関東 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
飲食店などで女子高校生らに接客させる「JKビジネス」について、警察庁は15日、来年度に初の全国一斉調査を行うことを明らかにした。警察庁が同日に公表した「児童の性的搾取等対策基本計画案」に有害環境の浄化策として盛り込んだ。


JKビジネスは、店舗内で女子高生らが男性客を接客することで、児童買春や強姦、強制わいせつなど性犯罪の温床になっているとされる。警察の摘発を逃れるために短期間で営業形態を変えるなどしているため、警察庁は実態把握が不可欠と判断した。調査を踏まえ、東京など大都市圏の規制条例制定に向けた動きを後押しする。


警察庁によると、JKビジネスは全国に300〜400店舗あるとされ東京都内に集中している。


営業形態としては、水着姿で接客する「ガールズ居酒屋」▽添い寝やマッサージをする「JKリフレ」▽一緒に散歩などをする「JK散歩」▽二人でおしゃべりする「JKコミュ」▽制服姿の女子高生を撮影する「JK撮影」▽折り紙などをする姿をマジックミラー越しに見物する「JK作業所」など。


店舗によっては、「裏オプション」と称して、性的サービスの提供も確認されている。店が客にこうしたサービスを斡旋していたり、女子高生らが個別に男性客と交渉したりしてサービスが提供されるケースもあるという。


表向きは風営法の規制対象から外れており、実態把握や新たな規制の在り方が課題となっていた。全国調査は一定期間、警察官が繁華街などで店の所在やサービス内容、年齢層などを調査する。


http://www.sankei.com/affairs/news/161215/afr1612150022-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近何かと世間をお騒がせの「JKビジネス」。
風営法の規制対象から外れているために警察庁も管理や取締が難しいというのが現状。
「児童の性的搾取等対策基本計画案」に有害環境の浄化策として盛り込まれたもので全国一斉調査が始まるとのことで、この「JKビジネス」にも秩序というものがうまく回りだすかもしれない。
というのも、真面目に「JKビジネス」を経営されている方や、心から「JKビジネス」を愛されているお客さんたちが、法と秩序のもと楽しめる足がかりになるんじゃないか?と考えているからだったり。


兎にも角にも悪意が幸福に転じたことなんてただの一度もないのだから、悪意の排除と善意や良識の保持を「JKビジネス」にも適用されて欲しいというのが私の意見。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 全国
地域詳細タグ: 東京 全国
ミリオンガールズ
フェチさんアモイ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
神奈川県警は22日、寝ていた女性からIC乗車券PASMO(パスモ)を盗んだり、スカート内を盗撮したりしたとして、伊勢佐木署刑事1課の男性巡査部長(37)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付で、巡査部長は依願退職した。


県警監察官室によると、巡査部長は11月19日、横浜市営地下鉄ブルーライン北新横浜−センター北間を走行中の電車内で、座席で寝ていた女性会社員(27)のスマートフォンケースからパスモなどを窃盗。10月中旬には、同線中川駅構内のエスカレーターで、別の女性のスカート内をスマホで盗撮した。


平成27年4月29日には、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)で働く女性を呼んだ横浜市中区のホテル客室内にビデオカメラを設置し、女性の裸などを無断で撮影したという。


県警は11月19日に、パスモの窃盗容疑で巡査部長を逮捕。巡査部長のスマホやパソコンから女性の下着の画像などが見つかったため、余罪があるとみて裏付けを進めていた。


巡査部長は「性欲を満たすためだった」などと供述しているという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000513-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
昨日「「風俗界の帝王」の摘発を狙う神奈川県警の意地と思惑」という記事を取り上げて、本日は「神奈川県警が停職処分」。。。。
なんて騒がしい神奈川県警・・・。


【昨日の記事はコチラ】
http://www.風俗体験動画無料レポート.com/blog/read.php?no=296


警察とは言え1人の人間。
性欲があることや風俗店を利用すること自体はなんら問題ないけれど、、、、警察が違法行為をするとはあるまじき行為と世間から言われても仕方がない。。。
しかもタイミングが「風俗界の帝王」の摘発の時期に。


警察を批判したりしないけれど、私が言いたいことは現在デリバリーヘルスでのお仕事をお探しの女性に対して、お客様がこのような違法行為を働かれることも世の中にはあるようだからこそ、そういう事態にお店がどのように対処してくれるのか?ということもお仕事に付く前に把握しておいた方が良さそうね。


だって、、無断で裸の写真をネットにばらまかれたりしたら、一生消えない被害と思うんだよね。


お店と女の子との間できちんとしたセーフティーネットが組まれているお店で働いて欲しいね!


