関西 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生による接客を売りにする
いわゆる「JKビジネス」の店が摘発されました。


女子高校生と散歩できるとうたいながら、
実際は少女らに売春などをさせていた疑いで
元店長の男らが逮捕されました。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「実際コスパで考えたらキャバクラ1時間いくよりは楽しい。
女子高校生とデートできるのはリーズナブルだと思う」


児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは
小坂洋介容疑者(34)ら2人です。


小坂容疑者らは今年3月、
当時17歳の女子高校生を雇い、
ホテルで客に性的なサービスをさせた
疑いなどがもたれています。


小坂容疑者が店長をしていた「なにわ学園お散歩部」。


店のブログには
「なにわ学園お散歩部として健全に快適な
お散歩ライフのお手伝いをさせてください!」
などと書かれています。


店の売りは観光案内。


実際の店舗は存在せず、
インターネット上で集めた客からの電話を受けた
小坂容疑者が少女を指定した待ち合わせ場所へ派遣します。


摘発前に店に連絡を取って、
待ち合わせ場所に行くと
階段から1人の少女が近づいてきました。


【記者】「高校生?」
【少女】「そうです、そうです」
【記者】「何歳?」
【少女】「17です」
【記者】「観光案内してくれる?」
【少女】「え?したことない」


待ち合わせ場所のすぐそばはホテル街。


少女によると、客のほとんどは観光案内ではなく、
性的なサービスを求めてくるといいます。


【少女】
「できればしたくないですけど。
そういうことしないと稼げない」


少女は記者と別れてすぐ、
中年の客とホテル街に消えていきました。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「電話入ります。『だれだれちゃんなんぼです』って。
そこで散歩っていう体やけど、
何が行われているかは重々わかった上で、
引き合わせているわけやから。具合はあんまりよくないよね」


女子高校生を食い物にしていた「なにわ学園お散歩部」。


小坂容疑者は店を営業するうち、
感覚が麻痺していったといいます。


【逮捕前の小坂洋介容疑者】
「『今日もがんばります』って女子高生からさ、
『お前きょう4人つけるから』って言えるわけ実際。
『予約取ったからな』ってメールを送ったら、
感謝と次の日の仕事が伝えられてくる世界って、
すごい狂ってるなと」


調べに対し、小坂容疑者は
「カラオケや食事をさせていただけです」と容疑を否認していて、
警察は経営者の男についても調べ、
店の実態解明を進めています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000006-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
こういう違法なお店が摘発されるのは今後も止めどなく出てくるだろう。

日本の将来という観点から見て一番悲しい気持ちになるのは、

-----------------------------
【少女】
「できればしたくないですけど。
そういうことしないと稼げない」
-----------------------------

17歳の可能性に満ちた少女がこのような狭い固定観念に囚われていることだ。

若いうちからこんな思考回路をしていては、日本のためにならないと、、、思ってるわけないか。。。

同じ高収入のお仕事でも「逃げ」でしているのか「攻め」でしているのかで、頭の動きが戦略的か否かという部分が大きく違ってくる。

どんな境遇にいても「逃げ」で生きない人口が日本に増えてくれることをここでコッソリと祈っておこう。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
「デリヘルタイムズ」
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
18日深夜に放送された「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)に大阪・北新地のナンバーワンキャバ嬢として活躍する「CLUB MON」のりょうさん(27)が出演。月収1000万円はくだらないという金銭事情から枕営業まで、北新地キャラバクラの実態について明かした。


18歳でキャバクラ業界に入ったという彼女。その翌月からいきなりナンバーワンになり、以降、10年近くトップをキープているという。これまで稼いだ最高額は、自身の誕生を祝うというもので、3日間で総額約3000万円。シャンパンタワー(500万円)やドンペリ70本などが振る舞われた。


その時の客の職業は「不動産の人と、風俗関係の会長さんとか」(りょう)。その見返りとして客から“深い関係”になることを求められ、「23歳ぐらいまでは枕営業をしていた」とぶっちゃけた。当時、店で1日に400〜500万円を使えば「もれなく」彼女と一晩過ごすことができたと明かした。


