中国・四国その他 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 中国・四国  > その他

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
男性であれば、誰でも一度は興味を持つのがピンサロ、ヘルス、ソープランドといった「風俗店」です。しかし、いかに関心があっても、情報が錯綜していたり、情報が少なかったりと、その実態はたとえ客として利用したことがあってもなかなかわかりにくいもの。

たとえば、こういった性的なサービスを提供する場合、それなりに「テクニック」が必要(「素股」という、素人ではやり方がわからないと思われるサービスもあります)なわけで、新人はそれらをどうやって身につけていくのでしょうか?よく言われるのが「講習」の存在ですが、どんな人がどんな風に教えるのかは諸説あり、業界の外からはよくわかりません。

■業態によって異なる「フーゾクの講習事情」

『ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話』(吉岡優一郎/著、彩図社/刊)によると、ヘルスやイメクラといった店舗型風俗店と、デリバリーヘルスやホテルヘルスのような無店舗型の風俗店では「講習」の事情はかなり異なるのだとか。

無店舗型の場合、最近では「講習」自体あまり行われなくなっています。これは、無店舗型の代表格であるデリヘルが公安委員会に届け出をするだけでオープンできるため、風俗業界での経験が全くない(=サービスを女の子に教えられない)経営者が多いことや、「講習=セクハラ」という認識が蔓延してしまったことなどが原因のようです。

また、昨今の風俗業界では素人っぽい女の子が好まれる傾向があることも、講習が行われない理由になっています。

■男性講師が絶対やってはダメなこと

一方、店舗型の風俗は、講習を経ないと女の子を客前に出さないという店が多いようです。ただ、それを誰が行うかは店の種類によります。

たとえば、ソープランドの場合、講習は先輩の女の子など女性が担当することが多いそう。ちなみに古くから、教えてもらう新人から教えてくれる先輩に講習料を払うしきたりがあったため、ソープの世界でお金を稼ぐ前に、店に対して借金を負うケースが少なくなかったといいます。この習慣は、今でも高級ソープを中心に受け継がれています。

また、ヘルスの場合は、講習は主に店長など男性スタッフが受け持ちます。

おもしろいのが、男性が新人の女の子の講習をする時の不文律です。

それは「講習中、絶対にイってはいけない」というもの。万が一射精してしまったら、女子給相当の罰金を女の子に払わないといけないことになっています。

そんな無茶な!という気もしますが、講習はあくまでも「技術指導」であり、性欲のはけ口ではありません。これも一つの職業倫理ということでしょう。

『ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話』は、「フーゾク」の裏側や実態が、業界ライターの手でつづられ、何かと誤解や偏見の多いこの業界を正しく理解する参考になってくれます。

無用なトラブルを避けるためにも、きちんとした知識を身につけておきたいところですね。

http://www.sinkan.jp/news/index_6012.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗の講習と聞くと無理やり強要されて
問題になるといった誤解が広がっています。

しかし実際はこの記事のように厳しいルールが
あったりして女の子にだいぶ配慮しているようですね。

セクハラが社会問題になっている昨今、
こういうルールを徹底することが変な誤解を
生まない子t歩に綱あっていくのではないでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
東京風俗NEWS
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
セックス前は必ずシャワーを浴びたいですか? LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」がアンケート調査を行なった結果、7割を超える女性が「浴びたい」と回答しました。

セックス前のシャワー問題、みんなはどうしてる? 確かに、シャワーで洗い流してから臨むのが理想ですが、ムードが高まりそのまま突入するケースもありますよね。そんなとき、「シャワー浴びたい」と言っていいものか、考察していきましょう。

===============
Q.ラブタイム前は必ずシャワーを浴びたいですか?(女性に質問)

・はい(96名)
・いいえ(31名)

回答時期:2015-05-21〜2015-05-29
総回答数:127名
===============

浴びたい派女性の本音

まずは、浴びたい派女性の声からご紹介します。ダントツで多かったのが、「匂いが気になる」という意見。「性器を舐められるときに臭いと思われたくない」「舐められるときに集中できずイケない」などは、まさしく女心ですね。愛する彼氏に綺麗なカラダで抱かれたいと願うのは、女性としてごく自然な感情でしょう。

また、「私も彼のモノを舐めるので清潔なほうがいい」「彼氏にオーラルをするかもしれないので、彼氏と一緒にシャワーを浴びたい」など、パートナーの匂いを気にする意見も寄せられました。

浴びなくてもOK派女性の本音

こちらも、前者と同じように「匂い」に関するご意見が多く集まりました。違うのは、「匂い」の捉え方!

