関西 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
「バレンタインの前の日しかないぜよ。どうする?」

京都市南区のマンションで平成25年2月13日、住人の男性=当時(38)=が殺害された事件は、「東大大学院教授」を騙る50代後半の男が、風俗店で知り合った30歳年下の“花嫁”に送ったメールが殺人の決行日を決めた。
「幸せな花嫁さん愛しています」。
事件前日にはそんなメールを送った男だが、花嫁に披露していた自身の肩書はすべてがデタラメだった。
一方、両親へのあいさつやウエディングドレス姿での写真撮影も済ませ、事件翌日に入籍しながら、花嫁は法廷で「店のいい客だった」と恋愛感情を否定した。
欺し欺され合った男と女。事件の真相はどこにあるのか。
京都地裁は女に対し懲役11年(求刑懲役13年)を言い渡した。
男の公判はこれからだ。

■人生かける価値ある女

元交際相手の男性に対する殺人罪に問われたのは、元風俗店店員の無職、西川麻衣被告(26)だった。
共犯として起訴された“夫”は、克己被告(56)。
年の差30歳の新婚だった。

法廷では、犯行前の数日間、克己被告が麻衣被告に送ったメールが読み上げられた。

25年2月4日「心を強く持って。僕の人生かける価値のある女なんだからね」

同7日「バレンタインの前の日しかないぜよ。どうする?」

同11日「みんなにも幸せな結婚する新婦、吹聴してね」

そして事件前日の12日「幸せな花嫁さん愛しています」

「今日が最後の1日だからね明日会おうね」

「明日の着物は靴まで捨てる。新婦は真新しい着物に着替えます」

それに対し、“花嫁”は、「生涯かけて旦那様を愛します」

「あなたのそばにずっといます」。
そんなメールを返していた。

事件決行の翌日の14日、2人は入籍した。

しかし、その後、起訴され、証言台に立った麻衣被告は「店のいい客だった」「結婚するつもりはなかった」と語り、克己被告への恋愛感情を否定した。

■信頼と恐怖の紙一重

克己被告は、インターネットの交流サイト「フェイスブック」で、東京大大学院を修了し大学教授、大学院教授、総長職務代行を歴任した−と自己紹介し、麻衣被告にも「東大院教授」で「弁護士」などと自分の肩書を披瀝(ひれき)していたが、男である以外、そのすべてが嘘だった。

実際には、逮捕時の職業は、障害者向けの就職支援情報収集会社に3カ月間採用された契約社員。
ただ、中央大を卒業し、群馬県内の社会福祉系大大学院で教授として勤務していたことはあったらしい。

法廷で弁護士から、「いつ嘘だと知ったか」と問われた麻衣被告は、「逮捕されてからです」と答え、その時の心境について「信頼から恐怖感に変わった」と告白した。

■熱海で練った犯行計画

25年1月27、28日、日曜から月曜にかけて熱海に泊まった2人は、そこで男性の殺害計画を立てた。

一人暮らしの男性の自宅で殺害すること、凶器には刃物を使うこと、現場まではレンタカーを借りて向かうこと…。
そして28日、2人は東京・築地で包丁を買った。

店員に怪しまれないよう出刃包丁と柳刃包丁の2本を購入したというが、手続きなどで痕跡を残しやすいレンタカーを使うこと自体、犯行計画としては稚拙(ちせつ)だった。

「いつまで待たせるんだ、なんとかしろ」。
事件の直接のきっかけは熱海旅行の約1週間前、克己被告の自宅でのそんなやりとりだったという。

男性との電話をなかなか切れない麻衣被告に、克己被告は「僕の家で電話するな」と激高した。

以前から男性に別れを切り出すものの、なかなか断ち切れずにいた麻衣被告は、「自分の力では解決できないが、待ってほしい」と懇願した。

「そんな男、生きてる価値はない」

克己被告の一言が意味を持った。

■奇妙な三角関係

検察側の冒頭陳述などによると、麻衣被告は22年ごろから男性が経営する風俗店で働き始め、男性宅で同居も始めた。
しばらくすると男性は麻衣被告に暴力を振るうようになり、稼いだ金も取り上げるようになった。

克己被告とは23年ごろ、店の客として知り合った。
麻衣被告を気に入った克己被告は、指名を繰り返すようになり、2人は同年の夏あたりから男性に隠れて交際をスタートさせた。

1年近くこの奇妙な三角関係は続いたが、暴力や脅しに耐えかね、麻衣被告は24年初め、男性宅から京都府京田辺市の実家に逃げ帰った。

男性は、その実家にも押しかけて「麻衣を出せ」と騒いだが、麻衣被告の両親が110番。
両親や警察官が離れて見守る中で2人は話し合い、同居を解消した。
事件発生の1年前、2月14日の出来事だった。

