関西 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
営業禁止区域内で性風俗店を営んだとして、大阪府警吹田署は19日、風営法違反の疑いで、大阪府吹田市豊津町のファッションヘルス店「リラクゼーション『悠香(ゆうか)』」を摘発し、経営者の中国籍、林瓊(リンチョン)容疑者(48)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。


逮捕容疑は、同日深夜、営業禁止区域にあるビルの一室で、40代の男性客に性的なサービスを提供したとしている。府警によると、林容疑者は店内で生活しており、客へのサービスも自分で行っていたという。ほかに従業員はいないとみられる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000552-san-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
中国籍の女性が営業禁止区域にてたった1人で違法ヘルス店を経営!?!?
人生、、、他にできることはいくらでもあったでしょ!?!?と突っ込みたくなるのは筆者だけだろうか???

せっかく生まれてきたのだから、きちんと自分の才能を社会に使ってもらいたいと思う。

社会に育てられて社会を育てるという姿勢を保てれる人が生き残るのだから。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
クラブパラダイス_営業用
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
新年度が始まる春から新緑の季節は、夢に近づくための一歩を踏み出そうと何かを始める人が多いシーズンだ。一方、希望にあふれた若者の、とくに女性の憧れにつけ込み、何もかもを搾り取ることでビジネスを成り立たせている人たちがいる。かつて芸能人になりたかったある女性はいま、借金に追われ意に沿わぬ仕事を続けている。彼女がなぜ、夢破れて苦しい毎日を過ごさねばならなくなったのか、ライターの森鷹久氏がレポートする。


* * *
AV(アダルトビデオ)への強制出演問題や、元タレントや元アイドルといった肩書きの女性たちがAVに出演しニュースになるなど、女性と性産業に関する話題が尽きない。もちろん、後者に関しては本人の同意や意思によるものだろうから、問題視する声は聞かれない。ただし、元タレントや元アイドルがAVに出演することが半ば”当たり前”のようになってくると、そこに別の弊害も生まれているようだ。


越田仁美さん(仮名)は現在24歳。幼い頃から芸能人になる夢を持ち、地元・関西では、フリーペーパーの読者モデルを務めた実績もある。転機が訪れたのは友人らとの旅行で訪れた渋谷で、編集者にスカウトされたことだった。慎重な性格の仁美さんは、写真は撮らせたものの、自身の住所や連絡先を編集者に教えることはなかった。


「新創刊される雑誌のファッションスナップだということで声をかけられました。怪しさもありましたが、見覚えのある読者モデルがそばに立っていて、あの子も新雑誌でモデルをやるんだと説明されて…」


二カ月後に新創刊された雑誌「X」に自身のスナップが本当に掲載されているのを知り喜んだ仁美さんだが、同時に後悔もした。あの時積極的に自身を売り込んでおけば、もっと夢に近づけていたのではないか…。


「X編集部にお礼の手紙を送り、雑誌の専属モデルになりたいと写真や経歴書を送りました。Xのプロデューサーを名乗る男から電話がかかってきたのは、手紙を出してからほんの二〜三日後だったと思います」


雑誌Xのプロデューサーを自称するYは、開口一番「君は一次審査を通過した」と告げ、二次面接のために東京に来るよう勧めたという。


「19歳だったので、私が未成年だということで母親の同伴もYは求めてきました。母親は怪しんでいましたが、実際に販売までされている雑誌ということで、最終的には理解してくれたのです」


Yによる二次面接は、都内のカフェでおよそ一時間にわたって行われた。お母さんは心配かもしれないが私に任せて欲しい、私は芸能界にも太いパイプがある…そして最後に事務所登録時にかかる費用についてYは説明を始めた。


「宣伝写真の撮影料や登録料など、全部で12万くらいかかると説明されました。母は、お金がかかるなんておかしいと言いましたが、写真代だししかたがないと感じて…」


登録するために撮影などでお金がかかるという説明は、悪徳な芸能事務所が使ういつもの手口に過ぎない。まともな芸能事務所は、契約した人に金と手間をかけ育て上げ、メディアに露出させることでビジネスとして成立させる。金を出すべきはどんな場合でも事務所側であり、所属タレントやモデル側が金を出す理由は一つもないのだ。訝しむ母の表情を察したのだろうか、Yは次のような提案を持ちかけてきたという。