「匂いがなくなると、興奮度が下がってしまう」
「彼氏が匂い好きだから」

など、匂いがある状態をよしとする女性が多いようです。

ほか、「早くしたい」「シャワーを浴びる時間がもったいない」など、「いますぐ抱かれたい」という本音も見え隠れしました。シャワーというワンクッションを置かずに、1分1秒でも早く愛する彼氏と繋がりたいと願うのもまた、女心によるものでしょう。

浴びたいけど雰囲気が……どうしたらいい?

「集中できずイケない」というご意見も挙がっているように、シャワーを浴びず突入したことで、行為自体に集中できないのはもったいないですよね。彼氏側も、行為に集中してほしいと思うはず。そう考えると、「シャワー浴びたい」と言ったほうがいいでしょう。「一緒に浴びよう」もアリ。肝心なのはこの後!

彼氏側が、シャワーを浴びずに続行することを望んでいるのなら、そのまま受け入れたほうが無難です。「浴びる・浴びない」の討論になってしまうと、せっかくの雰囲気が台無しですから。匂いフェチの彼氏に対しては、もうひと声「だって、恥ずかしい匂いがするかも」と付け加え、「そのほうが興奮する」という言葉を引き出してもよいでしょう。

大切なのは、自分の主張をゴリ押ししないこと。セックスはコミュニケーションです。彼氏の反応をしっかりと受け止め、それに見合った返しができれば、浴びても浴びなくても、行為は大いに盛り上がるはずですよ。

http://joshi-spa.jp/316747

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

浴びたい派が多いのには納得ですが、
むしろ浴びなくてOK派が3割もいることに驚きです。

匂いフェチは一定数以上いるということですね。
もちろん早くしたい、という気持ちは男性だけでなく
女性が持っていてもおかしくはありませんが。

いずれにしても浴びる、浴びないはパートナーの意向や
その時の空気で決めたらよいのではないでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
東京風俗NEWS
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
かつて原稿にも書いたことだが、中国における変化はたいてい広東省から始まる。これは産業の構造転換から風俗にいたるまで不思議なほど一致する現象だ。

『中国狂乱の歓楽街』(KADOKAWA/中経出版)

新中国の歴史を見ても、清王朝を倒した国民党、文化大革命後の市場経済化の流れを決定づけた南巡講話、それに先立つ経済特別「深セン」の誕生と「深セン」がもたらした変化。そして2007年に広東省が宣言した経済の構造転換はその5年後に全国の課題となったことなど挙げればきりがない。

政治的な変化の多くが北京からの発信によってもたらされたのに対して民間から起こる社会の変化の波は、圧倒的に広東を震源として広がるのだ。

風俗産業の盛衰を体現した東莞

なかでも象徴的なのが風俗産業の衰亡である。衰亡といえば少々大袈裟に過ぎるが、その発展と衰退の画期がともに広東で確認されたという点に疑いはない。

盛衰の転換点は、その国・地域の発展段階と密接にかかわっている。かつて?売春ツアー?の言葉を生んだ台湾旅行は、いまや若い女性に高い人気を誇る。台湾=売春のイメージが崩れるきっかけは台湾の経済発展と国民党から民進党への政権交代であったというような関連である。

中国において、この変化を一身に体現した都市を一つ挙げるとするならば、それは間違いなく深センに隣接する都市・東莞市となることだろう。

摘発された東莞の風俗店

その東莞に激震が走ったのは2014年2月9日のことだ。9日午後東莞各所で待機していた警官約6525人が、ターゲットに定めていたKTV(カラオケ・バー)やホテル、サウナ、マッサージ店など12施設を皮切りに全市の風俗店に一斉になだれ込んだのである。この手入れで最終的に当局は「計1948の娯楽施設の捜査を行い、162人を審査のために身柄を拘束した」(広州市政府新聞弁公室の運営するミニブログ)という。

いわゆる「東莞の36時間」と呼ばれる大捕り物が幕を開けた瞬間だった。この歴史に残る大摘発事件が中国社会の空気を大きく変えてしまう働きをした背景には、いくつかの理由があった。

