関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
月の月間打率は驚異の3割8分9厘、31日には投手としても先発登板し、4月の左太腿負傷による長期離脱から“二刀流”での復活を果たした大谷翔平(23)。
ヤンキースのキャッシュマンGMが視察に訪れるなど、世界中から熱視線を浴びているが、そんな中、日本の記者たちの間に“仰天情報”が駆け巡った。
なんと「大谷がソープランド通いをしている」というのだ。


「埼玉県の大宮にある『W』というソープランドの待合室に大谷のサインが飾られているそうなんです。
『人目を忍んで通っているのでは?』『断わりきれずサインしたのか』と話題になったのです」(スポーツ紙記者)


これは現地で確認するほかない。本誌記者が『W』に潜入して待合室を見渡せどサインは……ない。仕方なく店員に聞くと、平然とこう答えた。


「数日前までは飾ってましたよ。大谷選手本人が書いてくれたもので間違いありません」


ではなぜ外してしまったのか。


「事情があって撤去したんです。もとはオーナーが大谷選手の大ファンで知人から譲り受けたもの。
大谷選手が店に来たことがあるわけではないんです」(同前)


店員はお茶を濁すが、こんな「事情」だった。


「サインのことを伝え聞いた球団関係者が外すように掛け合ったそうなんです」(別のスポーツ紙記者)


日本ハム広報担当は、本誌の取材を受けて店側に確認したとした上で、「誤解を招くような掲出は止めていただきたいと求め、以後も同様のことがないよう注意を促した」という。


大谷には寝耳に水のメーワクな出来事だったわけだが、風俗店にまでサインが飾られるとは、“有名税”も規格外だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00000022-pseven-spo
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 東京
MILKY WAY 営業用
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人
かつては“NK流“と呼ばれる違法風俗店が乱立、歓楽街としてのイメージが強い西川口(JR京浜東北線)。


駅前の周辺半径100m以内にはおよそ20件もの中華料理店が存在。いまや、ここが風俗街だったのか、という雰囲気だ。中には日本では滅多に食べられない郷土料理のお店もあり、「地鶏茸鍋」という、鶏肉・しいたけ・ジャガイモなどを甘辛く煮込んだ東北地域ならではの料理などが楽しめる。客の多くは中国人だ。川口市在住のある中国人は「東北地域の出身ですから、みんなで大鍋を囲んで食事をするのが好きなんですよ。懐かしい味で美味しいですね。食べると故郷を思い出します」と話す。


また、中国人向けのスーパーもあった。本格的な中国食材を取り扱っており、買い物客が県外からも訪れるという。一番の売れ筋商品は、なんと“生きたスッポン“で、値段は1匹4500円。家でさばいて食べるのだという。


蕎麦店を営む小久保亮治さんは「今から20年前くらいに日本語学校ができたことで、多くの中国人留学生が来た、留学しながら飲食店で働く場所もいっぱいあって、ここに住み着くようになったのではないか」と話す。


西川口に住む中国人たちからは「住みやすいかな。友達いっぱいいるから」「昔より風俗がなくなったから。子供とか家族(連れ)も住めるようになったね」と話す。また、顧客の半数以上が中国人だという不動産屋の店長・王磊さんは「都内にアクセスが良いということと、レストラン・物産店など、だんだん生活しやすくなりまして、都心に比べたら安いですし、お得な感じですね」と説明する。西川口駅から東京駅までは直通で約30分というアクセスの良さである上、1Kの物件で比較すると、家賃は都会よりも約2万円も安い。外国人向けの賃貸物件が多く、不動産業界もそれをサポートしている。


しかし、なぜあの西川口が“リトルチャイナ“と呼ばれるまでになったのだろうか。


10年ほど前から、違法風俗店は取り締まりによって廃業、当時の半数以下になったという。それによって生まれた風俗店の空き物件を利用して中国人が続々と料理店をオープンさせていったのだ。その結果、一つのビルに複数の中華料理店が入っているケースもある。これについて社会学者の鈴木謙介・関西大学准教授は「風俗の跡地は借り手が少ないので、ビルのオーナーが借りてくれる人たちに貸していった結果という部分もある」と解説する。


中国・東北地域の郷土料理を扱う中華料理店の店長・王依飛さんが「将来的に(横浜のような)中華街になれば私はとても嬉しいです」と話すとおり、怪しい風俗街から、活気あるリトルチャイナへと変貌を遂げた西川口が、横浜中華街のようになる日が来るのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00010000-abemav-bus_all

カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
「デリヘルタイムズ」
私のあしながおじさん 営業用