「Yは“慈善事業”をやってるんじゃないと、強い口調で言ったんです。私にはまだ才能の芽も出ていないし、必要な努力をしないとダメだと。実際、他の芸能事務所に履歴書を送っても落とされていたので、Yのいうことは信憑性があると感じたのです」


その後、母親をなんとか説得し50万円を借りて上京。登録費などを支払い、日中はアパレル店でのアルバイトを、夜は親に内緒でキャバクラで働いた。雑誌のスナップや、メイク特集の撮影にも何度か呼ばれたが、扱いは極めて小さいもので、事務所に所属したからといって目立った待遇の変化はなかった。ある日、Yから呼び出された仁美さんは、思い切って不満をぶつけたが、返ってきたのはYの驚くべき要求だった。


「Yは私が不満をいうと“俺の彼女になればもっと雑誌に出せる”といってきたんです。ビックリしましたが、数日後には肉体関係を持ってしまいました…」


もし、関係を断ったら、少ない芸能人の仕事もなくなってしまうかもしれない。自分の仕事を増やしたい思いもあるにはあったが、やっとつかんだ憧れの仕事を失うかもしれない恐怖にも襲われ、ほかの選択肢はないように仁美さんは思ってしまった。


それからは、Yの要求は目に見えてエスカレートした。深夜に家に押しかけられ相手をするよう求められたり、金を無心してくることもあった。それでも、自身の夢を叶えてくれるのはYしかいない、そう思った仁美さんは要求に応えていった。そして、気づけばYにとって都合がよい、いいなりともいえる存在になっていた。


「肉体関係を持って以降、雑誌での扱いは格段に良くなりました。Yとも“彼氏と彼女”という良好な関係を続けられていると感じ、私の夢についてもよく相談に乗ってくれていました」


しかしやはりYは信頼に値する男ではなかった。すでに登録料と撮影料を払わせることに成功していたYは、今度は仁美さんに“レッスンの受講”を勧めてきた。


「いろいろあって、私が母親と疎遠になり、あまり連絡をとらなくなっていたことを何度も確認してきたと思うと、数十万円もするレッスンの受講を再度勧めてきたんです。雑誌の表紙を務めるには、ポージングなどの勉強が絶対に必要だと迫ってきて…」


業界では有名な先生の講座があるから、Yが窓口になって特別に受講できるというのだ。受講料は、講師の先生やレッスンを開講しているスクールではなく、Yに支払うという条件だった。


当時のことを、仁美さんはすでに”並みの読者モデル”になれたと勘違いしていたと振り返った。Yは肉体関係を持っているが故の男女間の微妙な心情の変化を巧みに利用し“俺の彼女なんだから、最高のレッスンを受けて一流のモデルになれ”と熱心にすすめてきた。


「150万円近くを借金してYに支払いましたが、レッスンがあったのは最初の数回だけで中身のないものでした。仕事が増えるわけでもないのにプライベートでは相変わらず肉体関係が続いており、さらに、財布を落としたとか、新規事業で損失が出て会社が危ないなど言われる度に、数万円から数十万をYに渡しました」


結局、レッスン代名目の金も含め、Yに500万近くを支払ってしまった仁美さん。最初の150万はどうにか返済できたが、残りの返済のためには仕事を変えざるをえず、風俗で働くしか道はなかった。仁美さんが風俗で働き出してからすぐ、Yとの距離は急に広がった。仁美さんに「騙されているという認識はなかったのか」と尋ねた。


「肉体関係を持った直後くらいから、たぶん騙されているなという気持ちはありました。でも、私には夢があって、実現のためにはYについていくしかないという気持ちも心の中にあった。逆に言えば、叶わぬ夢を持った私を認めてくれるのが、Yしかいなかったんです。芸能人が性接待を行うのはいくらか常識で、風俗で働くこともあるという間違った認識もあったでしょう。今考えれば馬鹿馬鹿しい話ですが、若くて現実を知らなかった私もいけなかったのだと思います」