まず指摘されるのは、東莞がいつのまにか北半球一の歓楽街を自認するほどの風俗産業の一大集積地となり、香港やマカオさえ霞むような存在となり、かえって二つの地域から出稼ぎの女性たちが流れてくるようになっていたことがあった。このなかには香港やマカオを経由した日本女性も少なくなかったといわれている。

金さえ出せばなんでもあり
「東莞ISO」「東莞モデル」

しかも「東莞にない遊びはない」といわれるほど金次第ではどんなニーズにも応えられると信じられていた。実際、摘発対象となった五つ星ホテルの常時ワンフロアーが、そうしたスペースとして利用されていたことも明らかになり、金額も青天井なら、遊びのバラエティーにも限界がないという感覚は、「東莞ISO」とか「東莞モデル」という言葉が定着してしまうまでに浸透していたものなのだ。

そもそも社会主義を掲げて閉鎖的な中国では、建前として女性が同じソファーに座ってお酌をすることも禁じられているのだが、東莞ではラスベガスのネオンにも匹敵する大きな施設が次々に建てられるまでに大胆になっていたのだ。

東莞に43ある各鎮にこうした施設を持つ五つ星ホテルが二軒から三軒もあり、それぞれ「東莞ISO」をクリアした女性を抱えていたということは簡単に見積もっても市内には100万人規模の女性たちが風俗産業で働いていたと推計されているのだ。この現実を目にした者はみな「東莞で時間が逆流することはなどない」と信じていたとされる。

人々が抱いたこんな思い込みを打ち砕いて大摘発が敢行された翌日から、スマホなどの移動データを集めたビックデータでは、東莞から上海や北京といった別の大都市に移動する大量の人の情報が映し出されたともいわれる。そんな大きな変化だったのだ。


風俗産業の摘発で東莞市も衰退してしまうのか

100万人からの女性が東莞から逃げ出すだけでなく、産業に従事していた者たちも東莞を離れた。こうした人々の消費が失われた東莞は、それだけでGDPの15%20%が失われたともいわれた。それだけに政治的な意図も勘ぐられ、巷にはポスト習近平最有力の呼び声が高い胡春華を「潰すため」とか、逆に「胡春華がポイントを稼ぐためにやった」という説が流れた。

いずれの説も決定的なファクトをともなって語られることはなかったが、こうした話が出ても不思議ではないのは、この大摘発がCCTVの行った潜入取材をきっかけに始まったこと、しかも放送日の午後に一斉に警官が動員され、さらには摘発後に中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』紙上でわざわざ〈(東莞摘発の)是か非かを問う〉と題する社説が掲載されるというように政治との連携が疑われるような動きがさまざま見られたからであった。

政治の思惑が働いたのか、それとも思惑を慮ったのか。

大摘発は日ごろ東莞とは無縁の人々を巻き込んで大きな論争を国内で巻き起こすことになったのだが、ネットの世論を見る限り、摘発に否定的な意見が目立ったのは興味深いことであった。摘発に消極的な意見のほとんどは、「こんなことに力を注ぐ暇があるなら、もっと大きな問題に取り組め!」とか「弱い者いじめをしないで巨悪ともっと本質的な問題にメスを入れろ!」という内容だった。

こうした声の背後にあるのは、売春はたしかに問題だが、それでも北京、上海、深セン、広州といった都会に出てきている売春婦たちは、ほとんどが貧しい農村の出身者で、彼女たちが稼いだ金を地方にせっせと仕送りするシステムは、さながら心臓に集まった血液を再び末端へと運ぶ“動脈”のような役割を果たし、ひいては格差是正にも一役買っていたと考えられていることにあった。

「母乳健康法」で貧しい女性が救われる?