しかし今では枕営業は一切しておらず、その理由について「自分が有名になればなるほど噂がスゴくて、狭い街なんで、(心が)病んじゃって。真っ当にしようと思って、ここ5年ぐらいは(していない)」と説明した。また顔の整形についても言及し、「全部しています。目と鼻と口」とあっけらかん。鼻が一番費用が高かったとし、「200万くらいかかりました」と話した。


気になる稼ぎについては、番組恒例の直近3カ月のリアル月収を公開。「1400(万円)、1400(万円)、1600(万円)」と明かし、出演者を驚かせた。河本準一(42)は「本当の(驚きの)時って声出ないんだね」と言葉を失っていた。


りょうさんはキャバクラ嬢としての稼ぎのテクニックについても説明した。金払いのいいお客を捕まえるために、札束を持った姿や、シャンパンに囲まれた自分の写真をインスタグラムなどに公開。金目のものと一緒に撮った写真をあえてSNSにアップし、「金のかかるキャバ嬢」をアピールすることで効率よく大金を使う「太客」を呼び寄せているのだという。


月収が毎月1000万円超えの彼女だが貯金はわずかで、稼ぎはほぼブランド品の購入費になっている。住まいは大阪市内の高級タワーマンションで、家賃は月40万円の2LDK。ハリー・ウインストンの腕時計(800万円)、オーデマピゲの腕時計(850万円)、1本100万円する高級シャンパンのボトルコレクション(1000万円)などが公開された。


キッチンにはなぜかエルメスのバーキンが3つ(400万〜1200万円)も無造作に置かれ、うち2つは客からのプレゼントされたもの。さらにタンスにもプレゼントされたバーキン(200万〜700万円)が5つもあった。


この日、番組で着用していたリシャール・ミルの腕時計は2000万円で、「これは自分でもちょっと出しました。お客さんから募金しました」と説明。それに名倉潤(48)が「募金は使い方が違う!」と指摘し、「集金しました」と訂正した。


あまりの金銭感覚に華原朋美(42)は「今度遊びに行ってみようかな。面白そう」と興味津々。名倉は「1回、彼女のお店に行かへん?」と華原を誘ったが、その後すぐに冷静に。「ナンボ使わされるかわからん!」と自分にツッコみ、スタジオを沸かせた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000004-ykf-ent

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
これこれ・・・
高収入ワークは自分がドル箱を担ぐことになったり、お客様からドル箱を頂いたりと、兎にも角にも金の流れに入ることになる。
そういう観点から人生を生きる上での1つのツールとして高収入ワークを取り入れるのは賢いやり方だと言える。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
「デリヘルタイムズ」
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
モンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生を深夜の飲食店などで働かせる所謂「JKビジネス」を規制するため、大阪府警がミナミで少女らを一斉に補導しました。


【警察】「15歳?」
【少女】「15歳は言い過ぎやって」
【警察】「それならいくつ?」
【少女】「18(※実際は17)」
【警察】「身分証見せて?」
【少女】「無い。普通に友達と待ち合わせしておらんからブラブラしてた」


大阪・ミナミの繁華街では28日夜から29日未明にかけて、労働基準法が禁止する深夜に客引きをしている少女らの一斉補導が行われました。
政府は女子高校生を飲食店やマッサージ店などで働かせる「JKビジネス」で、少女らが性犯罪に遭う恐れがあるとみていて、4月を被害防止月間としています。


【少女】「マジで気分悪い」
【警察】「それなら交番で座っとこう」
【少女】「ちょちょちょ!ホンマに気分悪い。18やし!18やし!(実際は15才)身分証無いし!」


大阪府警は今回ガールズバーで働く少女ら14人を補導し、「働く店も調べて少女を食い物にするJKビジネスを取り締まる」とコメントしています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000006-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
しかし、、、「少女を食い物にしたい男性がいる」という側面を無視して通ることはできないということが、大阪府警というか、世間一般的に認識されているのだろうか?

