関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人

東京五輪を控えたいわゆる「都市浄化」の一環なのでしょうが、東京にまたショウモナイ条例ができました。以下、FNNからの転載。

東京・文京区 客引きに罰金5万円

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171002-00000229-fnn-soci

10月から、最大5万円の罰金が科せられることになる。東京・文京区の繁華街で、2日に行われたパトロールには、警視庁と地元の住民など、およそ100人が参加した。

客引きを禁止する条例では、指導や警告に従わなかった場合、最大5万円の罰金が科せられるほか、客引きをした人の氏名や住所、店舗名などが公表される。この地域では、2016年の1年間で、客引きをめぐるトラブルが多数あったということで、警視庁は、住民と力を合わせて、対応にあたる方針。

客引き禁止条例の功罪に関しては、今年6月に発売された拙著「夜遊びの経済学」の中でもかなり詳細に言及を行っています。まず大前提として、東京を含めて我が国の主要都市には客引きと、その先に生じる可能性のある飲食店等のぼったくりに対処できる法令は以下のように既に沢山あります。

1. 風営法:

風俗営業者に対して、客引きおよび、立ちふさがり、つきまといなどを禁ずる(法第22条)

2. 迷惑防止条例:

性風俗等の客引き、一般商業者の強引な客引きおよび執拗な付きまとい、性風俗等のスカウト行為

3. ぼったくり防止条例

性風俗店等に対する料金明示義務、不当な勧誘および料金の取立て禁止

このように既に客引きおよびぼったくり規制が様々な形で存在するにも関わらず、特定の地域において強引な客引きや、その先に生じるぼったくり被害が絶えないのだとすれば、それは現存する法令が正しく運用されていないからであって、規制が不足しているからではありません。そのような事実をすっ飛ばして、実は現在多くの都市部繁華街において「客引き」そのものを禁止する条例の制定が広がっており、今回東京の文京区において施行されたのもまさにその種の条例であります。

ただ「客引き」というのは、街に広がる繁華街において必要な「機能」でもあります。

特に、大通りに面していない裏通りの雑居ビル、もしくは大通りに面しているが地下や高層階に立地するような商業店舗にとって、「客引き」は視認性の悪さを補完し、そういう立地でも商業が成り立つ為に必要不可欠な「営業行為」です。逆に、特定の地域において客引きを認めないということは、そういう視認性の悪い店舗の成立を認めないということであり、街は裏通りから徐々にテナントを失ってゆく。当然ながら、そういう地域の不動産価値も下落してゆくことになります。

では逆に「客引き」を禁止して、街の平穏が獲得されるのかというと実は全くその逆の減少が起こったのが、2013年に「客引き禁止条例」を施行させた新宿区歌舞伎町の事例。歌舞伎町では2013年以降、表面上「客引き」の数は街から減りましたが、実はその裏側でぼったくり被害件数が急増し2015年に通報件数がピークに達しました。

【参照】歌舞伎町でぼったくりトラブル急増、取り締まり態勢強化

http://www.sankei.com/region/news/150524/rgn1505240005-n1.html

新宿区の歌舞伎町地区で客引きが案内したキャバクラなどが高額料金を請求する「ぼったくり」トラブルが多発していることを受けて、警視庁は同地区の取り締まり態勢を強化し、街頭での注意を呼びかける啓発活動やパトロール活動を始めた。

警視庁によると、今年1〜4月のぼったくりの相談件数は歌舞伎町地区だけで約1千件と、前年同期の約10倍に急増した。

それは何故か?実は、2013年の客引き禁止条例の施行によって表面上の「客引き」の数が減少したのは、前出のような一般的な飲食店やカラオケ店などが条例の施行以降に客引き行為を引き上げたから。一方、そもそもぼったくりをするような悪質な飲食店や性風俗店等は客引き行為が条例で禁じられようとも、そんなものは意にも介さないワケで、実は条例の施行後も根強く地域に「客引き」として残ったからであります。

実は新宿歌舞伎町において悪質な飲食店や性風俗店のぼったくり被害が激減することとなったのは、2013年の客引き禁止条例からではなく、2015年に上記のようなぼったくり被害がピークに達したことで警視庁がぼったくり防止条例の運用を強化し、これまで民事不介入を貫いていた客と店の間の金銭トラブルに介入を始め、悪質と認めた場合には「摘発も辞さず」のスタンスを取り始めて以降のことであります。

すなわち、繰り返しになりますが悪質な商業者によるぼったくりや、強引な客引き、つきまとい行為は、既存の法令で禁じられた行為なのであって、客引きそのものを禁ずる前にそれら法令を正しく運用することが必要であるということ。その上で「客引き」そのものを禁止すべきかどうかは、「客引き」がすべからく悪いものであるという先入観を除いた上で、その是非を論議することが必要であるということです。

個人的には「客引き」は街の賑わいを維持する為に必要な構成要素の一つであって、それを十把一絡げに禁じてしまう行為は街そのものの「価値」を減退させる行為であると思います。

https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20171003-00076492/

カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
改札劇場
横浜ミクシーグループ_営業
風俗体験動画無料レポートブログ管理人

ミュージカルに、音楽ライブやダンス。欧米では大人が深夜まで楽しめるクラブ文化が根付いている。世界でナイトタイムエコノミーと呼ばれる「夜遊び経済」を盛り上げようという機運が、日本でも高まってきた。訪日外国人客の「夜、遊べる場所が少ない」との声をきっかけに、年間4000億円ともいわれる夜遊び市場が日本にも誕生するかもしれない。

