関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
また一つ、名所が消えた。東京の新宿・歌舞伎町で1977年から営業してきた老舗ストリップ劇場「新宿TSミュージック」が15日、閉館した。あまたの踊り子を輩出し、歌舞伎町のネオン街に欠かせなかった“伝説の劇場”の最後を見届けようと全国から多くのファンが集結。戦後の大衆文化史に残る、感動のフィナーレとなったが、このままストリップの灯は消えてしまうのか――。

同劇場はビル家主側に起こされた立ち退き訴訟の末、15日限りでの閉館が昨年に決まっていた。グランドファイナルへ向け、連日、多くのファンが押しかけていたが、最終日はさらに膨れ上がり、40ある座席は瞬く間に埋まり、立ち見でさえも入りきれないほどの大盛況だった。

同日深夜、すし詰め状態の中で最後のステージが終わると客席からは大きな拍手が起こり、気温0度の寒さを感じさせない熱気をまとったまま、皆が帰途に就いた。

現行の風営法では、ストリップ劇場を歌舞伎町かいわいで新規オープンさせるのは実質的に不可能で、同劇場は約40年の歴史に幕を下ろすことに。歌舞伎町でストリップの殿堂として名をはせ、独自の大衆文化を築いてきた「新宿TS」が看板を下ろすのは、なんとも残念な状況だ。

深夜番組「トゥナイト」「トゥナイト2」(テレビ朝日系)で同劇場をリポートするなどストリップ文化に造詣の深い映画監督の山本晋也氏(77)は「仕方ないことではあるけど、なくなってしまうのは惜しいし、さみしい」としみじみ振り返る。

「テレビで踊り子を紹介すると、それで一気に人気が出てスターになる子がいたり、『自分もああなりたい』という子が出てきたりしました。狭い劇場の中ではファンと踊り子のコミュニケーションが出来上がっていて、精神的な恋愛に近い、粋な世界がありましたね」

山本監督自身も、様々な光景を脳裏に焼き付けてきた。

「劇場の楽屋に行くと、文庫本を読んでいる子がいて、よく見ると三島由紀夫の『金閣寺』なんです。でもこっちが気付くと恥ずかしそうにそれを隠すんですよね。あとは、踊り子さんがどこかで見た踊りをしているなと思ったら、かつて踊り子だった人が引退して、次の世代に伝承していたり。ボクは女の子たちの舞台を見ているとまるで妖精が踊っているように見える時がありました」

約20年にわたってTSミュージックの運営に携わってきた岡野健太郎社長は劇場を取り巻く変化を日々見つめてきた。

「女の子たちに関していえば、アイドル文化の影響でダンスのバラエティーは広がったし、全体的なレベルも上がったと思います。来ていただくお客さんには大きな変化はありませんが、それでも、昔は団体がメーンだった中国人のお客さんが、最近は個人旅行として来られるようになったりしました。日本でモーターショーが行われると、日本車の視察という名目で中国から来日された団体さんが、よく劇場に来たものです」(岡野氏)

歌舞伎町は浄化作戦が進み、次々と名所が消え、かつての面影はなくなってきている。岡野氏は「表に立って、きちんと税金を納めながら法律の中で営業している店がなくなれば、店舗型風俗店は“地下”に潜るし、空き店舗はぼったくりバーになって被害者が出る」とも。目先の摘発に終始するばかりの浄化作戦には、全体のビジョンが見えないと指摘した。

そんな岡野氏は自身の今後について「当面未定」としつつ、新たな夢ものぞかせた。「やはり、今せっかくここに芸術性の高い文化があるのだから、なんとか守りたい。彼女たちを出演させられるようななんらかのステージやショーをルールの範囲内でやってみたいなとは思っています」

志ある者とファン、そして踊り子がいる限り、まだまだストリップの灯が消えることはない。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/641008/
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: ランジェリーパブ
地域詳細タグ: 東京
街中娘の秘密の素顔。。営業
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
番組の「業界の裏側大暴露SP!」という企画に、「新宿歌舞伎町 伝説の元キャバ嬢スカウトマン」という奥野高徳氏が登場し、漫画「新宿スワン」のようなスカウトマンの実態について語った。

奥野氏が在籍していた会社は、自分がスカウトして店に紹介した女性の稼ぎ分の10パーセントが報酬になる歩合制だったそうだ。
そのため、月に200万円稼ぐ女性をふたり紹介すれば、何もしなくても月に40万円の収入が入る仕組みだ。
また、女性が売れっ子となり誕生月になると、売り上げは1000万円に達することもあり、その場合は100万円の収入になるそうだ。

さらに奥野氏は、悪質な風俗スカウトマンのやり口も暴露した。
収入モデルはキャバ嬢スカウトマンと同質のものだが、女性にホストクラブを紹介し男に貢がせるそうだ。
当然、スカウトマンとホストは結託しており、女性は貢ぐための金を稼ぐために風俗で永遠に働き続けるはめになるそう。

