「わいせつ問題」起こした教員の処分歴共有、別地域での採用防ぐ…どんな課題がある?

トップ >  ブログ >  中国・四国 >  風俗ニュース >  「わいせつ問題」起こした教員の処分歴共有、別地域での採用防ぐ…どんな課題がある?

投稿日:2017-10-14 12:55
「わいせつ問題」起こした教員の処分歴共有、別地域での採用防ぐ…どんな課題がある?
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
子どもへのわいせつ問題を起こして処分を受けた教員が、別の都道府県で再び教壇に立って、問題行動を起こしていることを受けて、文部科学省は来年度から、都道府県教育委員会の間で運営する「教員免許管理システム」の大幅改修に乗り出す。処分情報を共有して、問題教員が別の場所で雇用されることを防ぐことが狙いだ。

共同通信によると、教育職員免許法で、懲戒免職処分や分限免職処分、禁固以上の刑を受けた教員の免許は失効すると規定しており、免許管理システムにも登録されるが、現行のシステムは検索方法が複雑で、情報共有がうまくいってないという。
また、停職以下の処分は官報にも載らず、自己申告頼みだという。

過去には、埼玉県の公立小学校で教諭をしていた際に、児童売春・ポルノ禁止法違反(提供)容疑で逮捕され、罰金の略式命令と教育委員会からの停職6か月の懲戒処分を受けたにもかかわらず、愛知県の公立小学校に臨時任用講師として採用され、今度は女児に対する強制わいせつ容疑で逮捕されたケースがあるなど、情報共有の課題が指摘されていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00006646-bengocom-soci

カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
画像掲示板【DANJOweb♂♀】