東海 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 東海

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
岐阜県警組織犯罪対策課などは12日、売春防止法違反(業としての場所提供)の疑いで、岐阜市加納水野町1のソープランド「すずめの宿」と「コットンクラブ」の経営者和田久仁子容疑者(66)=同市本郷町1=ら男女計5人を逮捕した。県警は同日、2つの店舗など14カ所を家宅捜索し、帳簿やパソコンなどを押収した。


逮捕容疑では、2016年10月7日から11月5日までの間、すずめの宿で、女性従業員が不特定多数の男性客を相手に売春することを知りながら、店の個室を使用させたなどとされる。県警によると、5人とも容疑を認めている。


16年4月に「2つの店で売春が行われている」という匿名通報があり、県警が内偵捜査をしていた。


2つの店があるのは、東海地方最大級のソープランド街「金津園」。金津園での県警の摘発は13年1月以来、4年ぶり。


(中日新聞)


http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017021390103809.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
ここ最近ソープランドの取締をよく聞くようになった。
首都圏の場合は東京五輪に向けての動きとも噂されてたり・・・。
先のことはどうなるか分からないけど、今のうちにソープランドは楽しんでおくのが吉かも???
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東海
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 岐阜
風俗SEO.com
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「男一度は伊勢と吉原」


――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。


時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。


たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。これは、数年前から医療関係者の間を中心に流れているという。


「梅毒感染が判明するということは、店側がきちんと検査をさせているという証拠です。確かに、吉原の感染者はかなり増加していますが、風俗業界には検査を受けさせていない店も多く、そちらのほうが危険です」


風俗業界の医療に詳しい川崎みな子医師(仮名)は、こう話す。また、風俗街や繁華街には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた「浄化」の問題もあるようだ。


『オリンピックに向けて、梅毒患者がウヨウヨしている、いかがわしい場所を一掃しよう』という国の意思を感じますね。前回(1964年)の東京五輪の際は、頂上作戦としてヤクザが排除され、70年の大阪万博では大阪のソープがかなり摘発されるなど、国際イベントの際はそうした対策がなされてきました。小池百合子都知事は公共空間の禁煙化も進めるようですし、吉原だけでなく首都圏の風俗業者は戦々恐々だと聞いています」(川崎医師)


過去の例からしても、吉原や歌舞伎町の「浄化」は、あり得ない話ではなさそうだ。




死の危険もある梅毒、20代女性に急増


梅毒感染だが、実はセックスワーカーだけでなく国内全体で増加傾向にある。国立感染症研究所によると、2016年に報告された梅毒感染者は4518人で、1974年以来42年ぶりに年間4000人を突破した。感染者のうち約3割が女性で、特に20代の増加が顕著だという。


梅毒は、主に性行為によって体内に細菌(梅毒トレポネーマ)が侵入することで発症する。かつては、梅毒トレポネーマが脳に入って精神を病む例も珍しくなかったが、現代では治療薬も普及しており、「死に至る病」とはいえなくなった。しかし、放置すれば生命の危険を伴うこともあるという。


川崎医師は、「梅毒を甘く見てはダメです。死亡のリスクもゼロではありません」と強調する。


進行すれば、複数の臓器に病変が起こります。また、エイズなどとの合併症は病気の進行を早めますし、妊婦から赤ちゃんに感染すると死産や奇形のリスクが高まります」(同)




では、なぜ今梅毒が増えているのだろうか。


「梅毒だけではなく、エイズや淋病、クラミジアなど性感染症が全体的に増加傾向にあります。いずれも、治療薬の開発によって危機感が薄れてきたこと、勃起治療薬の普及で性感染症に対する意識の低いシニア層が安い風俗店で遊ぶようになったこと、などが原因と考えられています。また、感染症の検査を徹底していない風俗業者もあるため、問題は深刻です」(同)


「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)は、営業時間や未成年者の労働の規制などに関する規定が中心で、衛生管理については規定していない。性病の検査は、業者の判断で行われているのが実情だ。


「大手の業者は、検査にもそれなりにお金をかけていますが、激安店などは事実上放置しています。働く側も、病気が見つかれば休業を余儀なくされて収入が減ってしまうので、検査をしたくないのが本音です」(同)


では、性病の感染を防ぐ方法はあるのだろうか。


「性感染症は粘膜から感染するため、コンドームだけでは防げません。キスでもうつることはありますし、オーラルセックスのときにコンドームを使う人は少ないでしょう。身に覚えのある方は、定期的に検査をすること、あまり安いお店を選ばないことを勧めます」(同)




風俗業界は若者客が激減、中高年や外国人頼みに


また、吉原をはじめとする風俗業界は客層の変化も著しい。


「最近は、本当に若いお客様が減りましたね」


ある高級風俗店のマネージャーは、こうため息をつく。


「非正規雇用が増えてお金がないこともあるのでしょうが、草食化といいますか、ずいぶんおとなしい印象です。周辺を歩いて写真だけ撮ってお帰りになる若い男性のグループも目立ちます。かつてのように先輩が後輩を連れてきて、『筆おろし』をさせてやるということもなくなりました。インターネットでは多くの無料動画も配信されていますから、さらに足が遠のくのではないでしょうか」(風俗店マネージャー)