この負のスパイラルの仕組みを聞いたMCのネプチューン・名倉潤は「地獄やん、それ」と驚きを隠せなかった。 
http://news.livedoor.com/article/detail/14063957/
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
私のあしながおじさん 営業用
アドミ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
「興味があります。じつはちょうど六本木で働こうと思ってました!」

5年ほど前、スカウトの勧誘に笑顔で答えた写真の女性。
「もえあず」の愛称でお馴染み、もえのあずき(29)だ。

もえのは、2012年3月に、つんく♂プロデュースのアイドルグループ「バクステ外神田一丁目」の一員としてデビュー
『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)に “大食いアイドル” として2013年9月から登場。
女王戦でここ3年連覇している大食いクイーンである。

もえのが2012年の2月末から9月末までの約7カ月間、ホステスとして働いていたのは、六本木の老舗クラブP。座るだけで5万円は下らない高級店だ。 

「真面目で月3人の同伴ノルマはクリアしていました。酒が異常に強かった。しつこく交際を迫ってくる客に閉口して辞めていきましたね」(Pの関係者)

さらにその間、店内ロマンスもあったというから驚きだ。Pでスカウトとして働いていた元恋人が語った。

「入店から2カ月後、せがまれて閉店後に焼き肉屋にいった。ほかの同僚男性と3人で会計は6万円超! 4万2000円分は彼女が食べました。次の日また誘われて寿司屋に行ったらなぜかほとんど食べず、思いつめた様子で『すごい好きな人がいる』と。『誰?』と聞くと『あなたなんですけど』って」

開店までの自由時間や休日の週3、4回、内緒で逢瀬を重ねた。互いに自宅は持ちつつ、別宅を借りての半同棲。

「デートは牛丼屋、ラーメン二郎……CoCo壱番屋ではカレーを3キロ。
さらに、『おやつ』と言ってビッグマックを5個も食べたり。
家では料理をしてくれました。
オムライスが得意で、僕のぶんは米が丼1杯、彼女は丼3杯」

所属事務所に確認すると、「勧誘されて1日体験入店しただけ。衣装が合わなかったのと、悪いと思って辞めた。スカウトの男性とご飯には行ったが、交際の事実はない」と回答。

家族で大食いだという彼女の胃袋は、無名時代もスゴかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00010001-flash-ent
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
風俗SEO.com
私のあしながおじさん 営業用
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
「真っ暗になったホテルの一室で、彼は突然、『ねえ、キメセクしない? メッチャ気持ちいいよ』と言い出したんです。びっくりですよ。私が嫌がっても、口移しで無理矢理クスリを吸わせようとしてきた。二人きりの密室だし、怖くて逃げることもできませんでした……」

バスト115センチ、Iカップ。誰もが振り向く魅力的なスタイルの30代女性の愛さん(仮名)は、クスリを強要された恐怖の瞬間をこう語り出した―。

10月11日、ものまねタレント・清水アキラ(63)の三男で俳優の清水良太郎容疑者(29)が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁目白署に逮捕された。今年2月に『FRIDAY』が闇カジノ通いを報じ、4ヵ月間の謹慎の末、6月に復帰したばかりのタイミングで起きた出来事だった。

違法賭博の次は薬物使用。どうしようもない二世タレントが起こしたこの事件だが、本誌は彼の覚醒剤使用を現場で目撃し、警察に通報したという女性・愛さんとの接触に成功した。

都内ホテルへの派遣型ヘルス(デリヘル)で風俗嬢として働く愛さんは、事件当日の10月10日、派遣元の店からの指示を受け、現場となった池袋のホテルへ向かった。そして指定されたホテルの一室で彼女が見たのは、薬物使用の異様な光景だったという。愛さんが語る。

「この日、彼は『ハヤミ』という名前で午前11時半から2時間のコースを予約していました。ホテルに着く20分前に、彼に『今日はよろしくお願いします』と挨拶の電話を入れたんですが、『早く来てよ!』と焦れた様子で返されました。結局、ホテルに到着したのは、11時35分ごろ。部屋のドアをノックすると、ガチャッと解錠する音だけが聞こえてきました。普通、そこでお客さんが部屋に招き入れてくれるんですが、何も応答がないんです。30秒ほど待ってみましたが反応がないので、自分でドアを開けました。すると、彼はすでに真っ暗なメインルームに引っ込んでいて、ソファに腰かけていた。備えつけのテレビからAVが流れていて、画面の明るさで人の姿が見える状況でした。ガリガリの、やせ細った人だな、と思ったのを覚えています」

この後、プレイが始まると清水容疑者は、薬物の使用を始める。

10月20日発売のFRIDAY最新号では、愛さんが目撃した清水良太郎の異常な行為を克明に報じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010000-friday-ent
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 全国
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 東京
私のあしながおじさん 営業用
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
【アダルトビデオの出演を強要された女性】
「自分ができないと思ったこともやらされたし、痛いって言って泣き叫んでた。心も体もズタズタな状態で帰ったという記憶があって」

