関西料亭 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関西  > 料亭

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
飛田新地、松島新地といえば、聞いたことのある人も少なくないだろう。かつては華やかな遊郭だった赤線(公認の売春地帯)地域だ。
今も日本有数の「ちょんの間」街、つまり風俗街である。客が店に金を支払い、女の子と本番行為を行う性風俗店が乱立するが、不思議なのはどの店も「料理店」として営業許可を出していること。
菓子などを?料理?として提供し、「店員と客の自由恋愛」という体裁で売春が行われる。実態と明らかに異なる届け出なのに、なぜかほとんどの店舗が警察当局の摘発から逃れている印象が強い。
本気を出せばできそうな「掃討作戦」をなぜ実行しないのか。
http://www.sankei.com/smp/west/news/170323/wst1703230004-s1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 大阪
人妻茶屋 梅田店 営業用
一発風俗SEOちゃんねる
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
◇東京・鶯谷でスタート、活動が各地に広がる


東京・鶯谷でスタートした弁護士や社会福祉士が性風俗店で働く人たちの法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が各地に広がっている。公的支援を求めにくい女性らをサポートするのが目的で、2月に大阪、先月には新潟で初めて開かれた。一般社団法人「ホワイトハンズ」のメンバーが無店舗型性風俗店(デリバリーヘルス)の事務所などを回って相談を呼び掛けている。【福島祥】


3月末。ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾(さかつめ・しんご)さん(35)らが新潟市内にある風俗業者の事務所を訪ね歩いた。風テラスのチラシを届けるためだ。


最初に訪れたのは、住宅街にあるワンルームアパートの一室。壁に掛けたホワイトボードには、女性の源氏名と働く時間を表す数字が並んでいた。


対応した従業員によると、インターネット上のトラブルや職探し、引っ越しなど同店で働く女性たちの悩みはさまざま。女性の店長を慕って相談することもあるが、従業員は「相談が多く、店長自身がパンクしそうになる時もある」と明かす。「(風テラスのような相談先は)あると助かると思う」と話した。


別の業者の事務所では、説明を聞きたいと男女6人が集まった。同じ店で働く女性から保育や転職の相談を受けたことがあるという男性は「話を聞いてやることはできても、アドバイスをするのは難しい」とこぼした。坂爪さんは「関心を持ってくれる業者が多く、驚いた。地方でもかなりの需要があるのではないか」と手応えを語った。


新潟では、地元の弁護士と、生活困窮者の支援に取り組む「パーソナル・サポート・センター」の相談支援員がペアで対応する。江幡賢弁護士(42)は「都市部に比べて数は少ないかもしれないが、問題を抱えながら風俗業界で働いている女性はどこにでもいると思う。風テラスの活動が、弁護士に相談するきっかけになればいい」と話している。


風テラスは、ホワイトハンズが2015年10月に都内で始め、今年2月に大阪市でもスタート。新潟分を含めて計35回開催され、計約120人が利用している。風俗店の待機部屋に弁護士や社会福祉士などを派遣して、相談に乗る。基金を作り、業者や一般からの寄付で経費をまかなうため、相談料は不要。また、本名ではなく、源氏名で相談を受け付ける。入り口で職業を尋ねられるのが嫌で、公的窓口などへの相談を敬遠しがちな人たちに配慮している。


警察庁によると、営業を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000035-mai-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗で働く女性全員が人生に困っている人のように扱うのは偏見になるけれど、悩んでいるが職種の関係上、相談しづらい立場にあり、唯一相談できる先の店長が相談内容に対応できるとは限らない。
店長だって1人の人間なのだ。
悩みと相談という面で風通しが比較的良くない風俗業界で「風テラス」のような相談機関があるのは女性が自身の人生と向き合うのに必ず助けになると言えるだろう。
酒は飲んでも飲まれるな。
金を愛せど溺れるな。
こういう観点から風俗や好収入の仕事も同じことが言える。
風俗は生きる上での1つの手段というだけで、風俗に溺れてはいけない。。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「今振り返ると、全ては金を使わせるために嘘をつかれていたと思う」