男性諸君に対しては、、、風俗で楽しく遊んで欲しいし、そのためには当たり前だけどルールを守って秩序を保った範囲でしっかりと楽しんでほしいとしか言いようがない!
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 神奈川
フェチさんサンバ
横浜ミクシーグループ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「拉致監禁」に繁華街は騒然


横浜市の繁華街にある老舗蕎麦屋の前で、10月7日午後1時過ぎ、60代の馴染み客Xが、店の前に駐車していたワンボックスカーから降りてきた屈強な男たちに、無理やり連れ去られるという映画のワンシーンのような事件があった。


拉致監禁であるのは明白で、神奈川県警が出動。あたりは騒然とし、すぐに捜索は始まったのだが、Xは数時間後に“解放”された。警察が話を聞き、拉致監禁事件にしようとしたものの、のらりくらりと話をかわしてまともに答えない。


神奈川県警関係者が事情を説明する。


「我々は、誰がやって、その狙いが何かを、だいたい承知している。もちろん監禁された本人は、それ以上のことがわかっていて、口を開けばどうなるかも知っている。そこで、供述に期待することなく拉致事件を立件。その後で、原因となった『裏カジノ問題』を解明したい」


Xは、日本有数の風俗チェーンを持つ「風俗王」だが、裏の顔を持つ。それが「裏カジノの帝王」というものだ。


「風俗店だけでなく、そうした店が入居する社交ビルも、横浜、東京、札幌に持ち、相当な資産家です。そうしたビルには、裏カジノもあって、店の女の子たちが、馴染み客をアフターで連れてやってくる。表に決して名前を出していませんが、Xは横浜、東京、札幌で6店舗以上を開業しています」(前述の県警関係者)


飲食店も持っているから、グループの店で食わせ、キャバクラやクラブで飲ませ、裏カジノで遊ばせ、勝てば女の子をお持ち帰りする。Xは、「飲む、打つ、買う」を満足させる楽園を客に提供しているわけである。


ただ、いうまでもなくカジノは違法である。しかも、バクチは「博徒の世界」のシノギであり、暴力団は当然、みかじめ料を要求する。応じなければ、「シマ内」での開帳を認めない。裏カジノ業者にしても、「ケツ持ち」は、トラブル処理と債権回収のためにも必要不可欠で、Xも横浜の地元広域暴力団を使っていた。


暴力団にとって、Xは有力なダンナである。普段は丁寧に接し、立てるし、何かあれば若い衆が体を張って守る。ところが、Xには、時々、こうしたトラブルが起きる。


なぜか――。


「父親が戦後、横浜のナイトクラブで成功し、財を成した人で、苦労を知らずに育ったボンボンで、かつては『若』と呼ばれていました。国立大学を卒業、チャリティやボランティアに参加するなど社会性もある。ただ、人が良くて誰にでもいい顔をするから、奪い合いになる。同じ系列の暴力団3〜4組織が、利権の取り合いをやっており、今回の拉致監禁も、その果てに起こった」(横浜の事情通)


伏線がある。事件の2日前、神奈川県警生活保安課と港北署は、賭博開帳図利の疑いで新横浜の裏カジノ「タイガー」を摘発、責任者と従業員の2人を逮捕した。県警の見立てでは、タイガーはXの店であるという。


店があるのは、新横浜駅に近い雑居ビルの7階。約130平方メートルの店内に、バカラテーブル6台が置かれ、関係者と客ら28名がいた。1日あたり30〜40人の客が来店し、ひと月に約1億円を売り上げていたという。このカネは税務署に捕捉されることがない。単純に計算して6店舗で6億円のカネが裏カジノにもたらされるわけで、暴力団が放っておくわけがない。




裏カジノ排除に動き出した理由


前出の事情通が続ける。


「それでも、横浜を縄張りとする広域暴力団組織の総長がバックについていた頃は、交通整理をしていてくれたのですが、6年前に死去。その組織を継承している現総長が、16年6月に覚せい剤逮捕された。それが原因なのか、Xさんの右腕が海外に移住。秩序が保てなくなって、新たな利権争いが発生しました。それがタイガー摘発の遠因となり、拉致監禁事件につながったんです」