格差という厳しい現実を見ればこそ、現実的な作用を考慮すべきという考え方だ。事実、こうした問題は売春を通してだけ見られるものではない。たとえば、2014年ごろから少しずつ広がりを見せている一つの健康法の一つに「母乳健康法」というものがある。これは母乳に含まれる免疫力に注目したものであるが、金持ちのサークルを中心に各地で「母乳パーティー」なるものが会員制で催されているというのだ。すでに多くのメディアでも取り上げられ、レストランのメニューにも「母乳アワビ」といった品目が登場するほどのブームになっているのだ。

この健康法に対して、やはり問題視する声は国内でも高まっているのだが、現状では法的な問題を見つけることもできないとして放置され続けている。

一方の母乳健康法肯定派は、これが取締りの対象になっては困るとばかりでメディアに露出して反論を試みているのだが、その主張の大半は、「母乳により貧困層の女性が助けられている」というものだ。事実、貧困女性が自ら母乳を売りたいとネットで呼びかけるケースも目立ち始め、ウインウインの関係であることをうかがわせる現象も目立ってきている。

建前か、本音か−−。下半身問題をめぐる中国国内の論争にはまだまだ決着がつきそうにない。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5152

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

「GDPの15%〜20%が失われた」とは
何ともスケールの大きな話ですね。

中国はすでにGDPで日本を抜き、
アメリカに次ぐ世界第2位の超大国。

人口も世界No.1ですし、
当然性風俗産業の需要も高いのは納得です。

と同時に大国の中でも政治腐敗度は高く、
2014年には175カ国中100位という体たらく。

市民が「風俗を摘発するよりやることあるだろ!」
と思うのは当然でしょうね。
カテゴリー : 風俗ニュース
sanmarusanのエロ活 エッチに興味のある女性多数登録中!《セフレ募集女子》
大阪風俗NEWS
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
「王道の出会い」って、どのような出会いを指すのでしょうか? 仕事関係や趣味のコミュニティで自然に出会うのが王道でしょうか? 友達からの紹介も、「王道の出会い」に該当するでしょうね。「王道」で出会えるに越したことはないのでしょうが、世の中そううまくいくとは限りません。邪道……とまで言いませんが、非・王道な出会いから、真剣交際へと発展する可能性を考えたいと思います。

■アダルト色の強い「出会い系サイト」での出会いってアリ?
最近は、健全な出会いが期待できるマッチングアプリが流行っていますが、そうではなくアダルト色の強い出会い系サイトも存在します。使い慣れていない人は、両者の見分けがつかず、自覚のないまま出会い系サイトを利用していたりするものです。また、出会い系サイトと分かっていても、恋人ではなく遊び相手を探す気楽な感覚で利用するケースもあるでしょう。

男と女が面白いのはここからで、遊び感覚で利用していた出会い系サイトから、本気モードの恋愛に発展したりするものです。そういった場合、序盤は良くても後々悩んだりするようですが、筆者の女友達には、出会い系サイトから結婚に至った夫婦も存在しますよ。披露宴のスピーチでは、「お二人は○年前の○月、運命的に出会い……」と紹介されていました。運命という言葉の便利さに感心させられましたが、要するに運命と思えば良いのです。

■クラブや街頭での「ナンパきっかけ」の出会いってアリ?
先日、後輩女性から「クラブでナンパしてきた男性ってアリですかね?」と質問を受けました。それに対して、「アリに決まっているでしょ!」と即答した筆者。筆者の感覚では、「クラブ=ナンパをするため・されるために行くところ」です。真のクラブ愛好家からは、「音楽や踊りを楽しむところ!」とお叱りを受けそうですけどね。

クラブに限らず、終電後の駅前など、街頭でのナンパもノープロブレムと、筆者は思っております。筆者自身、街頭ナンパきっかけの出会いを何度か経験しておりますが、相手男性に対して、「所詮、ナンパ男なのだから、よそでも女を引っかけているに違いない!」という不信感は不思議と湧かないものです。そう考えると、「所詮、ナンパについてくるような女……」などと軽く見られることもないでしょう。

個人的には、現代男性の草食化が著しい昨今、街頭で声をかけるというアクションを起こせる男性に、むしろ拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。肉食系男子ご希望の女性は、ぜひ街頭ナンパに立ち止まってみることをオススメします。

■飲み屋さんやエッチなお店の「お客様」「男性スタッフ」ってアリ?
本業とは別に、週末の夜などを利用して、飲み屋さんやエッチなお店でアルバイトしている女性もいるかと存じます。お客様として訪れた男性と、プライベートで親しくなるケースもあるでしょう。また、お客様以上に多いのが、ボーイさんなど「男性スタッフ」と密な関係になるケースです。お店としては、お客様との恋愛も男性スタッフとの恋愛も禁止にしているのでしょうが……。

