関西デリバリーヘルス 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西  > デリバリーヘルス

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
睡眠薬として処方される向精神薬「マイスリー」など800錠を不正に販売したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは29日、麻薬取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、神戸市中央区小野柄通の「おう内科クリニック」院長、王東明容疑者(58)=中国籍、同区加納町=を逮捕した。容疑を否認している。


県警は2月、向精神薬を市価の数倍で販売していた同市兵庫区の薬局を摘発。王容疑者が販売した薬が複数の人物を介して薬局に流れていたことが判明した。経営者の男(60)=同法違反(営利目的所持)罪で起訴=は「福原地区の風俗店の女性従業員に飛ぶように売れ、8年ほど前から周囲に仕入れを依頼していた」と供述している。


逮捕容疑は1月、患者だった女(38)=同法違反(営利目的譲渡幇助(ほうじょ))罪で起訴=の依頼で、女の代理人を称する内装業の男(44)=同法違反(営利目的譲渡)罪で公判中=に「マイスリー」や「アモバン」など800錠を約2万5千円で売ったとしている。


http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300009-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗店の女性従業員にだけ飛ぶように売れたのだろうか??
風俗店勤務の女性は比較的経済的に豊かな傾向にあり、薬だけではなくて色々なものが飛ぶように売れるのが一般的。
時給700800円台のパートの女性と比べたら、色々と買えるのは当たり前といったところだろう。

よって、、、風俗店勤務の女性だけに飛ぶように売れたかどうかは定かではないが、、、高収入の女性たちは色々な怪しい物売りに気をつけるべきと言えるだろう。
カテゴリー : 風俗ニュース
ミセスモンロー
大阪ファッツ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
人妻茶屋 梅田店 営業用
大阪ファッツ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
人妻茶屋 梅田店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
深夜に子どもだけで留守番させた


40〜60代の女性が在籍するデリヘル店「五十路マダム」が、急成長を遂げている。代表の長谷川華氏によると、求人に応募してくる女性たちの大半は、即金を必要としているという。生活苦や借金、子どもの学費……。しかし、この年齢ではそれなりの職歴がなければ再就職や転職は難しい。ずっと専業主婦として生きてきて、職歴がない人もいる。切羽詰まった女性たちに快適な労働環境を用意し、その女性たちの心地よい接客で顧客の心をつかむことで同店は成長し、現在は全国で20店舗を展開している。



長谷川氏は「性風俗は、悪い仕事ではない」と言う。その裏には、長谷川氏自身がデリヘル店で働くことで2児を育てたシングルマザーという経緯も、大きく影響している。こんなお店だったら、独りで子を育てるママもおカネを稼ぎやすいだろうな――現役時代に感じていたことを経営者になった今、次々と実現している。ここに、長谷川氏と同じく風俗業で子どもを育てた女性がいる。彼女の半生に「女性が働きやすい優良店」のあり方が見えてくる。




20代半ばで離婚、風俗以外に選択肢はなかった


五十路マダムに入店してくる女性のほとんどは、風俗未経験者。「デリバリーヘルス」というのがどういったものかを知らずに求人に応募し、面接のときに「何をするんですか?」と尋ねる人も少なくないという。一方で、生きてきた時間が長いだけに人生経験が豊富な女性も多く、過去に風俗業に従事したことがある女性も少数ながらいる。


南さん(45歳、仮名)は水商売、風俗業を渡り歩いて、ふたりの息子を育ててきた。20代半ばで離婚し、それ以外に選択肢はなかったとしつつも、「後悔している部分もあるんです」と打ち明ける。長男は10代のときリストカットをし、頻繁に家出した。次男はつい最近まで引きこもっていた。ふたりとも現在は心身ともに健康な社会生活を送っているが、南さんは今でも「子ども時代に愛情を十分注いでやれなかったからではないか」と気に病んでいる。


「19歳で結婚して、しばらくは専業主婦でした。20歳で長男、23歳で次男を出産したから、子育てでいっぱいいっぱい!でも7歳上の夫には休みグセがあって、さしたる理由もないのに1カ月以上休職することがしょっちゅうだったんです。当然、お給料は減らされる。しょうがないから、上の子が3歳になった頃から私がスナックで働くことにしました。そしたら夫の給料を上回る額を稼げるわけですよ。夫のことを“要らないな”と思いますよね」


母と子3人で暮らせる見通しが立ったので、離婚。しかし市営住宅での新生活は、南さんの思惑をはるかに上回る厳しいものとなった。17時に子どもに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、20時に寝かしつけてから、スナックに出勤。朝の4〜5時までの勤務を終えて帰宅し、子どもの朝食を用意し、登校するのを見送る。曜日によってはそれから昼のパートのためスーパーに出かけ、バックヤードで野菜や果物をカットする……。そうやってギリギリの生活を保っていた。


「夜の仕事に出ている間、家には子どもたちだけ。寂しかったでしょうね。実家を頼るよう助言してくれた人もいるけど、両親も経済的に行き詰まっていたし、広島県内でもさらに田舎に住んでいたから、実家に行ってしまうと仕事が全然ない。子どもたちへの後ろめたさはありつつ、アンタたちを高校卒業させるまではママはここで踏ん張るよ!と思っていたんですけど、勤めていたスナックが閉店することになりました」