Xはヤクザではないが、非合法のバクチをビジネスに取り入れているという意味では暴力団の密接交際者ともいえる。そのためこれまでXを巡るトラブルが表面化しても、神奈川県警は「内輪揉め」と見なして、熱心には捜査しなかった。それに今回もXは捜査に非協力的で、被害届は途中で下ろすし、拉致監禁については「そんな事実はない。話し合いに行っていただけ」と否定する始末である。


しかし、今回、神奈川県警の対応も違う。監視カメラに、4人といわれる拉致犯の人相は記録されているだけに、特定の上で逮捕。証言の不備を突いて、立件に持っていく方針。そのうえで、風営法違反、賭博法違反、脱税と数々の疑惑が予想されるXの“罪”にも迫る。


16年12月15日にカジノ解禁法が成立。カジノが合法化され、今後、カジノ建設が始まるのに、裏カジノは容認できない。


成立したのはカジノ解禁法であり、具体的な規制や取り締まりや運営の細目を詰めるカジノ実施法案は、今後、1年をかけて審議、成立させて、そこから具体的な候補地が決まり、建設へ向けてスタートする。その際、裏カジノの排除は警察を上げての作業となる。


「神戸と六代目、双方の山口組にカジノ屋がいて、東京、横浜はもちろん、地方の中核都市にもかならずカジノはあって地元組織と組んでいます。現行犯での摘発を逃れようと、半年で場所を変えるなど摘発は難しいのですが、カジノと裏カジノの併存は許されない」(警視庁組対幹部)


「裏カジノの帝王」の摘発は、その第一歩である。


伊藤 博敏


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161222-00050545-gendaibiz-bus_all

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
国の動き、県警の動きというのは私がどうこう言えることでもなく、この記事の裏を取りに行くことももちろんないけれど、、、、


“ただ、人が良くて誰にでもいい顔をするから、奪い合いになる。”
“今回の拉致監禁も、その果てに起こった”


これよ!!!!
私が注目したのは!(笑ったのはw)


拉致監禁の原因は本人にあって、さらに深掘りすると「誰にでもいい顔をするから」って!!!!
そんなことあるんやね。
誰にでもいい顔をしている人はよく見るけれど、、、、何事もほどほどに?ってことかしら?????
この記事を読んでくれた方は奪い合いにならない程度に誰にでもいい顔をして欲しいと思う(*ノω・*)テヘ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 神奈川
立川風俗受付センター
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
クリスマスや忘年会で繁華街に出かけることが何かと増えるこのシーズン。繁華街での“とある求人広告”が話題になっている。


「スタッフ大募集」と書かれた一見どこにでもある求人広告のポスター。だが、よく見ると、「とても簡単なお仕事、警察に捕まります!」「特に八王子市では指導されます、逮捕されます」と何やら物騒な言葉が並ぶ。


実はこのポスターは八王子市が学生向けに制作した客引き・スカウト行為の禁止を周知させるためのポスターなのだ。


ポスターには


資格/逮捕されたい人※未経験OK
休日/なし※市役所からの呼び出し
応募/ダメ、絶対


と書かれている。


これに対してネットでも「八王子市作成のポスター攻めてて笑う」「思わずじっくり読んじゃう」など声が。


どうしてこのようなポスターを作ったのか、作成した担当者に話を聞くと、客引き、スカウト行為を行っている人は学生が多いことが判明」「学生はその行為が条例違反で罰則があることを認識していない」ため、学生に周知する目的で作成したという。


八王子市は特に大学が多く、JR八王子駅を中心に大学が23校存在する。この大学・学生にむけてポスターを作ったのだという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00010007-abema-soci


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近、大阪の道頓堀近辺を歩くだけでも元気そうな若い子たちが客引きやスカウト行為をしている。
それだけ元気なら他のことで社会に貢献すればいいのにとついつい言いたくなってしまうのは大人の性???かな???
とは言え、違法と知らずに客引きやスカウトをしてしまっているなら、、、まずは認識という部分から世の中に働きかけるしかないというのも納得ができる。