そして、その年の10月、克己被告からのプロポーズを受けた麻衣被告は、両親へのあいさつやウエディングドレスを着て写真撮影をするなど、結婚に向けて準備を進めていく。
しかし、男性との付き合いも完全には断ち切れなかった。

法廷での審理を踏まえても、当時、麻衣被告の本心がどこにあったのか、2人の間に「愛」や「殺意」がどこまであったのか、定かではないようにみえた。

判決は「日頃、男性から様々な要求をされた上、暴力を振るわれたり脅されたりしたこともあったため、被告人に同情すべき点は認められる」とした上で、「男性宅で寝泊まりすることを求められていた週2回程度以外は、実家などで生活することができていた上、居酒屋で働いたり、克己被告や他の男性と会ったりするなど、自らの判断で外出ができていた」と指摘。
「弁護人が主張するほどの支配従属関係にあったとは考えられないし、家族や警察に相談するなど、他の手段をとることも十分可能であった」とした。

■バレンタインデー

事件は、2人が入籍した25年2月14日に発覚した。

「息子と連絡が取れない」と母親から連絡を受けたマンションの管理人が、男性の部屋に合鍵を使って入ったところ、血まみれになった男性がリビングのソファで仰向けの状態で倒れているのを見つけた。

男性の胸などには刺し傷が数カ所あった。
一部は深さ20センチもあり、心臓にまで達していた。明らかな殺意が推測できた。

男性の携帯電話の通話記録や、殺害現場から検出された克己被告のDNA、現場周辺の防犯カメラに写った画像などから割り出した2人を府警が逮捕したのは、その2カ月後だ。

麻衣被告の弁護側は最終弁論で「被告は男性から支配される一方、克己被告から殺害を迫られて犯行に及んだ」と述べ、「殺害の計画を立てたのも、実行したのも克己被告」とし、殺害への積極性はなかったと主張した。

しかし、地裁は判決で「克己被告と結婚しようとしていた被告が、男性からの束縛を逃れるという自らの目的で本件犯行に及んだ」と判断。
麻衣被告と克己被告が結婚するために男性の殺害を計画、工事関係者を装って訪問した克己被告が男性を包丁で刺殺したと認定した。

そして、「犯行現場に男性を誘い込むなど重要な役割を果たした」と、麻衣被告の殺意も認め、懲役11年を言い渡した。麻衣被告は控訴せず、刑は確定した。

互いに欺し欺され合いながら、殺人の共犯となった30歳の年の差カップル。
今も婚姻関係は法律上続いたままだ。
これから始まる公判で“夫”、克己被告は何を語るのだろうか。

http://blog.goo.ne.jp/dxo186556_001/e/39a95f54ea39141f418969d9b8a73927

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

実はこの克己被告(詐欺師の男性)ですが...
アマゾンに著書が売ってるくらいの頭脳の持ち主だったようです。

※殺人を犯している時点で頭は悪いと思いますが(汗)。

しかも...過去には祉系の法人の理事にまでなったそうな。

※使途不明金を出しまくってクビになってたらしい(笑)。

どんなに女性に入れ込んだとしても
殺人は絶対にやっちゃいけないよね (。□。;)!!!


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 京都
人妻茶屋 梅田店 営業用
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
4月22日に発売された「週刊新潮」(新潮社)で『「死ぬまでセックス」を真に受ける「初老男」に「いきなりエイズ」の落とし穴』という衝撃的な記事が掲載された。

この記事ではシニア専門デリバリーヘルス店在籍の風俗嬢や、吉原・ソープの元従業員などの証言をもとに、年老いてもなお、性欲旺盛なシニアについて報告されると同時に、次のような懸念が示されている。

今年の2月に厚生労働省のエイズ動向委員会のデータによると、新たなHIV感染者は1,075人、エイズを発症した患者は445人と発表された。しかし、検査をしていない人も多くいるため、年間4,500人近いHIV感染者が新たに誕生しているという。また、HIVの感染を知らずに、ある日突然、エイズを発症する「いきなりエイズ」は、シニア層が群を抜いて多いことが報告されている。

この問題は、国内外での風俗の利用時にコンドームを装着しないことや、検査をおろそかにしていることが原因だとされるが、果たして、風俗の現場ではどのような対策がされているのだろうか? 風俗店の現状を調べることにした。

■恐ろしいのはエイズだけではない! 新型の淋病が流行中!!

