集めています。バンド名の由来は、大阪にあるセクシーキャバクラの店名だそうですが、他のバンド名候補には、『ピーチ倶楽部』や『ナース女学院』といった風俗店から拝借した名前が挙がっていたことなど、あけすけな発言でもファンを虜にしているようです」(芸能関係者)

ガールズバンドということで、プリプリと比較されることも多いSCANDALだが、かつてプリプリを愛した中高年層にもジワジワとSCANDALファンが増えているようだ。

「SCANDALも当然それを意識しているようで、ライブでプリプリの名曲『M』を披露したり、音楽番組での共演も果たしています。アイドル的な衣装や振る舞いを拒否し、ビジュアル面を重んじなかったプリプリに比べると、SCANDALは全員がアイドル顔負けの美少女揃いですから、全盛期のプリプリよりも男性ファンは多いといえそうです」(同)

しかし、ミュージシャンにとって最も肝心なのは、ビジュアルよりも楽曲そのもの。プリプリの「M」や「Diamonds」のような名曲を世に送り出すことが出来れば、SCANDALの人気は不動のものとなるだろう。

http://otapol.jp/2015/10/post-4210.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

いやはや時代は変わったものですね。
女性アーティストといえばやはり
アイドル的人気がつきもの。

それをアイドル然とせずに暴露しまくるなんて
思い切った戦略です。

彼女たちに名曲が生まれることを今から
期待しておきましょう。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
来年1月に始まるマイナンバー制度をめぐり、世の男たちの楽園、風俗業界になんとも気になる噂が流れている。それは、「風俗嬢が激減する」というものだ。理由は、マイナンバーのせいで「風俗で働いていることがバレちゃうのなら続けられない」と不安がる女性がたくさん出てくるから、というもの。そこで専門家に聞いてみると、意外な答えが――。

10月に国民一人ひとりに割り振られた12桁の番号が通知される。これがマイナンバーで、社会保障や税、災害対策に関する行政手続きに使われる。またサラリーマンなら会社にマイナンバーを提示することになる。会社が健康保険や厚生年金、源泉徴収などの手続きに使うためだ。

昨今、不安視されているのがマイナンバー導入によって副業がバレるのではないかということ。副業をしている場合、給料から天引きされる住民税が増える。マイナンバーによって、これが分かりやすくなってしまうというのだ。

主婦やOLをしながら風俗で働いている女性が「バレたら困る」と困惑すれば、店舗側も「風俗嬢が集まらなくなる?」と不安になっているという。
風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)の生駒明編集長は「現場では確かに女のコたちの不安がる声をよく聞きます。こっそりやりたい仕事ですからね」と明かす。

風俗店側も「女性に不安があれば求人も少なくなる。風俗嬢が集まりづらくなるでしょう」とこぼす。

「マイナンバーが始まるなら辞めるという風俗嬢もいるので、一時的にレベルは下がるでしょう。一部は裏風俗に流れるかもしれません」と生駒氏は嘆く。

とはいえ、しぶとく生き残るのが風俗業界だ。

「マイナンバーが心配で辞めるコは本業で食っていけるコたち。しかし、本業だけでは生活していけないから風俗で働いているコも多い。彼女たちからすればマイナンバーなんか知ったこっちゃないわけです。やらないと生活できないから。ましてや風俗一本のコにしてみればね…。そういえば韓国はマイナンバーを導入してますが、風俗嬢はいなくなってません」(生駒氏)

風俗店も黙って見てはいない。

「これまでも風俗店は風俗嬢を“アリバイ会社”の社員に装い、その会社から給料を支払うなどしてきた。(アリバイ会社の仕組みを)応用し、対策やら抜け道やらを考えるでしょう。むしろ『ウチの店ならバレませんよ』と対策をセールスポイントにする店も出てくるはず。必ず風俗業界は元に戻ります」と生駒氏は太鼓判を押す。

女性は男以上に生活のレベルを下げられないもの。まして一度おいしい思いをしたら、本業だけの質素な暮らしをするのは決して簡単ではない。風俗嬢が減る現象が一時的に起きても、結局は元通りとなりそうだ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/452412/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
マイナンバーについてはいよいよ10月から
通知が始まりましたね。
早速詐欺も起きたようで、
みなさんも取り扱いには十分お気を付けください。

それにしても風俗業界にとっては
大打撃になりそうなこのマイナンバー。

法律の穴を突く犯罪も増えてしまうのではないかと
今から心配する声も上がっているそうです。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
一発0円広告