これに対して、お金に余裕のある中高年層が吉原などの高級店に通う姿は、しばしば見受けられる。


「裕福なシニアのお客様が中心なので、吉原には介護の資格を持つスタッフも増えています。また、外国のお客様も多いですね。英語や中国語、ハングル文字の料金表をつくったり、英会話を勉強したりするスタッフもいます。中国人の“爆買い”のような来店は減りましたが、若いお客様が減った分、なんとかインバウンド(訪日外国人観光客)で補填できているところです。外国の方にも『日本のソープ嬢はレベルが高い』と評判なのですが、政府は風俗街を『犯罪の温床』と見ているようで、不安もありますね」(同)


ハリウッドスターもお忍びで訪れるという「YOSHIWARA」を楽しみにしている外国人観光客は多いが、五輪を前に「浄化」されてしまうのだろうか。




うつ病、親バレ…ホスト漬けで逃亡のソープ嬢も


また、吉原でソープ嬢として働くには、容姿や接客にかなりのレベルが要求されることから、ストレスも相当なものだと聞く。


「うつ病になったり、ホストやギャンブルにお金をつぎ込んだりした挙げ句に飛んでしまう(逃亡する)女の子も多いですね。無断欠勤が続いて、連絡が取れなくなってしまうんです。また、親バレや友達、学校バレで辞める女の子もいます。今は医学部や法学部などの現役女子大生が、学費を捻出するために働くことも珍しくないのです」と川崎医師。


一方で、ソープ嬢の高齢化も進んでいる。


「経済的な理由で、年齢が高くなっても辞められない方は多いですね。ピル(経口避妊薬)の長期服用でホルモンバランスを崩したりしながらも働かざるを得ないことも多いです。体力と気力が必要な仕事ですから、大変だと思います」(川崎医師)


映画などで描かれてきた吉原は豪華絢爛なイメージだが、21世紀の吉原は少子高齢化や景気低迷、さらには政府の方針によって揺れ続けているようだ。
(文=平岡令/ジャーナリスト)


http://biz-journal.jp/2017/02/post_18039.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪いように考えたり、先のことを思い煩ったりすることは無限にできてしまうから、そこを頑張るんじゃなくて、現状お客様がいらっしゃるのであれば、きちんと向き合って営業する。
経営がもしも苦しくなっているなら、経営スタイルを見直したり、違う業種へも挑戦してみたり、できることはたくさんあるはずだから、風俗がなくなるときが来てしまったらきてしまったで受け入れればいいだけで、それによって自分がなくなるわけではないんだから、慌てふためく話ではなさそう。


と言いつつ、風俗ユーザーからすると日本国の風俗産業が弱ってなくなっていくのは死活問題だと思うので、進んで風俗店を利用するべきだと思う。


なぜって??
うまく説明できないけど、何事も利用したり消費したりすればするほど、なくなるどころか増える傾向になるからよ★★★


梅毒は確かに増加していると最近聞いているので、検査済みのお店がどこにあるかくらいは下調べしておくべきだと思う!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 東海
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京 三重
「デリヘルタイムズ」
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
■夜の街ににぎわいを


【特集】温泉…だけじゃない! 熱海のおすすめスポット紹介




熱海市は、夜の街のにぎわい創出を図るために「意外とスナック(仮称)プロジェクト」を計画している。個性あるスナックやクラブなどを紹介して、観光客らの利用につなげていく。来年2月の実施を目指して、準備を進めている。


個性があり、安心で面白く、観光客に優しいスナックやクラブ、バー、キャバクラなどの飲食店を紹介することで、夕食後に夜の街で楽しんでもらうことが狙い。


スナックなどを利用したことがない初心者がターゲットで、熱海社交業組合など飲食3団体の加盟約30店舗が参加する。熱海の食の魅力を発信する情報紙「あたみ通信」で特集を組み、熱海桜のライトアップが実施される2月に発行する予定。ポスターや市観光協会ホームページでもPRし、お薦めの店舗を巡るイベントなども企画していくという。


市職員と事業を請け負うJTB中部社員が11月中旬から約1カ月間の予定で、参加店舗を取材している。


8日は中央町の「スナック・サクラ」でスタッフから店内のイメージやこだわり、店名の意味、客層、料理内容などについて話を聞いた。


【写説】JTB中部社員の取材に答えるスタッフ(右)=中央町のスナック・サクラ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000005-izu-l22
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
そうなのよ・・・
行政が夜の街を取り締まるだけじゃなくて、夜の街を盛り上げようと働きかけているところが公正で公平な働きかけに見えて、健全な循環が熱海市に起こり始めるような予感が。
夜の街と言えばやっぱり客引きの印象が強くて、夜のお店を利用したことがない初心者からすると、行くこと自体に億劫になるもの。
そんな初心者さんがいきなり客引きについていくこともなく、おとなしくお家に帰るのが自然な流れに^^;
そこに行政がスナック、クラブ、バー、キャバクラ等の飲食店をPRしてくれると、客引き以外の情報ルートが新たにできることになり、初心者さんが行きやすく♪♪♪
こういう行政の働きかけが熱海だけじゃなくて全国に広がったらいいのにな★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東海
地域詳細タグ: 静岡
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com
ブログ管理人♀ (18歳)

この記事をご覧の皆さんは『ライブチャット』って知っていますか?