まず、取材に応じてくれたのは、ソフトSM系の熟女デリバリーヘルスで働くMさん(44歳)。アナルプレイも可能な風俗嬢である。

Mさん自身は、持病もある上、STD(性病・性感染症)に気を使っていることもあり、23カ月に1度、自主的にクリニックでの検査を受けているという。しかし、店自体では義務づけられていないことから、ほかの風俗嬢たちがSTD検査をしているかはわからないそうだ。さらにMさんはエイズのリスクについてこう言う。

「私はアナルセックスをする時に、コンドームを必ず装着してもらっているのですが、中には嫌がる人もいるのは事実。そういう人と行為におよんで、射精でもされたら、HIVに感染する可能性は、膣に中出しされるよりも高まります……。だから、私は『生でアナルに挿れると、尿道炎になるよ。直腸の中って大腸菌とか雑菌がいっぱいいるんだよー』などと男性側に危険性を伝えて、コンドームの着用を促しますが、うまくあしらえない人は、生でやっているんじゃないでしょうか」

また、Mさんは、喉(フェラチオによる)や目(顔射による)にもクラミジアや淋病が感染する可能性があるため、医師から処方された抗生剤や、予防のためのうがい薬を常備している。クラミジアや淋病に感染すると、HIVに感染する確率が飛躍的に跳ね上がってしまうためだ。

しかし、万全な対策をしているとはいえ、100%の予防ができるわけではないと言う。特に最近は薬の効かない、新種のスーパー淋菌“H041”という淋病が、09年、日本で発見されて以降、急速なスピードで世界中に広まっている。一度わずらえば、現代の医学では治すことができないだけに、エイズ同様、淋病だって充分に恐ろしいリスクをはらんでいるといえそうだ。

■コンドームをせずに挿入し続ける84歳の老女

現在、風俗全体で最も多い業種はデリバリーヘルス。通常は性行為は禁止のはずだが、実際は、本番を可能にしている店もあるようだ。とある風俗嬢から、「全体のおよそ6割のお店が裏で本番をしている」と聞いたこともある。不景気ということもあり、お金のために本番を強いられる女性も多いのだろう。

そうした、デリバリーヘルスの本番行為について、鴬谷にある超熟女専門デリバリーヘルス在籍中のAさん(84歳)に話を聞いた。

「私はもう閉経しているから、中で出して大丈夫なのよ。だから、新聞紙を広げて、その上にお客さんが発射した精子を放出し『こんなにいっぱい出たわよー』というプレイをするんですが、結構、喜ばれるんですよ」

この風俗嬢は、1日に多いときで34人の客がつくという。価格は70分2万円ポッキリ。お客さんの年齢層は、2070代くらいと幅広い男性が訪れるのだそうだ。

彼女が働いた期間は2年間。1カ月で60〜90人の男性と性行為を行っていると見積もって、述べ人数は1,5002,000人以上にも上る。そのなかのすべての男性とコンドームをせずに、事におよんでいるとは考えられないが、かなりの人数の男性と無防備なセックスをしていることになる。

HIVの検査をしたことはあるのだろうか? そう質問を投げかけたが、Aさんは何も答えてくれず、無言のままだった……。年齢のことを差し引いても、そのようなサービスを売りにする風俗嬢に対して、聞くべき質問ではなかったと後悔したが、ひとつ言えることは、定期的な検査を義務づけているソープ以外の風俗へ行く時は、絶対にコンドームを装着した方がよいということだ。

現在、エイズは相変わらず不治の病ではあるが、「発症したら必ず近いうちに死に至る病」ではなくなった。薬を飲んで治療を行えば、いわゆる平均寿命まで生きる例も少なくない。もし、身に覚えがあって、不安に感じたときは、必要以上に恐れず、検査に行くことをお勧めする。
(文=中山美里)

http://tocana.jp/2015/06/post_6559_entry.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

新種のスーパー淋菌“H041”。
恐ろしいですね…。

風俗で楽しく遊んでもこういう恐ろしい病気に
かかる可能性があるならちょっと躊躇してしまいそうです。

とはいえ風俗嬢も遊ぶ男性もどちらもしっかり
気を付けていればこんな病気はならないはず。

ハメを外さないように皆さんも気を付けましょうね。


カテゴリー : 風俗ニュース
ミセスモンロー
大阪ファッツ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
都会の片隅でぼんやりと灯をともす、とあるバー。仕事帰りにふらりと立ち寄り、見知ったり見知らなかったり、とりあえず隣に座った男性と酒を酌み交わし、男の生態について考える酒屋探訪記。今回は、バツイチ30代の男性との「風俗や遊び」に関する本音トークをご紹介すす。

