関西大阪 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西 > 大阪

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)

中学1年の女子生徒2人をガールズバーで働かせたとして、大阪府警少年課は21日までに、労働基準法違反の疑いで、経営者の大阪市天王寺区国分町、牧大輔容疑者(30)と、大阪府の少年(18)を逮捕した。

少年課は20日夜、牧容疑者が経営する大阪市都島区の店や近くの系列店など7店を家宅捜索。大阪や京都、奈良の中3の少年少女11人が働いており、いずれも保護した。

牧容疑者は「身に覚えがない。店は任せていた」と話し、少年も「自分はボーイだ」といずれも容疑を否認している。

逮捕容疑は共謀して昨年11月、中学生であることを知りながら都島区のガールズバーで、当時中1だった13歳の女子生徒2人を働かせた疑い。

少年課によると、女子生徒2人は「約2カ月で3〜6回出勤した。朝5時まで働いたこともある」と話しているという。

http://www.sanspo.com/geino/news/20160521/tro16052111430006-n1.html


風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
中学生を朝5時まで・・・・
アカンやろ・・・
こーゆーずさんな経営するやつおるから、この業界の印象が悪くなるねん・・・。
でもなんで中学生の子たちはここで働くって決断して働いてたんだろ??
親とか何も言わんのかな!?!?
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 大阪
ミセスモンロー
モンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)

2020年、東京オリンピックを機に大規模な浄化作戦が行われ、日本の風俗産業は壊滅するのではと噂されている。

いささか突飛な話のようにも聞こえるが、これは事実無根の憶測でも、から生まれた都市伝説でもない。事実、過去には国際的なイベントが国内で開催されるのにともない、大規模な浄化作戦が行われたことがある。その一例が、90年に大阪市と守口市にまたがる鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」(花博)の際の浄化作戦だ。これにより、
キタとミナミ両地域に存在していたソープランドは一掃されている。

このように、現在、風俗業界はまさに存続の危機に立たされているわけだが、風俗が消えてしまって困るのは夜の街を歩く男たちだけではない。
風俗がなくなってしまえば、そこで働いていた女性たちも路頭に迷ってしまう

「貧困女性の最後のセイフティネット」

働く女性の3人に1人が年収114万円以下と言われ、現在「女性の貧困」に関する問題が盛んに指摘されるなか、このような言葉が多く聞かれるようになった。風俗業界は、単なる悪所ではなく、いまやここでしか生きていくことのできない人たちのための最後の砦となっている。

しかし、その風俗ですら現在ではまともに稼ぐことのできる産業ではなくなり、貧困に対するセイフティネットとしても機能しなくなりつつあるという。15年近く風俗嬢たちにインタビューをし続けてきたライターの中塩智恵子氏は『風俗嬢という生き方』(光文社)のなかで次のように綴っている。

〈この15年では、2005年の風営法の改正が、日本の、特に首都圏での風俗業界にとって大きな転換期だったように思える。街にあった店舗型風俗店が衰退し、無店舗型の派遣風俗が増加した、街からは妖しく光るネオンといかがわしさがかき消され、風俗街へ赴き遊ぶというスタイルから、自宅やホテルへ呼んで遊ぶスタイルが主流になった。
(中略)
売る側にとっては法改正以降、店舗間の競争が激化した。それによりサービスに付加価値(人によってはそれが本番行為になる)をプラスしなければならなくなった。しかしそれに見合った金銭的なリターンはさほど得られない。そこへ追い打ちをかけるように景気後退がやってきて、以前より格段に儲からない商売となった。やがて景気の冷え込みから、売る人がさらに参入してくるようになり、どんどんうまみのない仕事になっていった。それでも風俗嬢になる人は後を絶たない。1990年代に援助交際という言葉が流行り出してから、裸でお金を稼ぐことが素人に一般化してきた。この性の概念の変化が、売る人が減らない理由にもなり得るし、落ち込み続ける景気後退がその理由にもなり得るし、子供を抱えてシングルマザーとして生活しなければならないのに女性の雇用状況は不安定だったり......と、社会の仕組みがその理由にもなり得る。とにかく、これらさまざまな要因が複雑に絡み合って現在も風俗業界をつくりあげている〉

現在全国に35万人〜40万人いるといわれている風俗嬢のなかで、月収25万円以下の人は全体の63%、そしてその半分近くは月収10万円以下との調査データもあり(「実話ナックルズ」16年4月号/ミリオン出版)、いまや体を売ってもその収入で食べていくのは至難の業となりつつある。

その典型例が、『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』(中村淳彦/ミリオン出版)に登場する53歳の風俗嬢・安西貴子(仮名)さんだ。20歳から風俗業界で生計を立てていた安西さんだったが、48歳のときに働いていた風俗店がなくなってしまった後は、ついに体を売って生計を立てることすらできなくなってしまう。これには安西さん自身の加齢による事情もあるようだが、理由はそれだけではない。やはり、風俗業界そのものがなかなかお金を稼ぎづらい業界になってしまっている。