DMMを利用している男性なら知っている方も多いのではないでしょうか?

『ライブチャット』はパソコン又はスマートフォンを使用して女性と会話する映像配信型の風俗です。
パフォーマーと呼ばれる女性がパソコン・スマートフォンに取り付けられたカメラに自分の顔や体を映して、それを男性が見ながら会話するといった仕組みになっています。

ライブチャットはノンアダルトアダルトが存在して、ノンアダルトでは女性と日常的な会話を楽しみ、アダルトの場合は女性とエッチな会話を楽しめます。

「俺、3次元の女性には興味ないんだよね。2次元の可愛い女の子にしか興奮しないし」
そんな男性にオススメなのが大手ライブチャット会社エンジェルライブが運営する
『萌えチャット』です。

美少女ゲームをプレイしたことがある方は「リアルで2次絵の可愛い女の子と喋れたら」なんて思ったことはないでしょうか?

『萌えチャット』はそれを可能とした2次元萌えエロチャットです!

一般的なライブチャットと違うのは画面に表示されるのが、可愛い2次絵の女の子という点。
中の人(声優)がいて、リアルタイムに2次絵の女の子を操作しながら、会話してくれます。

なお、この中の人はプロ声優ではなく、エンジェルライブに登録している素人の女性。
自宅や通勤用のチャットルームでお仕事されているので、演技や声の質、リップノイズや生活音が気になる方にはオススメできません。

現在48人のキャラクターが存在するので、貴方のお気に入りのキャラクターに合った理想の声を探すといったことが可能です!
立ち絵の差分は多く勿論エロチャットなので服も脱げますし、一枚絵やアニメーションにも対応しているキャラクターもいます。
”百聞は一見に如かず”気になった方は是非お試しください!


カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
東海地方屈指の歓楽街「錦三(きんさん)・栄地区」(名古屋市中区)で、「客引き」のフリーランス化が進んでいる。客引きが摘発されても、店側は無関係を装えるメリットがあるという。アルバイト感覚で始める若者も増え、低年齢化も進む。


今月のある平日深夜。「錦三」を歩くと、パーカやスーツ姿の3人の男性が声をかけてきた。聞くと、うち2人は「フリーの客引き」だという。「お兄さん、警察じゃないっすよね」。記者が否定すると「キャバクラ、ガールズバー何でも紹介できますよ」と勧誘してきた。


茶髪を揺らす男性に年齢を尋ねると、「24歳。18歳の時から客引きをしている」。この日は客の入りが悪かったようで、「店からプレッシャーかかってるんすよ。頼みますよ」としつこく誘ってくる別の客引き(22)もいた。


愛知県で客引き行為を全面禁止とする、改正県迷惑行為防止条例が施行されたのは2013年6月。その直後、栄地区の客引きは改正前の1日約300人から約60人まで激減した。請求額10万円以上の「ぼったくり」に関する警察への相談件数も、同地区は2年前の4分の1にまで減少した。


ところが、代わって台頭しているのが若いフリーの客引きだ。昨年9月から「客引き・ぼったくり壊滅プロジェクト」を始めた県警によると、同月から今年4月までに検挙した客引き62人のうち、未成年者は14人。中には高校生もいた。


摘発逃れの手口も巧妙化している。特定の店に連れて行く従来型とは異なり、複数の店と契約しておき、客の希望にあわせて連れて行ったり、いったん仲介者に客を引き渡して店との関係を巧妙に隠したりしているという。店側も、フリーとの契約なら風営法違反の「リスク」を回避できる。


フリーの客引きから悪質店に呼び込まれ、料金トラブルになることもあるといい、県警には月平均で約17件の相談が寄せられる。だが、警察が調べても、客引きも店も互いに「関係ない」と開き直ることが大半で、両者の“つながり”や契約の実態をたどるのは難しいという。中署栄地区対策隊の松田靖隊長は、一番のトラブル回避策は「客引きを利用しないことだ」と話す。(仲程雄平、後藤隆之)


http://www.asahi.com/articles/ASJBK74CYJBKOIPE02X.html?ref=rss
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
トラブルの回避策として客引きを利用しないことというのは確かにその通りだと思うけれど、同じ日本で生きている20代として言いたいことは、、、
率直に言いたいです。言っていいかな??
これは労働者を買い叩いたり、若者を買い叩いたりした結果が出てるだけだと私は思う。
一生懸命働いて儲けれない社会でいくら何かを規制しても、みんな生きるためにあの手この手を尽くすでしょう?だってみんな生きてるんだから。
それをまた規制するように努力するよりかは、健全な労働力とお金の循環を回復させる方が努力するべきところだと私は思うな。
警察もどうせ調べるなら、フリーの客引きの若者がなぜそのお仕事をしているのか?の統計でも取ってみたら??
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東海
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 愛知
風俗SEO.com
「デリヘルタイムズ」