いま、社会問題となっているアダルトビデオへの出演強要。背景には少女たちを狙うスカウトマンの存在があります。 

【記者リポート】
「あ、男がいきました。男がずっと女性につきまとっています」

大阪の夜の繁華街でも、その姿が… 

【アダルトビデオの元スカウトマン】
「もうお金としかみてないです。2人きりになれれば何とでも言えるので」

<少女たちの身に迫る危険とは一体?>

かおりさん(仮名)のきっかけは5年前。大学4年の時、駅前である男に声をかけられたことでした。

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「芸能関係で活動されています?って言われて。有名アーティストの名前出してこういう子もプロデュースして、デビューさせたんだよって。この人なら信用できるかなって雰囲気はありました」

音楽業界への憧れがあったかおりさん。就職も決まっていましたが、音楽デビューを約束するという男の言葉を信じ、芸能プロダクションへの所属を決意しました。

しかし、最初の仕事はサイパンでのグラビア撮影。さらに、ヌードまで要求されたのです。そして、撮影の最終日、プロダクションの社長から唐突に話を切り出されました。

【アダルトビデオ出演強要の被害にあったかおりさん】
「AVは芸能界でいうここで、グラビアアイドルは芸能界で言うここだよって。
一回世にさらしちゃったんだから、どんどん脱いでいかないとみたいなことを言われて。そういう方向に行きたいわけじゃないんでって言っても、ずっと説得してくるんですよ」

プロダクション側の勝手な言い分で、かおりさんにアダルトビデオの出演を要求。その後半年間、説得は続き、状況はさらにエスカレートしていきます。

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「椅子で囲まれて、一回ヌードになっちゃってるから、もうそこ(アダルトビデオ)にしか道はないよみたいな感じで。やめたいですと言ってもすごく威嚇してくる雰囲気を出してくる。とにかく帰してくれない。逃げられないんですよ

かおりさんは精神的に追い詰められ、契約書にサインし、出演せざるを得なくなりました。なぜ、このような状況に陥ってしまったのでしょうか?

<元スカウトマンが語る実態とは?>

取材班は、およそ2年間アダルトビデオのスカウトをしていたという男性に接触しました。

【アダルトビデオ元スカウトマン】
「モデルさんとかタレントしませんかとかそういう入口を広めにとって入っていく感じが多い。簡単に芸能人になれそうな世の中なんで、スカウトマン的にも声をかけやすい」

少女たちの心を巧みにくすぐるスカウトマン。彼らを動かすのはプロダクションからの高額な紹介料です。

【アダルトビデオ元スカウトマン】
「紹介すれば多い時で1人30万円。嘘ついてでもプロダクションに連れていったりしますね。そういう現場に来てしまえば後戻りできない」

度重なるプロダクションからの圧力に対して、逃げ道がなくなったかおりさん。当時の心境を綴った日記には…

―かおりさんの当時の日記―
「私が勝手に飛び込んでいく判断が親戚にまで悪影響を及ぼすことになる。私はどうなってもいいけど迷惑はかけたくありません」

【出演強要の被害にあったかおりさん】
「自分ができないと思ったこともやらされたし、痛いって言って泣き叫んでた。はい、またやり直しね あなたが泣いてわめくから全然帰れない、これ終らないと帰れないよって。できないはだめっていうことだった」

しばらくはトラウマで家からも出ることができなかったというかおりさん。結局、プロダクションの社長が金を持ち逃げし、音楽の夢も叶うことはありませんでした。

少女の人生を大きく変えてしまう、アダルトビデオ出演強要問題。
ことし10月、執行猶予付きの有罪判決を言い渡された男は、インターネットサイトで「給料3時間5万円、モデル募集」と呼びかけ、女子高生など200人以上に出演を強要したとされます。

関係者によると、いまアダルトビデオ業界は、出演料が安くすむ普通の少女を狙っているといいます。

【スカウトされたことがある22歳の女性】
「前働いていたスーパーの店に名指しで電話かかってきて、うちの部下があなたのことを見て、ちょっと気になったみたいと電話してきて」
(Q.なんの勧誘?)
「アダルト(ビデオ)」

【16歳の娘をもつ母親】
「昔小さい時(娘が)スカウトされたことがあって、娘が一人で出歩くときは報告してもらいたいなって思う時はある」

様々な形でスカウトされる少女たち。なぜ出演を拒否できないのでしょうか?

<背景に“契約書”の存在>

これは関西テレビが手に入れたあるプロダクションの契約書です。
「自分の意思でヌード撮影を決意し、専属タレントとして出演業務を行う」
あくまで強要ではないとした上で…
「出演業務を拒んだ場合は、それによって生じた一切の損害について賠償しなければならない」

少女たちにとって一方的に不利な契約。出演を拒否した場合、契約書をたてに、数千万もの違約金を求める業者もあるといいます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00001001-kantelev-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
Club☆痴女ギャル
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan