「JKビジネス」規制 少女ら一斉補導

トップ >  ブログ >  関西 >  風俗ニュース >  「JKビジネス」規制 少女ら一斉補導

投稿日:2017-05-01 23:46
「JKビジネス」規制 少女ら一斉補導
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
女子高校生を深夜の飲食店などで働かせる所謂「JKビジネス」を規制するため、大阪府警がミナミで少女らを一斉に補導しました。


【警察】「15歳?」
【少女】「15歳は言い過ぎやって」
【警察】「それならいくつ?」
【少女】「18(※実際は17)」
【警察】「身分証見せて?」
【少女】「無い。普通に友達と待ち合わせしておらんからブラブラしてた」


大阪・ミナミの繁華街では28日夜から29日未明にかけて、労働基準法が禁止する深夜に客引きをしている少女らの一斉補導が行われました。
政府は女子高校生を飲食店やマッサージ店などで働かせる「JKビジネス」で、少女らが性犯罪に遭う恐れがあるとみていて、4月を被害防止月間としています。


【少女】「マジで気分悪い」
【警察】「それなら交番で座っとこう」
【少女】「ちょちょちょ!ホンマに気分悪い。18やし!18やし!(実際は15才)身分証無いし!」


大阪府警は今回ガールズバーで働く少女ら14人を補導し、「働く店も調べて少女を食い物にするJKビジネスを取り締まる」とコメントしています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000006-kantelev-l27

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
しかし、、、「少女を食い物にしたい男性がいる」という側面を無視して通ることはできないということが、大阪府警というか、世間一般的に認識されているのだろうか?

そこに需要があるから共有がある。

少女を食い物にした男性がいるのも事実。
はたまた年齢を偽ってまで働きたい少女がいるのも事実。

たまたま両者の需要が出会って需要と供給が出来上がってしまっただけなのだから、その表面の事象を見るのではなく、

男性が己の欲望と向き合うために、社会には何が必要か?
貧困に苦しむ少女たちがこれ以上増えないように、社会には何が必要か?

対処療法的な摘発や補導の水面下で、事の根本的な解決に目を向ける人が1人でも多くいるように願うのは筆者だけだろうか?
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
地域詳細タグ: 大阪
プラチナ_営業
ミセスモンロー