その頃には長男が高校生、次男が中学生になっていた。スーパーのパートは続けつつ、事務職のパートを追加したものの収入は激減。悩みぬいた末にたどり着いたのが、店舗型の風俗店だった。今から7〜8年前のことである。1998年に風営法が大幅に改正されたことにより、デリバリーヘルス(派遣型風俗業)が事実上解禁となったとされるが、当時はまだ店舗型の風俗店のほうが主流だったと南さんは振り返る。




店長が違法の“本番行為”を推奨


「面接の時点で、店長が当然のように“こっそりお小遣いをもらって本番してもいいんよ”って言うんですね。本番って何?と思いながらも聞けずにいたけど、“ゴムは自分で用意してね”“そのほうが常連になってくれるからね”と言われて、あぁそういうことかぁ……と。当たり前のように“本番”を推奨するお店でした」


風俗店でも性行為そのものをすれば違法となる――南さんはそれすらも知らなかった。最初についた客は当然のように性行為をした。そんなものだと思うしかなかった。働く女性にとってリスクが高すぎるせいか、その店舗は慢性的に人手不足だった。南さんはほぼ毎日出勤、年末年始やゴールデンウイーク、お盆の時期も昼に出勤し、深夜の閉店時間まで働いた。長男の様子がおかしくなったのはそんなときだった。


「リストカットするわ、家で暴力を振るうわ……。もうどうしていいかわからなかった。私、首を締められたこともあるんですよ。母親に対して言いたいことがありすぎて、でも言葉にできなくてそんな行動になったんでしょうね。それでも店には出なきゃいけないし、この頃がいちばんしんどかったですね。長男はフラッと家出して、年上の友達の家に居候して……を繰り返すうちに、しだいに落ち着いていきましたけど」


「長男はその頃にはウソのように穏やかになって、仕事に就き、独立していました。次男は高校卒業後に就職したのですが、すぐに辞めて部屋に引きこもるようになって……。病院でうつ病と診断されたと聞かされ、私もなんとかしなければとは思ったんですが、話し合おうとすると、すぐ泣き出す。長男からは“もっと向きあえよ!”と言われましたね。不安定で母親を求めていた自分と重なるんでしょう」


ずっと働き通しで家にいなかったから。仕事で深酒をして休みの日には二日酔いで、どこにも連れていってやらなかったから。どれだけ頑張っても大学に進学するほどの学費は用意できなかったから……。南さんは今も自分を責めている。次男が根気強く通院を続けて症状が落ち着き、つい最近、再就職したのがせめてもの救いだ。




お小遣いを稼ぐためにデリヘルで働き出した


現在、南さんは趣味に使うおカネを自分で稼ぐために「五十路マダム」で働いている。再婚相手は安定した職に就いているが、渡される生活費をどれだけやり繰りしても、自分の自由になる分は残らない。


「前のお店ではつらい思いをいっぱいしたけど、ここでのお仕事は楽しいですよ。同僚を見ると、子どもが具合悪ければ休めているようですね。スタッフさんが女性だから、なんでも相談しやすいんです。私も子どもが小さいときに出勤強制がなくてストレスも少ないお店で働けていたら、あの子たちともっといい関係を築けたかもしれないなぁと考えると、切ない気分になりますね。今のお店で働くようになって、ようやく“私はこの仕事が好きなんだ”と気づけました。いつもにこにこして接客しているから、お客さんから“南ちゃんは、悩みがなさそうでいいなぁ。苦労しとらんのやろ?”って言われるぐらい(笑)」


再び風俗店で働き始めたことは、夫には内緒にしている。そもそも風俗店で出会っただけに、夫は薄々気づいているようだと南さんは言う。でも、「自分で稼いだおカネは、自分で使いなさい」と言う以外は、特に詮索もされない。


「人生で、今がいちばん穏やかな気分です。こんなにのんびりしていていいの?って。夫は優しいし、子どもたちは今は元気に働いているし、あとは命の心配だけしていればいい。私、人生の半分以上、遊びにいくことすら忘れていたんですよね。自由に家を空けて、自分のおカネで遊びにいけるってサイコーです!」


年に2〜3度は好きなアーティストを追いかけて上京し、ライブを見たいと言う。荒波が続いた南さんの人生は、今やっとなぎの時代に入ったようだった。


http://toyokeizai.net/articles/-/161930

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
結果として自分の好きなお仕事を続けて、余暇も充実して、配偶者にも恵まれて、これはこれで幸せの1つだなと思うような記事だった。


本番行為を推奨するようなお店で「それが当たり前の世界なんだ」と女性が働いてしまうような環境が少しでもなくなるように、正しい情報を発信しようと筆者は心に決めた。


もしも働く女性が無知でさえなければ面接で本番行為を推奨された段階で「あ!このお店、関わらないほうがいい!」と気づくことができる。


現にこの記事に出てきたお店も本番行為を推奨して働いてくれる方を尊ばないから慢性的な人手不足に陥っていたと推測できる。


それから、働く女性がお店に対する率直な意見を書ける場所も設けて、人材を尊ばなければ人材から報復を受ける流れも必要だなと筆者は感じてしまった。


そのためのシステムの強化、情報発信の必要に重きを置いてこれからも進化成長しながら、風俗業界の反映のために一翼の一旦を担っていきたいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
熟女家 豊中蛍池店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
熟女家 豊中蛍池店
プラチナ_営業