大阪府内の20代の女性は、あるホストとの出会いで生活が一変した。


昨年夏、知人女性に連れられ、初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れた。それまで「未知の世界」と考えていたが、初回利用の店を連れ回された。「安いから、朝まで過ごす場所としてちょうどいい」とハードルが下がっていった。


通い始めて約1カ月後、ホストから告白され、交際を始めた。連日のように「売り上げ実績がやばい」「お前しか頼める人がいない」と言われ、昨年10月ごろからは毎日通うようになった。1日の料金が25万円にもなることもあった。


そんな中、ホストクラブの幹部から夜の仕事を紹介された。渋っていると「あいつ(交際相手のホスト)と一緒に頑張ってほしい」と説得され、引き受けた。


仕事になじめず、涙を流す日々。「彼のためにも耐えないといけない」と稼いだ金をホストクラブで使う生活を続け、家出もした。


仕事を始めて約1カ月後の昨年11月半ば、生活実態を知った親がホストクラブに出向き、強引に関係を終わらせてくれた。


「当時は頼ってくれる相手を裏切ってはいけないとの思いでいっぱいだった。今思えば甘い言葉は全て嘘だった。値段が安いからと覚悟もなく通うべきではなかった」と女性は悔やむ。


現在も連日、ミナミのホストクラブに通う別の女性(25)は、複数の風俗店を掛け持ちして勤務し、月100万円ほどをホストクラブで使っている。


東北地方の出身で、約5年前に大阪市内へ引っ越すと、ミナミに通い始めた。交際に発展したホストは2人。誕生日には「シャンパンタワー」を注文するなどし、支払いが月500万円になったこともある。


「風俗で稼いでホストに使う生活を何度もやめたいと思ったけど、やめられない。“偽物の愛”と分かっているが、飲んでいるその場が楽しいし、一人では寂しい」とホスト通いを続ける理由を明かした。


http://www.sankei.com/west/news/170521/wst1705210016-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人の幸せって全然違うし、環境や境遇が変わるときにストレスが発生して、その時の心のバランスを保つ手段に何かを使ったりと、理屈じゃないことってたくさんある。

だから嘘の愛でもほしいときもあれば、嘘の愛だから求めてしまうときも、、人というのはあるものとも言える。

それだけ一生懸命生きている証なのだから、人から正しくないと言われたとしても、しっかりと自分と向き合って生きていくことが自分から逃げないことに繋がる。

確固とした自分を確立してから、人と生きると、人依存ではなく自分有りきの人生を送れるともとれる。

そういうわけで、自分有りきの人生を実現するために、夜の世界や高収入のお仕事が1つの手段になることも世の中にはよくある話なのだ。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
ミセスモンロー
人妻茶屋 梅田店 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
大阪・ミナミで増加している風俗店へのスカウトやキャッチ行為に対応するため、大阪市が警察官OBらでつくる「特命チーム」を4月から配置することが27日、分かった。市が平成26年に全国初の罰則付きの客引き適正化条例を施行させ一時は減少。しかし、監視の目をくぐり抜ける形で活動を活発化しているとみられ、市は対応が必要だと判断した。チームは違法なスカウトらを徹底マークし、撲滅を図る。


市の調査によると、条例施行直後は、キタとミナミ合わせて400人以上いた客引きが3分の1近く(約160人)に減少。しかし丸2年が経過した昨年11月には約220人が確認された。市は指導員を巡回させるなどしているが、監視の目をくぐる形で復活しつつある。特に居酒屋の客引きよりも、ミナミ地区での風俗店系のスカウトの増加が顕著だという。


この現状について、市の担当者はミナミのほうがエリアが広い上、店舗数も多く激戦であると指摘。その上で「場所にとらわれないスカウトは、(市の)指導員の巡回の動きを把握して立ち回っており、実数はもっと多い」とみている。