認識さえ整えば、何もわざわざ違法な高収入系のアルバイトを狙わなくても、合法な高収入のお仕事は世の中に溢れているわけで、男子も女子も合法な高収入のお仕事でキッチリと儲けていける世の中がもっと整っていけばなと思うのでした♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
立川風俗受付センター
私のあしながおじさん 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
『不倫経済学』(ベスト新書)より
門倉貴史




「風俗嬢の高齢化」で、熟女風俗の摘発増加中


門倉貴史著のベスト新書『不倫経済学』より、シニアの性風俗の実態を紹介する。


日本の性風俗の世界では、年々進行する男性客の高齢化に対応するかたちで、在籍女性の大半が60歳以上という、いわゆる「超熟女風俗」が増加傾向にある。


超熟女風俗店の在籍女性の中には、70歳代の方や80歳を超える元気なおばあちゃんもいる。全国各地で「超熟女風俗」が増えているのだが、その魅力を存分に味わえるのは、なんといっても東京の巣鴨だろう。


巣鴨の「超熟女風俗」は、待ち合わせ型のデリバリーヘルスが多い。これは、男性客が駅前やお店が指定する場所でコンパニオンと待ち合わせをして、一緒にラブホテルに向かうという業態である。


巣鴨に立地するラブホテルの多くは、入口から部屋に行くまでの段差がほとんどなく、バリアフリー対応になっているので、足腰の弱いシニア層でも利用しやすい。


「超熟女風俗」の客層の中心は、年金や生活保護を受けるシルバー男性で、種々のコスプレの中でも、古き良き昭和の時代を彷彿とさせる「かっぽう着」姿のコスプレをリクエストする人が多い。


料金は1時間9千円程度で、数ある性風俗店の中でも非常にリーズナブルなお値段と言えるだろう。


また在籍女性の中には、亭主に先立たれてしまい、身体が夜泣きをして寂しいという理由からこうした店で働いているケースも少なくない。お金とは無関係に、人恋しさから、あるいは自分自身が楽しみたくてこの仕事をしているということなので、普通の性風俗店と比べると、サービスの充実度は半端ない。


客層はシルバー男性ばかりかと思いきや、若い男性客がつくこともある。子供のとき、大好きだったおばあちゃんが亡くなってしまい、シニアの風俗嬢と一緒にいることで、あのときできなかったおばあちゃん孝行をしているような気分に浸れるという理由から「超熟女風俗」に足繁く通う若者もいる。


また、おばあちゃんの風俗嬢は総入れ歯になっていることが多いのだが、入れ歯を外して歯茎だけでしてもらうフェラチオが想像以上に気持ちよくて、病みつきになって「超熟女風俗」に通う若者もいる。






男性客と風俗嬢の高齢化が同時進行


ただ、おばあちゃんばかりが在籍する「超熟女風俗」は、売春防止法に違反していることがあり、警察にマークされやすいという問題も抱えている。


体力的に素股などのプレイが難しく、男性客を手っ取り早く満足させるために、禁止されている本番行為をしてしまうからだ。生理も上がっているので、避妊具をつけずに本番行為ができてしまうということもある。


実際、警察に摘発された事例を挙げておこう。まず、2010年には、東京・巣鴨の売春クラブ「淫美(いんび)テーション」が売春防止法違反(周旋)の容疑で摘発された。この店では、30代から60代までの女性従業員数十人に売春をさせて、5年半の間に1億6000万円を売り上げていたという。


また、2013年6月には、在籍女性の平均年齢が63歳という超熟女専門店『シルク』が売春防止法違反で摘発された。経営者の女性(当時63歳)は、2001年以降、3億2千万円以上の売り上げを記録していた。


警察の摘発が増えてからは、「超熟女風俗」を大々的に宣伝する店は少なくなったが、男性客と風俗嬢の高齢化が同時進行する中、「超熟女風俗店」の市場はまだまだ拡大していくとみられる。


http://best-times.jp/articles/-/3311


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高齢化は全ての日本全国に何の差別や区別もなく及んでいくってことね。
更には今までの人口比率では考えられなかったような需要と供給も生まれていくという良い面と悪い面にこれからの日本の全ての産業は向き合っていくことになるんだろうなぁ・・・。
時代と変化を見極め、継続・進化・発展が各業種に求められる中できっと素晴らしいロマンが日本各地で経験できるだろうと感じてしまった。
誰がそのロマンを味わえるかって?
それは自分の人生から逃げずにきちんと向き合った人よ♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
立川風俗受付センター
風俗SEO.com