■浮気話や風俗ネタ……男性の本音って?
本日の本音トークのお相手はバツイチ、30代でオシャレに余念のないイケメンK君。
彼とはかれこれ二十年以上、お互いケも生えない頃からの長ーい付き合いなので、我々の間にロマンスの香りなどは一切なく、明け透けに浮気話や風俗ネタを披露してくれる。酔っぱらって2人で店を出たとしても誰に疑われることもなく、タクシーを相乗りして帰るだけの悲しくも清々しい関係である。

そんなK君だが、顔はイケメン。モテないわけではないので遊ぶ女の子には困ってはいない様だが、風俗というのは別物らしく、やたらとそちらの事情に詳しい。デリヘルでぽっちゃり系をリクエストしたら関取級が来てさすがに勃たなかった、コールガールを家に呼んだらコワモテの男が出てきて揺すられそうになった……などなど、単なる笑い話から段々エスカレートし、最後には決して活字にできない犯罪すれすれの所行まで披露してくれた。若い頃のことだとは言うけれど、途中からどん引きしているこちらの顔色を気にしたのか、取り繕う様に彼が言った言葉がこれだ。

「まあ風俗も浮気も人生経験だからね」
――男がよく使う言い訳「人生経験」「自己責任」。

でも、そんな簡単な言葉で切り捨てられる程、世の中割り切れる簡単なことばかりではない。
無責任な「自己責任」と同様に、経験を生かしきれていない「人生経験」ほど恥ずかしいものはない。風俗や遊びで経験したものが実になっていればいいのだが、いい年をして相も変わらずチャラチャラと女遊びをくり返している彼から成長の跡は見て取れない。

山口百恵の『プレイバックPart2』ではないが、「坊や、一体何を教わって来たの?」である。

あの時間があったから今の自分がいる、と言うなら分かるのだが、経験を積んでそれ(現状)かい! と突っ込まれるくらいなら、使わない方がいいと思うのだ。「人生経験」なんて大層な台詞。

「若い頃遊んでないと結婚した後が大変」などと言われることが、彼ら「ビバ! 人生経験」族に勇気を与えてしまっているとしたらとんでもない勘違いだ。その先に成長があればこそ、「経験」も語れるというもの。階段を上らないうちに振り帰った所で見える景色は変わらないのに、なぜ遠くを見る様に「人生経験」などとうそぶく。下手な言い訳をするよりも「いくつになっても風俗大好き!」と言っている方がまだマシだと思うのだが。

その経験を糧に、いつかちゃんと本当の愛をつかめよ。なんて心の中でK君にエールを送りながらグラスをかたむけていると「お前もそろそろ良い相手見つけろよ」なんて心配されてしまい、「あら、そう言えば立ち位置変わらないわ」という悲しい事実に気付く丑三つ時であった。
(本木たま)

http://top.tsite.jp/news/o/24272410/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

これは男性には手厳しい意見ですね。笑

確かに風俗行く=人生経験みたいに語る
男性は多いはず。

風俗に行ったことのない新入社員とか若手社員に
「お前も風俗行って男磨いてこい!」なんて
偉そうに言う上司はいっぱいいますよね。

だけど大切なのは本当にそれを経験値として
活かせているかどうか。

チャラチャラ遊んでるだけじゃイケメン度なんて
上がるもんじゃないですよね。

まあたまーにチャラ男なのにしっかり者とかも
いますけど…。


カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人(30歳) (30歳)
「私は六本木の高級キャバクラでも働いたことがありますが、女の子のレベルは飛田新地のほうが上だと断言できます」

大阪・飛田新地(元飛田遊廓。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓)といえば、今でもディープな売春地域というイメージが浮かぶが、『週刊ポスト』がその飛田新地に普通の女子大生が殺到していると報じている。それも冒頭のように、飛田でアルバイトをしている女子大生がこう証言しているのだ。ほんとかね?

飛田の元料亭経営者で、現在もスカウトマンとして活動する杉坂圭介氏がこういう。
「『料亭』が作る組合のしっかりした管理により、暴力団排除から性感染症の防止策まで徹底している。昔の『怖い』『怪しい』『暗い』というイメージは薄れてきている」
どうやらほんとらしい。インターネット上に洒落た求人ページを作って女性を勧誘していることも、女子大生の応募が増えている理由だそうだ。

都内の名門大学に通う4年生の聡美さん(仮名)もインターネットの求人広告を通じて応募したという。ある求人ページには「大阪出稼ぎツアー 目指せ1週間で100万円」という見出しで、7日間で114万円を稼ぐシミュレーションまで載っているそうである。そのため、採用されるのも大変なんだそうだ。ある店舗経営者がこう話す。
「一般の人は驚くかもしれませんが、応募は殺到しています。ハッキリいって今は買い手市場。書類審査で半分ぐらい落とします。その後、500人ほど面接しても受かるのは70〜80人だから採用率は2割に満たない」