安西さんもつい最近まではギリギリではありつつも風俗でなんとか食べていくことはできていた。若い頃は月収40万〜45万円、最近でも20万〜25万円稼げていたからだ。だが、急変したのはここ最近。「苦しくなったのは3、4年前かな。震災の後から、どこの店も雇ってくれなくなって。本当に断られすぎて疲れました」と語る彼女は現在、今でもつながりのある元指名客と直で取引して個人売春を行い、月収9万円ほどで暮らしているという。ここまでくると生活保護など福祉との接続を考えたほうがいい状態だが、申請するための知識を教えてくれる人も周囲にいないので、生活保護を受給するということに思いいたらず、厳しい生活を続けている。

また、熟女系風俗店のメッカ・鶯谷のデリヘルで働く50歳の渡部美幸(仮名)さんも、同様に稼ぐことができなくなってしまった事例だ。20年前に風俗業界入りし、はじめは月収50万ほど稼げていたが、その状況は99年に風営法が改正されてデリヘルが激増したころから風向きが大きく変わる。10年ほど前からは風俗で稼げる額が月20万を割り、いまでは本番風俗店で働きながらも、出勤して1日中お店にいても1万円稼げればいいほうだという。

風俗業界がこのように稼げない世界になってしまった理由は複合的だ。長引く不景気も理由の一つとしてあげられるだろうし、男たちの風俗離れというのも大きな要因であろう。出会い喫茶やJK産業など、既存の風俗産業とは違う法的にグレーな場所で体を売り・買う行為が横行しているということも関係しているだろう。

しかし、そのなかでも最も大きな原因としてあげられるのが、風営法改正とそれにともなうデリヘルの激増。この法改正により店舗型の風俗店に対する規制は厳しくなり、その代わりデリヘルが増えた。そして、風俗嬢の数が増えたことにより客の取り合いとなり、裸のデフレ化が起きる。

その結果進行したのは、サービスの過激化だ。飲尿やAF(アナルファック)など、これまでは限られた人しかOK項目にしていなかったような過激なオプションまで受け入れざるを得なくなる。しかし、それだけトラウマなりかねないようなサービスをしても、かつてであれば三桁台の月収を稼げていたであろう人が、いまでは一般的なOL並みの給料、もしくはそれ以下の稼ぎしか得ることができなくなっている。

先日当サイトでも取り上げたが、最近では、応募者全員を採用する30分3900円の激安店が、在籍女性を生活保護などの福祉と接続するべく、NPO法人と協力して弁護士や社会福祉士との無料相談会を行っている例もある。根本的には日本社会全体の問題でもあり、まだ始まったばかりの取り組みがどれほど効果をあげていくのかは未知数だが、もはやセイフティネットとして機能しなくなりつつある風俗産業の状況をみると、このような救済策が急務になっていることは間違いない。

(田中 教)

http://news.livedoor.com/article/detail/11521704/


風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
これって要は、風俗で働いて儲けてる子もいれば、そうでない人もいるってことでしょ??
風俗業界のせい、景気のせい、とかにするんじゃなくて、業界なんて関係なく、なんであの人は儲けてて、なんであの人は儲けてないのか?と働く人が分析すればいいんじゃないの??って思うのは私だけ???
ただただ働くだけでは意味がないんだよー!ってことやと思う!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
熟女家 豊中蛍池店
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)

大阪府警生活安全特捜隊は18日までに、出会い系サイトを使い女性に売春させたとして、売春防止法違反(管理売春)容疑で大阪市城東区のアルバイト亀山悠司容疑者(35)ら2人を逮捕した。


同隊によると、売春させられた女性(23)は「1カ月ほどで約500人の客を相手にした」と説明。亀山容疑者は「売春は勝手にやったこと」と容疑を否認している。


逮捕容疑はことし3〜4月、亀山容疑者の自宅や親族名義のマンションに17〜23歳の女性3人を住まわせ、ホテルで売春させた疑い。


亀山容疑者らは「もうかる仕事を紹介する」と交流サイトで女性を集め、客からサービス料数万円を取っていたが、女性らに報酬を支払っていなかった。3人は「亀山容疑者が怖くて逃げられなかった」と話している。


http://www.sanspo.com/geino/news/20160518/tro16051819080010-n1.html


風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
1ヶ月に500人のお客さんを相手にして、報酬なし!?!?
17〜23歳の女の子ををマンションに住まわせる!?!?
交流サイトで女性を集めた!?!?
ちょっと不思議なのが、、なんで、知らない男の人のマンションに住んで働いたんやろか??
何かしら、困ってることがあって、そうせざるを得なかった??
もしもそんな人がいたら、弱みに付け込まれないように働かせてあげられる環境があったらいいのになって思う。
だっておカネがないときの苦しみ、すごい分かるし、何もできないから、誰かを頼るしかないことも分かる。。。
キレイ事だけでは生きていけないのも分かる。
おカネもない、住むところもない、その状況下の人たちが健全に働ける環境の大切さが、よく分かるニュースだと思った!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: ホテルヘルス
地域詳細タグ: 大阪
モンロー
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
一般のマンションを利用した「マンションヘルス」などの風俗店を禁止地域で営業したとして、大阪府警は9日、風営法違反(禁止地域営業)容疑で5店を摘発、経営者や従業員ら計14人を逮捕したと発表した。