■公演開始は夕食後の午後8時
「異文化の融合が面白かった」。9月上旬、東京を初めて訪れたスイス出身のバーナード・リクターさん(44)は興奮冷めやらぬ様子で話す。
観賞したのは東京・品川のホテルで催された「WA!」。アルゼンチンのパフォーマンス集団「フエルサブルータ」が太鼓などの日本文化を組み入れ、音楽や光、映像、踊りを融合させた70分間のショーだ。チケットは1人7600円から。
しかけたのはサザンオールスターズなどが所属する音楽事務所アミューズ。「日本には外国人向けのエンターテインメントがない」との問題意識があり、構想を練り始めた。夕食後から終電までを意識し、最も遅い公演開始時間を午後8時とした。アミューズ総合研究所の辰巳清主席研究員は「観光、宿泊、エンタメを一緒に楽しむモデルケースにしたい」と話す。

JTBも9月中旬から品川のホテルで和太鼓のショー「万華響」を始めた。訪日外国人客を意識し、夜の公演の開始は午後8時半。「再来年に常設のショーをめざす」(JTBコミュニケーションデザインの大塚雅樹常務)。松竹も夜遅くから公演する案を温める。

■風営法改正で大手企業も参入しやすく

訪日客は日中は観光に忙しいが夕食後は時間を持て余している。めぼしい夜遊び拠点は海外でも頻繁に紹介される新宿の「ロボットレストラン」と原宿の「カワイイ モンスターカフェ」くらい。空白地帯に大手企業が触手をのばし始めた。
主な対象は午後8時から午前2〜3時。今はこの時間は飲食やクラブ、カラオケなどが主体だが訪日客の消費は少ない。遊べる場を増やして経済を活性化させる狙いだ。

市場規模は不明だが、A・T・カーニー日本法人の梅沢高明会長は「訪日客が夜に1万円多く使えば2020年に4千億円を見込める」と語る。
夜遊び経済に詳しい斎藤貴弘弁護士は「風営法改正で、一定のルールのもとにダンス営業などが朝まで認められるようになり、大手資本が参入しやすくなった」という。自民党は4月にナイトタイムエコノミー議連が発足。事務局長の秋元司国土交通副大臣は「日本の夜はハコ不足といわれたが、これからは健全な市場を作れる」とみる。

政府は17年中に夜遊び経済の底上げに向けた検討会を設け、交通インフラや立地・残業規制などの問題の解消を急ぐ。若年層の安全の確保・保護への配慮も課題だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00000005-nikkeisty-bus_all

カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
フェチさんアモイ
ミネラル
風俗体験動画無料レポートブログ管理人

生徒・学生たちの夏休みも終盤、様々な体験を積んでいることだろう。なかには、新学期には、まるで別人になる人もいるかもしれない。それが、彼ら、彼女たちの未来にとって明るい変化であればよいのだが。SNSに広がる謎のハッシュタグ「援」「援助」と、それを利用して脱法管理売春を試みる悪質業者の存在について、ライターの森鷹久氏が追った。

* * *
夏休み真っ只中の、8月上旬のある日。東京・池袋の路上のあちこちに、携帯電話を片手に立ちすくむ少女たちの姿があった。公園の入り口、駅構内、交番の横に立つ少女たちは、一見すれば、友達との待ち合わせか、あるいは彼氏とのデートを待ち焦がれているようにも見える。筆者のように穿った見方さえしなければ。

「池袋の“援デリ”がすごい。SNSを巧みに使用する方法で、取締りが全く追いついていない状況」

こう話すのは、警視庁関係者。援デリとは「援助交際デリヘル」とでもいえばよいだろうか? すなわち「援助交際を装った派遣型性風俗」のことを指す。一般的なデリヘル(派遣型風俗店)との一番の違いは、派遣されてくる女性が、SNSなどを介したやり取りによってやってくる「素人風」の女性である、ということだ。池袋界隈で店舗型性風俗店を営む前田氏(仮名)は、この「援デリ」の台頭により、少女たちが危機にさらされていると断言する。

「性風俗店を営む場合は、店舗型でも派遣型であっても、必ず当局や役所に届け出ます。援デリは業者がやっていることがほとんどだが、そのほとんどはモグリ。逆に言えば、モグリだからこそ援デリをやるしかない。となれば、援デリをやっている業者がまともである訳がなく、そこで働く少女たちも危ない目にあう危険性が非常に高い、ということが言えます」

池袋駅東口を出て五分ほど歩いたところにあるX公園。白いショートパンツにレイヤードのタンクトップ、ロングの金髪にキャップを被った少女が、スマートフォンを片手に立っていた。10分ほどして現れたのは、スラックスにワイシャツ姿のサラリーマン風の男性。筆者と同じ、30代半ばくらいだろうか。あどけなさの抜けない少女と男性のツーショットには違和感どころか、背景に犯罪めいた何かを想像してしまう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170826-00000017-pseven-soci

カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
大阪風俗NEWS
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
裏社会ジャーナリストのカワノアユミ氏が、個人撮影会を装った違法風俗の実態を明かした。1週間で70万円を稼いだ素人もいるという。

11月16日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」は、「直接取材したから話せる! 業界のヤバい裏側大暴露SP」として、風俗業界の最新事情などが明かされた。ゲストで出演したカワノ氏は、裏風俗について紹介。SNS上で「カメラマン募集」や「モデルやります」などと募集している撮影会の中には、業者が“裏風俗”として扱っているものもあると明かした。性行為などのオプションが用意されているそうで、カワノ氏が知る素人は、1週間で70万円を稼いだという。

カワノ氏は、撮影会を装った違法風俗の人気の理由を「素人っぽいところもいいし、普通の風俗と違う要求もできる」と説明する。「体中に生クリームを塗った写真を撮ってから本番行為がしたい」という要望があったとの話が暴露されると、スタジオは驚きに包まれた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00010003-trendnewsn-ent
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
アドミ