関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
11日午前0時5分ごろ、東京都豊島区池袋の雑居ビル9階で、店舗型風俗店の女性従業員から「店長が包丁で刺された」と110番通報があった。警視庁池袋署員が駆けつけたところ、店内で背中と腹を刃物で刺された40代の男性店長を発見。重傷とみられ、命に別条はないという。


その後署員が周辺を捜索したところ、隣のビルとの間の路地に40代の男が仰向けの状態で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。同署では男が男性店長を刺した後に、9階の階段踊り場から転落したとみて詳しい状況を調べている。


同署によると、男は閉店準備中だった店内に「財布を落とした」と話して入店し、男性店長ともみ合いになり自分もけがを負ったという。現場からは凶器とみられる文化包丁1本が見つかったほか、階段踊り場に男の血痕が残っていた。


http://www.sankei.com/affairs/news/170611/afr1706110005-n1.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
なんかさ、、、こういうニュースを見ると今ある幸せが本当に有難く感じてしまう。
安全に屋根の下で好きなスイーツを食べて過ごしつつ、、、「あー洗濯物たまってるなー。。。明日頑張ろー。。。」と少し自堕落に過ごせる幸せをしみじみと感じてしまう。

SNS等で「俺は成功者になる!!!」みたいな人たちをよく見受けるけれども、、、成功者になったところで、幸せでいられるかどうかというところは全く別問題であると気づいている人はいるのだろうか??

成功者になったところで10分後には死ぬかもしれない。
要は何もかもが紙一重で成り立っているということを悟った先に本当の幸せがあるのではないだろうか?
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
【L 〜エル〜】
一発0円広告
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
近ごろ、夜の街では「派遣のキャバクラ嬢」が増えているという。特定の店には在籍せず、好きなときに好きな店へ出向き、日払いの給料をもらって帰る。ノルマもなければ残業もなく、ストーカーにつきまとわれるリスクも少ない。一見お気楽な働き方だが、その世界にはその世界なりの苦労もあるようだ。(フリーライター 岡林敬太)




● 年々増加している 派遣キャバクラ嬢


キャバクラ派遣会社。夜の世界で働く女性にとってはおなじみの言葉だが、多くの男性にとっては初耳なのではないだろうか。


在籍の子だけでは店が回らなくなることが、キャバクラにはよくある。週末、新規オープン、バースデーイベントの日、あるいは学生のキャバ嬢が就職で大量離脱する時期などだ。そんなときに“数合わせ要員”を調達してくれるのが、キャバクラ派遣会社である。


キャバ嬢を派遣する会社は全国に数多く存在し、そこへ登録する女性も年々増えているという。


以前は歌舞伎町の人気キャバクラに在籍していたが、現在は派遣のキャバ嬢として、関東のいろんな店を転々としながら働いているA子さん(29)が語る。


「私が水商売の世界に入った8年前と比べて、派遣のキャバ嬢は増えていますね。現状、キャバ嬢の約1割は派遣なんじゃないでしょうか。キャバクラ派遣会社はネットで探せば山ほど出てきます。登録は、いたって簡単。電話をかけてから派遣会社へ面接に行き、写真を撮ってもらい、名前、住所、働けるエリアなどを書くだけです」


面接では、水商売経験や、働きたくない店を聞かれるほか、「当日欠勤はしないように」などの説明を受ける。その後、ルックス・年齢・経験・性格の総合評価で、派遣会社が女性をランク分けするようだ。




● ノルマ未達ならペナルティも… 在籍キャバ嬢の厳しさに嫌気


登録が済んだら、指定されたサイトに自分のIDとパスワードを入れてログインすれば、いつどの店で何名募集という派遣求人の情報が何件も出てくる。この情報の内容は、女性のランクによって異なるという。


「若くて綺麗な子には高時給の求人情報が優先的に提供されますが、そうじゃない子は大衆店の情報が中心。私は後者です(笑)。スマホでこまめにチェックし、条件の合う店を見つけて、『出勤ボタン』を早い者勝ちでクリックする。ちなみに店は、派遣1名の1出勤につき、数千円の派遣料を派遣会社に払うみたいです」


派遣のキャバ嬢には、在籍のキャバ嬢にはないメリットが数多くある。


「まず、好きな日に好きな店で働けて、給料も日払いなのがうれしい。残業もなく、同伴やアフターに付き合う必要もないから、学生や昼職を持っている人の小遣い稼ぎに最適です。私の場合は、これが本業なんですけどね」


A子さんは在籍の厳しさに嫌気が差し、3年前から派遣に転向。以後ずっと、派遣キャバだけで生活しているのだとか。


「私がかつて在籍していたキャバクラは、『半月で同伴1組・指名3本』というノルマがあり、達成できないと数万円のペナルティを課せられました。だけど、派遣にはノルマもなければペナルティもない。その分、歩合はほぼなくなりましたが、マイペースで働けるからいいです」




● 1度きりのお客だから LINEメッセは無視


在籍時は、同僚や客との人間関係に悩まされることもあったそうだが、派遣はその点においても、ほぼノーストレスだ。


「どの店もたいてい一度きりの出勤なので、人間関係を築く間も、ストーカーがつく間もない。お客さんとの連絡先交換もしなくていい。しつこくねだられたらLINEだけは交換しますが、どうせ二度と会わないので、通知をオフにして返事はしません」


さらには、こんな金銭的メリットもある。


「たとえば、私が友達を派遣会社に紹介すると2人とも謝礼をもらえたり、その子が本入店すれば両者ともさらなる大金をもらえたり。ただし、友達を誘う分には構いませんが、派遣先でそういう話をするのはご法度ですね。在籍の子を引き抜かれる恐れがあるため、店の人もそのへんは警戒していますし、引き抜きがバレたら登録解除。誰かの引き抜き行為や、派遣会社を通さない直受けを密告しても報奨金をもらえるので、それで稼いでいる派遣の子もいると聞きます」


もちろんいいことばかりではない。派遣には派遣なりの苦労も多いという。


「毎回ドレスやヒールを持って出勤しないといけないし、暇な日は早上がりさせられることもある。あと、当日欠勤を何度かやらかすと登録解除になるので要注意です」


毎回違う店に行くので、環境の変化に戸惑うこともあるとか。


「ドリンクの頼み方や、帰りはどこまで見送るのか、などのルールは店によって異なるから、たまに混乱することも。あと、名前で困ることがある。私の源氏名が、在籍の子とかぶったら、私が違う名前を名乗らないといけない。その名前をうっかり忘れてしまい、お客さんやボーイさんに呼ばれても反応できないことがあります(笑)」




● 派遣を名乗るのはNG お客には「体験入店」でごまかす


ノルマもなければ後腐れもないため、手を抜こうと思えばいくらでも抜けるのかと思いきや、そうでもないらしい。


「ボーイさんが目を光らせています。『あの子、喋ってないじゃん』と思われてしまい、店から派遣会社にNGが出ると、翌日からはログインしてもその店の求人情報が表示されなくなっちゃう。そうなると凹むから、お客さんとはちゃんと会話をするよう努めています。ラクして会話を弾ませたかったら、『私、このへんに越してきたばかりで何も知らないの』とウソをつきつつ、美味しい店を聞くのが一番。相手は張り切って教えてくれますから、場が盛り上がっているように見えます」


ところで、派遣のキャバ嬢には、職場における絶対的な禁句があるという。それは、「派遣」という言葉だ。


「誰に対しても『体験入店です』もしくは『今日が在籍初日です』と言うように派遣会社からも店からも指導されています。在籍の子に派遣だと明かしてしまうと、軽視されて働きづらくなる可能性があるし、逆に興味を抱かれても困るんです」


「派遣ってどう? 儲かるの?」みたいな会話に発展すれば、周囲から引き抜き行為を疑われてしまうのだとか。


「また、お客さん対して『私は今日だけの派遣です』と明かすことも、『だったら指名する意味もドリンクを奢る意味もないじゃん』となってしまうのでNGです。だからキャバ嬢に派遣がいるということは、ほとんどのお客さんが知らないと思います。もし私目当てで再び来店したお客さんがいたら、『合わなくて1日で辞めちゃいました』とボーイさんが説明してオシマイです」




● 1人で暮らせる収入はあるけれど… 派遣先は30歳を超えると激減


派遣のキャバ嬢は、店内で待機中に携帯電話を使うことも禁止されている場合が多い。「あの子、新人で指名も取れないくせに、なんで携帯をイジってんの? 時給もらってゲームでもやってんの?」という顰蹙を方々から買わないためのマナーらしい。


「待機中に携帯を触っていない子を見つけると、『きっとあの子も派遣なんだろうな』とは思いますが、給料などの情報漏洩を防ぐため、派遣同士で仲良くなることも派遣会社から禁じられているので話しかけません」


派遣のキャバ嬢としてかれこれ3年、週4日ペースで働き続けているA子さん。ズバリ、現状に満ち足りているのだろうか?


「1人で暮らしていけるだけの収入はあるけど、自分を偽りながら、目立たぬよう、誰とも深く関わらぬよう、ただ時間が過ぎるのを待つだけの仕事だから、やりがいはないですね。できれば昼職に就きたいけど、ずっと水商売だったから、何をしたらいいものやら……。気づいたらもう29歳。30を超えたら、派遣先はうんと減る。それまでに身の振り方を考えないと」


そう言いつつ、彼女は今日も手癖のようにログインし、キャバクラの派遣求人を探し続けるのだった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00130469-diamond-bus_all

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
自分を偽りながら、
目立たぬよう、
誰とも深く関わらぬよう、、、
ただ時間が過ぎるのを待つだけの仕事。。。

人生でそういう風に仕事と向き合う時期もあるのかもしれない。

だけれど、それが本当に自分の人生を大切にしているのか?
そう問いたくなる記事。

自分の人生を大切にするためのツールとして、人生に対して逃げの姿勢ではなく、自分の人生に真摯に向き合う姿勢で、高収入のお仕事が女性の中で活かされていくのが理想なんだけどな・・・と考えさせられたのでした。


カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 全国
地域詳細タグ: 東京 全国
改札劇場
一発0円広告