逮捕されたのは、大阪市中央区高津のマンションヘルス店「ピポレット」を経営する韓国籍の男(38)や、大阪市北区堂山町の店舗型ファッションヘルス店「小楽園」経営の中国籍の女(47)ら。男は「女性従業員が勝手にやっていたことだ」と容疑を否認しているという。

男の逮捕容疑は9月8日、大阪市中央区内に借り上げたマンションで、女性従業員に対し、室内で男性客への性的なサービスをさせたとしている。

府警によると、男は大阪市内6カ所のマンションで計13室を借り上げ、風俗店を経営。「マンションヘルス」と呼ばれ、一般的なマンションを利用するため、「自宅にいるような感覚でサービスを受けられる」などとして人気を集めていたという。
http://fuzoku-news.blog.jp/archives/68440651.html 2015.9.9 19:24


風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「女性従業員が勝手にやっていたことだ。」って絶対書いてるよね
実際そうなんだろうと思うけどこれしか言いようないよね〜
「はい、強制でやらしてましたって言う奴いるわけ無いし(笑)
風俗店が無くなったら犯罪が増えるだろうね〜
そうなったら大変だ〜( ゚Д゚)
カテゴリー : 風俗ニュース
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人(30歳) (30歳)
「私は六本木の高級キャバクラでも働いたことがありますが、女の子のレベルは飛田新地のほうが上だと断言できます」

大阪・飛田新地(元飛田遊廓。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓)といえば、今でもディープな売春地域というイメージが浮かぶが、『週刊ポスト』がその飛田新地に普通の女子大生が殺到していると報じている。それも冒頭のように、飛田でアルバイトをしている女子大生がこう証言しているのだ。ほんとかね?

飛田の元料亭経営者で、現在もスカウトマンとして活動する杉坂圭介氏がこういう。
「『料亭』が作る組合のしっかりした管理により、暴力団排除から性感染症の防止策まで徹底している。昔の『怖い』『怪しい』『暗い』というイメージは薄れてきている」
どうやらほんとらしい。インターネット上に洒落た求人ページを作って女性を勧誘していることも、女子大生の応募が増えている理由だそうだ。

都内の名門大学に通う4年生の聡美さん(仮名)もインターネットの求人広告を通じて応募したという。ある求人ページには「大阪出稼ぎツアー 目指せ1週間で100万円」という見出しで、7日間で114万円を稼ぐシミュレーションまで載っているそうである。そのため、採用されるのも大変なんだそうだ。ある店舗経営者がこう話す。
「一般の人は驚くかもしれませんが、応募は殺到しています。ハッキリいって今は買い手市場。書類審査で半分ぐらい落とします。その後、500人ほど面接しても受かるのは70〜80人だから採用率は2割に満たない」

なぜ人気なのか。おカネももちろんだが、ここで働いてもバレないという安心感が結構引きになっているそうだ。冒頭の女子大生がこういっている。「飛田新地は女の子を紹介するホームページもないし、街全体が写真撮影を禁止している。面接でも『絶対バレないようにするから』とお店の人にいってもらった。バレるリスクが少ないのは最大の安心です」

 聡美さんは1週間で80万円稼いだテクニックをこう明かす。
「講習の時に、稼ぐためには『気持ちを相手にいっぱい伝えよう』と教えられます。フェラチオの時は上目遣い、唾液を溜めて音を立てると喜んでくれます。喘ぎ声も大きめに、感じる表情も豊かに。そうすると早くイッてくれます。そこがポイントなんです」

100万円を稼ぐには、飛田新地で主流の20分コースで1日20人の相手をする必要があるという。したがって、人数をこなさなければならない。聡美さんは客が早く果ててくれるよう工夫を怠らなかったそうだ。客層も変化しているようだ。ここでも最近は円安やビザ緩和の影響で中国人観光客が急増していて、京都や奈良の観光ツアーの中に飛田新地が組み込まれたものもあるという。

http://www.j-cast.com/tv/2015/02/19228318.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

「女の子を紹介するHPがない」というのは風俗業界では考えられないですが、集客の基礎ができている飛田新地だからこそ成り立つのでしょうね(驚)。

組合や警察などの取り決めの中で「女の子をPRするHPは作らない!」ということになっているのかもしれません。


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 大阪
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
画像掲示板【DANJOweb♂♀】