なぜ人気なのか。おカネももちろんだが、ここで働いてもバレないという安心感が結構引きになっているそうだ。冒頭の女子大生がこういっている。「飛田新地は女の子を紹介するホームページもないし、街全体が写真撮影を禁止している。面接でも『絶対バレないようにするから』とお店の人にいってもらった。バレるリスクが少ないのは最大の安心です」

 聡美さんは1週間で80万円稼いだテクニックをこう明かす。
「講習の時に、稼ぐためには『気持ちを相手にいっぱい伝えよう』と教えられます。フェラチオの時は上目遣い、唾液を溜めて音を立てると喜んでくれます。喘ぎ声も大きめに、感じる表情も豊かに。そうすると早くイッてくれます。そこがポイントなんです」

100万円を稼ぐには、飛田新地で主流の20分コースで1日20人の相手をする必要があるという。したがって、人数をこなさなければならない。聡美さんは客が早く果ててくれるよう工夫を怠らなかったそうだ。客層も変化しているようだ。ここでも最近は円安やビザ緩和の影響で中国人観光客が急増していて、京都や奈良の観光ツアーの中に飛田新地が組み込まれたものもあるという。

http://www.j-cast.com/tv/2015/02/19228318.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

「女の子を紹介するHPがない」というのは風俗業界では考えられないですが、集客の基礎ができている飛田新地だからこそ成り立つのでしょうね(驚)。

組合や警察などの取り決めの中で「女の子をPRするHPは作らない!」ということになっているのかもしれません。


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 大阪
大阪ファッツ
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
口にできないけど、男同士だと盛り上がる話題といえば「下ネタ」。
とりわけ「風俗」に対する受け止め方は、男女差が大きいもの。
女性にはまず通じませんが、「男にはそういう付き合いもある」とか「アレは浮気のうちに入らない」とか言う男性が皆さんの周りにもいるのでは?
そこで、風俗に対する男性の本音をリサーチすべく、2030代の既婚社会人男性200人にアンケート調査を実施しました。

〈妻や彼女がいるのに風俗へ行くことをどう思う?〉
・「(好ましくはないけど)仕方ない」派 59.5%
・「すべきではない」派 40.5%

パートナーがいるという条件でも「容認派」が6割に上ることに、女性の皆さんは怒り心頭…でしょうか? では、それぞれの言い分を見てみましょう。

●仕方ない派の意見
「家では満足できず、お金を払って風俗に行くのはわるいことではないと思う」(36歳)
「特に恋愛ではないので、妻や恋人の同意が有れば行く事に問題はないと考える」(39歳)
「たまには刺激も必要」(29歳)
「浮気するよりは良いと男的には思います」(35歳)


●すべきではない派の意見
「妻や彼女に対する裏切り行為だから」(38歳)
「モラルに反しているし、病気の心配があるので」(27歳)
「浮気だと思うから」(27歳)

ちなみに、容認派が挙げた理由で多かったのは、やはり「浮気ではないから」というもの。
女性には理解されにくい感覚ですが、はたしてこう思っている男性はどれくらいいるのでしょう?
ずばり「風俗は浮気の範疇に入るかどうか」についても聞いてみました。

〈風俗は浮気の範疇に入ると思う?〉
・「思わない」派 69.5%
・「思う」派 30.5%

「風俗は仕方ない」と答えた容認派(59.5%)以上に、「風俗は浮気じゃない」と考える男性が多いとは…。
ごくたまに「素人に本気になられるぐらいなら風俗に行かれた方がマシ」という女性もいるにはいますが、これはまた女性の不評を買いそうな結果です…。

http://www.jp01.net/news-294104.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

風俗は浮気ではないと考える既婚男性にとって風俗というのは浮気とは全くの別物らしく、「風俗も浮気も人生経験だ」などと語る男性が多い。

でも、そんな簡単な言葉で割り切れる程、
世の中割り切れる簡単なことばかりではい。
無責任な「自己責任」・経験を生かしきれていない「人生経験」ほど恥ずかしいものはないと思う。

若い頃に風俗や遊びで経験したものが少しでも実になっていればいいと思うが、いい年をして相変わらず女遊びをくり返しているような中年の男性には「人生経験」なんて大層な台詞は吐かないでほしいものである。
カテゴリー : 風俗ニュース
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
東京風俗NEWS