そもそも、芸能人にとって、性接待や風俗で働くのはよくあること。なぜ、仁美さんがそんな誤った思い込みをするようになったのか。ひょっとしたら、元アイドルやタレントがAVデビューしたと告げるニュースの多さが、そんな勘違いを生む土壌を生んだのではないか。もしそうなのだとしたら、お茶の間で知られた人がポルノデビューしたと子どもの目にも入ってしまう現在のニュースの報じ方は、問題があると言わざるを得ない。


結局、仁美さんは夢をあきらめ、借金を返すために今も風俗で働いている。登録料、撮影料、レッスン料など様々な名目で仁美さんから多額の金銭を受け取ったYには、もう連絡をとっていないし、向こうから連絡が来ることもない。芸能人になりたいという夢も、すでに過去のものだ。


後日、仁美さんから筆者の元に電話がかかってきた。なんと、仁美さんの夢を利用したYが、新雑誌を作ると吹聴し、モデルにならないかと新たに女性に声をかけているというのだ。仁美さんの声は怒りに震えていたが、力強かった。


「同じような被害者が出ないように、私が経験したことはなんでもお話しします。私への行為については諦めもつくが、若い女性たちがまたYの喰い物にされるようなことは、決して許しません」


モデルになりたい、タレントになりたいといった夢を見るのは悪くない。だが、夢見る他人の隙に入り込み、悪事を働こうとする者が必ずいる。彼らは人の夢を踏み台にし、けしかけ、家族や友人たちと疎遠になるように仕向ける。そして、いま求められていることは、自分の夢を叶えることにつながらないかもしれないと気づきながら従ってしまう。冷静だったら陥らない奇妙な判断をしてしまうのは、金も人間関係も吸い取れるだけ吸い尽くす、カルト的な手法によって精神的に閉じ込められた状態になるからだ。


被害者が一人でも減るように、悪質な手口の存在が少しでも広まり、身を守る手助けのひとつになればと思う。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170415-00000019-pseven-ent

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
生きていたら「失敗」って誰でもすると思う。
その失敗の代償が大きいか小さいかは人によって違うけれど、その代償を背負って生きるツールとして高収入のお仕事が秩序正しく存在していけるように、高収入業界は永遠に働きかけて行って欲しいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 関西 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
モンロー
人妻茶屋 梅田店 営業用
投稿日:2017-04-04 21:44
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ことし2月、兵庫県加古川市のキャバクラ店に液体の入った瓶が投げつけられ、割れた破片で店員がけがをしていたことがわかりました。


警察によると2月18日の午前0時50分ごろ、加古川市平岡町新在家にあるキャバクラ店の外階段に液体の入った瓶が投げつけられました。


瓶は手すりにあたって割れ、消防によると近くにいた女性店員がガラス片で脚を切るけがをしたほか、別の女性店員も体調不良を訴えたということです。


警察によると瓶には布が入っていて、布の一部は焦げていました。


形状から、火炎瓶だった疑いもあるとみられます。


警察によると店には目立ったトラブルは無かったということです。


警察は瓶に入っていた周辺の防犯カメラの映像や液体の成分を調べるなど、捜査をしています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000003-kantelev-l28

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人相手に商売をしていたら何があるか分からないからこそ、きちんと届け出をしている合法のお店で働いていると、こういったトラブルのときも消防や警察など公的な機関にきちんと通報できるわけで、高収入のお仕事の中には届け出をしていない悪徳なものがあることがあるから、きちんと調べて働くのがベストウェイ!


何にせよ、何事も自己責任としてしっかりと動いていくべき!