居酒屋の客引きは来店させるため必然的に店舗近くで活動せざるを得ないのに対し、女性の勧誘が目的のスカウトは活動の場所を問わないのが特徴。実際、指導員の姿を見ると、場所を移して活動する様子も確認されているという。


そこで、市は現状の指導員20人態勢に、新たにミナミ地区での特命チームとして6人を追加配備。通常の巡回に加え、スカウトらに対象を絞り集中的に監視する。


別の場所に移動してもついていき、条例違反の行為がないか徹底的に取り締まりをする方針だ。


http://www.sankei.com/west/news/170227/wst1702270040-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
市の動きをキッチリ把握する側と、徹底的にスカウトを追跡する側。。。
こうやって「仕事」というのは生じているのかというのを垣間見た気がする。。。


何はともあれ、本当に働きたい女性はスカウトじゃなくて、信頼できるお店をしっかりと自分の意思で探した方がいい。
どこのお店も女性を募集しているのだから、わざわざスカウトについていく必要はない。


それにネットで高収入のお仕事を検索して、大手グループや優良店やその他のお店を徹底比較することだって可能な昨今、高収入ワークの情報源をスカウトだけに絞るのは視野が狭いと言わざるをえない。


賢く生きよう!!!
カテゴリー : 風俗ニュース
モンロー
プラチナ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
大阪府警西署は13日、大阪市西区九条の料理店「恋心(ここ)」の経営者前田志津容疑者(55)ら2人を、同店で女性従業員に売春相手をあっせんした売春防止法違反容疑で逮捕した。


同署によると、逮捕されたのは前田容疑者と、店舗の入り口で呼び込みをする俗称“やり手婆”と呼ばれる引き子の女。


逮捕容疑は、2人が共謀し昨年11月6日と25日に店内で、20代と30代の女性に男性客2人を売春相手として引き合わせた疑い。「料理を出していたわけではない」とともに売春営業を認めているという。


同店は飛田新地などと並ぶ大阪の“ちょいの間”風俗街の一つである松島新地にあり、少なくとも2013年1月から料理店の許可を得て営業を開始。20分1万円で10分増えるごとに5000円が加算される料金体系だったという。


捜査関係者によると「その地区で売春営業が行われている」という情報があり捜査を開始。遊びに来たと思われる男性客に任意の事情聴取を行って同店を特定し、逮捕に至った。


松島新地は地下鉄中央線、阪神なんば線の九条駅そばにあり、飛田新地より小規模であるが、約90店が軒を連ねている。コストパフォーマンスの良さからこちらを好む愛好家も少なくない。


同業者らは「え、全然知らんかった。いつ?」と一様に驚いた。同店については「あんまり20代の若い子はいなかったんちゃうかな」と話した。


ある同業者は「年末は警察も巡回してたけど、最近は逮捕されたとか聞いてなかったから怖いね。男の人にとっても、こういうところが減っちゃうと困るでしょ?」と語ったように、男性にとって気になるのは、今回の逮捕が他の店や風俗街の一斉取り締まりなどに拡大する可能性だ。


大阪府警として大規模な風俗取り締まり号令がかかっているわけではなく、同地でも過去に事例はあるが、少なくとも昨年4月以降では初の逮捕だという。捜査関係者は「事実行為をとるのが難しい」と、実際にコトに及んでいる現場の摘発の難しさを指摘。「個別の情報があり裏が取れれば、淡々と取り組んでいきます」と話した。


http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/640437/

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ビジネスをする上での鉄則として「違法行為は必ず誰かに見られている。いつかはバレる。」と表現されるくらい、ビジネスでの違法行為はご法度。


利用する側、経営する側、働く側の全員が協力して、この業界は存続していることを意識するとこれからもみんなで生き残っていけると思うんだけどな。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関西
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 大阪
熟女家 豊中蛍池店
一発0円広告