風俗店で中国人女性を不法就労容疑 立命大留学生を逮捕

トップ >  ブログ >  関西 >  風俗ニュース >  風俗店で中国人女性を不法就労容疑 立命大留学生を逮捕

投稿日:2017-11-30 13:52
風俗店で中国人女性を不法就労容疑 立命大留学生を逮捕
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
2007年06月29日
不法滞在の中国人を風俗店で働かせていたなどとして、大阪府警国際捜査課と都島署は29日、入官難民認定法違反(不法就労助長)などの疑いで、堺市堺区新町、立命館大の女子留学生で風俗店経営の中国人、李玉英容疑者(23)や同店店長ら計9人を逮捕したと発表した。

李容疑者は平成14年に就学ビザで入国し、17年から留学生として立命館大経営学部に在籍。堺市内で風俗店を経営していた父親(49)が今年2月、不法入国で大阪入国管理局に摘発され、強制送還されたため、経営を引き継いでいた。

調べでは、李容疑者は今年2月20日から4月27日までの間、不法滞在の中国人女らを風俗店で働かせていた疑い。調べに対し、李容疑者は「店の売り上げはもらっていないし、経営に直接かかわっていない」などと容疑を否認しているという。

李容疑者経営の風俗店は堺市内に2店あり、「中国エステ」などとして約10人が店員として勤務。店長の女らは売り上げから給料や経費を差し引き、毎月100200万円を李容疑者に渡していたという。府警は李容疑者が不法滞在の中国人を集め、風俗店の実質経営者として利益を上げていたとみている。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
人妻茶屋 梅田店 営業用