謎の瓶を投げつけた人が捕まりますように・・・。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西 中国・四国
地域詳細タグ: 兵庫
風俗SEO.com
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「焦ったら負けや」。2月のある週末の夜、大阪市都島区のJR京橋駅近くに停車した車中で、府警少年課のベテラン捜査員が絞り出すようにつぶやいた。


取材で未成年者の深夜補導に同行したときの一幕。府警に「ガールズバーが少女を雇い、深夜に違法な客引きや接客をさせている」との情報が寄せられ、入念に作戦を練った上で補導に向かったのだ。


比較的早い時間に少女らの客引きが始まると予想していたそうだが、いくつかの「誤算」があり、長期戦を強いられた。意気揚々と街に繰り出すサラリーマンらの姿を横目に、同僚と連絡を取りながらじっとしている捜査員らには頭が下がる思いがした。


最初の誤算は悪天候だった。冷たい雨がぱらつくと、ミニスカートなど露出の多い服装の少女らは屋内に入ってしまった。間もなく雨はやんだが、またしても誤算があった。他部署の捜査員が別の事案で同じ地区に立ち入ったとの情報が風俗店関係者の間で出回ったらしく、少女らの姿は見えなくなってしまった。


待機すること数時間。ようやくその時が来た。私服姿の捜査員らの後についていくと、幼さを隠すためか不自然に厚化粧の少女らが繁華街の入り口でガールズバーの客引きをしていた。


連係プレーで取り囲み、18歳の女子高生と17歳と18歳の無職少女2人を補導。彼女らを車に乗せるとき、それまで言葉少なだった捜査員が見せたほっとした表情が印象的だった。


府警は昨年、風俗店などで違法に働いたとして、女子中学生19人、女子高生22人を補導した。ガールズバーや、制服姿で客にマッサージをする「JKリフレ」で勤務していたケースが多かったという。少女らは小遣い稼ぎ感覚で始めており、店側も足元を見て格安で雇っているようだ。今回補導された3人も時給はわずか千円程度だった。


自覚はないかもしれないが、大人たちに「搾取」される少女らが性犯罪に巻き込まれる可能性も少なくない。ベテラン捜査員が最後に見せた表情は、彼女らを救い出すことができたという安堵の気持ちが思わず出たのかもしれない。(府警担当 井上浩平)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000527-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
大人たちに「搾取」される少女たちという見方に一理あり。
でも社会に出ると「搾取」なんてよくある話。
つまりは大人だろうが子供だろうが、野生の勘のようなそういったものを養っておく必要がある。
搾取されたとしたら自分の責任でもあるという観点を失ってはならない。
警察が助けてくれるとは限らないし、搾取されたことを証明できるとも限らない。
世の中は複雑に絡み合っているのだから。


どんな状況にいても必ず怠ってはならないことは、、、「野生の勘」を失わないこと、そして常に冷静でいること、これこそが自分の命を救うのだから。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
クラブパラダイス_営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
無許可で女性店員に客を接待させたとして、大阪府警南署などは9日、風営法違反(無許可営業)容疑で、大阪市中央区東心斎橋のガールズバー「Zeke(ジーク)」を摘発し、経営者の平岡大樹容疑者(21)=同府東大阪市稲田本町=と、店員の17歳と18歳の少年2人の計3人を逮捕したと発表した。平岡容疑者は容疑を認めている。


同署によると、同店では昨年9月以降、客に最高約74万円を請求するなど料金トラブル12件を確認。同署管内では昨年1年間で同様のトラブルが約420件あったといい、同署が注意を呼びかけている。


逮捕容疑は共謀し3日夜、府公安委員会の許可を得ず、女性店員(17)に対し、男性客1人に酒を何度も提供するなどの接待行為をさせたとしている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000537-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
こんな、、雑なボッタクリがまだ大阪に存在していたなんて。。。
人様からお金を頂くということは、それ相応の働きを社会に対してしているということではないの???
この若い容疑者たちに「世の役に立つ」ということがどれほど素晴らしいことか知ってほしいと思うのは私だけだろうか?
世の役に立って初めて自分の手元にやってくるお金がどれだけ愛しいものか、、、こういう境地で生きる若者が増えたら日本はもっと品格のある国になるんじゃないだろうか??
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
やんちゃな子猫 日本橋店 営業用
ミセスモンロー