実際のところは、禁止と掲げられつつも、みんなやっています。筆者も、20代の頃に携わっていたナイトワークで、男性スタッフさんへ恋心を抱いた経験がございました。当時の筆者は、「男性スタッフとの個人的な交流禁止」という規則をばか正直に守っておりましたが、辞めた後で同僚女性から、「誰と誰が付き合っていて……」などの事例をいくつも聞かされ、だったら自分もアプローチすべきだったと、悔しい思いをした経験がございます。一応恋愛禁止の決まりなので、堂々と規則違反をするのはアウトですが、周囲にバレないよう、こっそり恋を仕掛けるのもスリルがあって楽しいでしょう。

今回、ここに挙げた以外にも、非・王道の出会いはたくさんあるかと存じます。いずれのケースも、きっかけは何だって良い、大事なのは今後築いていく未来です。出会い方にこだわらず、恋愛を謳歌したいものですね。
(菊池美佳子)

http://top.tsite.jp/news/o/24627192/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

女性に限らず男性にも言えることですが、
彼氏彼女と「どこで出会ったか?」を
気にする方は意外と多いもの。

ただ、この記事の筆者も言っているように
どこで出会おうがその後どうした以下の方が
遥かに重要なのは間違いありません。

出会い系だろうとナンパだろうと、
あるいは夜のお店で知り合った場合であっても、
「運命の相手」ならば関係ありません。

周りや体裁を気にするくらいなら、
運命を信じる方がロマンチックですよね。
カテゴリー : 風俗ニュース
sanmarusanのエロ活 エッチに興味のある女性多数登録中!《セフレ募集女子》
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」つまり「風営法」は、いわゆる飲む・打つ・買うの道楽を清浄な風俗環境の維持という観点からその規制の対象として、少年の健全な育成、例えば18歳未満の雇用の禁止など様々な禁止事項を定めています。

いわゆる「社交飲食店」(例えばキャバクラ等)も「歓楽的雰囲気を醸し出して客をもてなす」(接待)行為をする業態として、規制の対象としています。

●キャバクラなどが規制されるケース

この規制について代表的なものを2点あげるとすれば、場所的規制及び人的規制ということになります。
前者は、学校などの保護対象施設から一定の距離を置かないと営業許可を取得できないものであり、後者は、犯罪を犯した後一定期間経過しない者に対しては、許可を与えないといった規制です。

このようにいわゆる社交飲食店については何処でも誰でも営業できる訳ではなく、かなり広範な規制の下、営業しているのが実状ではありますが、憲法上この点を吟味してみても、清浄な風俗環境の維持という公共の福祉は、営業の自由に優先されるべきであり、これを過度な規制ということはできないと思います。

●ガールズバーはいいのか?

そうすると、このような規制を受けないガールズバーの存在をどのように考えればよいでしょうか?

そもそもガールズバーにおいても社交飲食店の許可を取得して風俗営業として経営している店舗も多々あります。
このように許可を取得して経営していれば、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律を遵守していれば法的には何の問題もないでしょう。

しかし、脱法的な経営、すなわち、実質社交飲食店の形態をとりながら、許可を取得せずに営業している形態も多いのもまた事実、たびたび無許可営業で摘発されています。

ただ、明確な「接待」がなされている場合は別ですが、その「接待」の概念(歓楽的雰囲気を醸し出して客をもてなす行為)も極めて抽象的なものであり、解釈指針によっても微妙なケースが多々あります。

そうであるとするなら、広範な規制を置く風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に明確に違反している訳でもなくただ、ガールズバーということだけをもってしてこれを摘発することは前記の憲法上認められたら営業の自由に対する過度な規制となり、萎縮効果を及ぼすものとして許されないものと考えられます。

ガールズバーそのものが清浄な風俗環境を害するなどの国民の見解があれば、それは立法により解決されるべきであり、現行法での規制は限界があるものと思われます。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150622/Imedia_65174.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

意外に思われるかも知れませんが、
実はバー営業は「風営法」の管理下に置かれています。

管理下に置かれているということは、
実際には規制をされているということですね。
カテゴリー : 風俗ニュース
sanmarusanのエロ活 エッチに興味のある女性多数登録中!《セフレ募集女子》
一発風俗SEOちゃんねる