愛知の山口組系風俗店、所得隠し8億円超 一部資金源か

トップ >  ブログ >  東海 >  風俗ニュース >  愛知の山口組系風俗店、所得隠し8億円超 一部資金源か

投稿日:2017-12-08 12:58
愛知の山口組系風俗店、所得隠し8億円超 一部資金源か
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
指定暴力団山口組弘道会の資金源とされる名古屋市の風俗店グループ「ブルー」の7社が、名古屋国税局から総額約8億7千万円の所得隠しを指摘されたことがわかった。

追徴課税は重加算税と地方税などを含め計約4億円とみられる。国税局は愛知県警の協力を得て税務調査をしていた。

捜査当局は、ブルー関係者が「裏金から弘道会に金が渡っていた」と話していることなどから、隠した所得の一部が弘道会に流れていたとみている。年間で1億円に上るとみられ、捜査当局はさらに詳しく調べる。

ブルーを実質的に経営していたとされるのは、県警幹部への脅迫事件などで逮捕され、有罪判決を受けた佐藤義徳被告(56)=一部を控訴中。部下だった7社の統括責任者は「弘道会に金を流したことはない」と話し、7社ともすでに修正申告した

統括責任者や関係者によると、7社は同市熱田区などでファッションヘルス11店を経営。女性従業員のサービス料など売り上げの一部を除外したとされ、隠した所得は2013年決算期までの6年間という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140727-00000010-asahi-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東海
地域詳細タグ: 愛知
一発0円広告
「デリヘルタイムズ」