そこに需要があるから共有がある。

少女を食い物にした男性がいるのも事実。
はたまた年齢を偽ってまで働きたい少女がいるのも事実。

たまたま両者の需要が出会って需要と供給が出来上がってしまっただけなのだから、その表面の事象を見るのではなく、

男性が己の欲望と向き合うために、社会には何が必要か?
貧困に苦しむ少女たちがこれ以上増えないように、社会には何が必要か?

対処療法的な摘発や補導の水面下で、事の根本的な解決に目を向ける人が1人でも多くいるように願うのは筆者だけだろうか?
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
大阪ファッツ
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
この写真の人物は大阪ミナミの繁華街にある違法マッサージ店の店長です。
先週末、摘発の瞬間を関西テレビのカメラが捉えました。


摘発前の取材で、店の驚くべき実態が見えてきました。




【記者レポート】
「大阪府警の捜査員が一斉捜索に入ります」


週末の賑わいを見せる大阪・ミナミの繁華街、雑居ビルのマッサージ店に警察官が入っていきます。


【捜査員】
「こんばんは」


警察がこの日摘発したのは、マッサージ店「琳」など6店舗。


大阪府では条例で個室風俗店で性的サービスを提供することは禁止されています。


自称店長で中国籍の高玉芹容疑者(56)は2017年2月、女性従業員に指示して客の男性(30代)に対し性的なサービスを提供した風営法違反の疑いで逮捕されました。


また高容疑者の妹で経営者の野崎琳容疑者(45)ら3人も逮捕されました。


摘発された店舗のうち、この9階建てビルには3店舗が入っていました。


関西テレビは摘発前にこの3店舗に潜入。


7階の「琳」に入店すると、高容疑者が出迎えました。


【高容疑者】
「気持ちいいコースはお金プラス。1万5000円」


客には性的サービスがあることをちらつかせます。


すると、ボーダー柄の服を着た女性従業員が入ってきましたが、高容疑者と会話するとすぐに出て行きました。


【高容疑者】
「女の子別の店でマッサージ忙しい」


店の中に入ると、そこにはカーテンで分けられた個室やシャワールームがありました。


【高容疑者】
Q月どれくらいの売り上げ?
「ばらばら毎月毎月ばらばら20万、15万、10万ばらばら。今日少ないなー3人、4人売り上げ少ない」


取材をしたこの日について、客の入りが少ないと笑う高容疑者。
しかし、会話を続けると記者に身の上話を始めました。


【高容疑者】
「結婚した離婚した。子どもは一人、中国」
Q子どもに会わない?
「1年に一回よ。毎日毎日仕事、子どもに会えない、見えない、会いたい、さびしいね」


次に記者が訪れたのは、6階にある店舗「プリティガール」。
店長に中を案内されると、現れたのは…先ほどのボーダー柄の服の女性従業員。


さらに…8階の店舗「癒しの空間」に行くと、また、あの女性従業員の姿が…


【女性従業員】
「このあたり通訳やったりまわしたり」
Q下にも同じ様な店あるが?
「このビルここが一番安い。7階も高いよ、6階はもっと高い」


この女性従業員は元々6階の「プリティガール」の従業員で、取材に訪れた日は従業員の人手不足で7階と8階でも働いていたといいます。


【女性従業員】
「だんなさん日本人」
Qやめてほしいと言われた?
「言われましたね。」
Qなんでやめない?
「どういえばいいかな…慣れた」


警察は6店舗が一体的に経営されていたとみて調べ、実態解明を進めています。


高容疑者と野崎容疑者は「性的なマッサージはやっていません。普通のマッサージをやっていました」などと容疑を否認しています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000006-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高収入は高収入でも違法なことをしないちゃんとしたお店で働きたいもの。
高収入のお仕事は働く前にしっかりと情報収集が必須だ、、、ね。


カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
「デリヘルタイムズ」