関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
“相互観賞ラブホ”を体験した女性「誰が見ているかわからないドキドキ感にハマってしまい…

昨年リニューアルされたラブホテル「SARA錦糸町」にある2組のカップルで利用できる部屋が人気を集めている。理由は「スワッピング」や「相互観賞」での利用だ。

ここまであからさまに謳わずとも、スワップ愛好者御用達の隠れた名店は複数存在する。都内のSM店で働く女王様の玲子さん(仮名・25歳)が教えてくれた。

「東麻布の『A』というSM専門ラブホは扉にスリッパを挟むと乱入OKの合図。見知らぬ女王様と出会うスリルを求めていたお客様の要望で以前、合図を出したら、綺麗なレズカップルが飛び入り参加してきたこともありました(笑)」

夫婦で乱交パーティに参加するという後藤久美さん(仮名・35歳)はスワップの魅力をこう語る。

「私はセックスレス解消のために始めました。いわゆるソフトSMの範疇ですね。自分の配偶者が他人の女を抱いているのを見て、嫉妬にかられ、愛が深まるんです

そんな彼女が初めて相互観賞を体験したのが新大久保にあるラブホ「M」。そのテの趣味の人間にはかなり知られた場所だという。

「隣の部屋同士の窓と窓とがすごく近いから、お互いのセックスが見られるんです。窓の手すりにタオルをかけたら覗きOKの合図。誰が見ているかわからないドキドキ感にハマってしまい、それ以来、ハプバーやカップル喫茶にも通うようになりました」

相互観賞ができる部屋は1階の105、108号室。2階の205、211号室の4室。この部屋を目当てに2度足を運んだが、3時間の休憩が3000円と低価格なこともあり、デリヘルの利用客で常に満室。3度目の正直で、108号室に入れたのが、平日の23時。パネルでは向かいの105号が在室。いやが上にも期待が高まるが、残念ながら夜明けまで電気がつくことはなかった。

帰り際、受付の女性に「窓」について聞くと「覗く人がいるので注意してください」と一言。やっぱり“お約束”ってことなのね?

― 潜入ルポ[男の快楽]危険地帯を行く! ―

http://nikkan-spa.jp/1107260

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人に見られてるかもって思ってデキる!?!?!?
すごいね!!!!
全ッ然理解できない!!!!!!
世の中、知らないことがいっぱい!!(´・ω・`)
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
地域詳細タグ: 東京
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人
【L 〜エル〜】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
手をつないで電車に飛び込み自殺――園子温監督の映画『自殺サークル』を想起させる不可解な事件に、世間には大きな衝撃が走った。

9日夜、東京・品川区の東急大井町線の荏原町駅で女子中学生2人が急行電車にはねられ、死亡した。警視庁は2人が飛び込み自殺した可能性が高いとみて調査中。警視庁によると、いずれも区内に住む13歳の女子中学生で、捜査関係者の話によれば、2人は手をつないで電車に飛び込んだとの目撃情報もあるという。

現場に残された2人のかばんから見つかった手書きのメモには「死にたい」などと書かれており、警視庁荏原署などによると、2人はともに演劇部に所属する親友で、9日は部活動を終えた後、午後6時過ぎに学校を出た。遺書と見られる手書きのメモには、人間関係の悩みなどが書かれていた。

中学生の自殺は17年ぶりに年間100件超を記録

日本の年間自殺者は全体として減少傾向にある。1998年以降、14年連続で3万人を超えていたその数は、2012年から4年連続で3万人を割り、2015年は2万3971人に。人口全体では自殺が抑制されつつあるにもかかわらず、中学生の自殺傾向は強まっているようだ。

警視庁公開のデータによると、2015年の中学生の自殺による死亡は年間102件で、1998年以来17年ぶりに100件を超えたことがわかった。さらには自殺死亡率(10万人あたりの自殺死亡者数)は、過去最多の記録を更新し続けている。

今月末の伊勢志摩サミットに参加するG7のうち、15〜34歳の死因の1位が自殺というのは日本だけ。他国では事故や病気が死因の1位であり、自殺の死亡率はアメリカやフランス、カナダの約2倍、ドイツやイギリスの約3倍、イタリアの約4倍である。若年層の自殺はG7でも圧倒的に多いのだ。その原因について「他国のように、ストレスの対処法を教育で教わっていないからではないか」と国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センターの山内貴史研究員は分析する。

中学生のみならず、高校生の自殺死亡率も、1991年以降は概ね増加傾向にある。2015年には高校生だけで年間241件の自殺死亡事案が確認されている。

大型連休明けには注意を

とりわけGWなどの大型連休明けには注意が必要だ。自身がその当事者となってしまう可能性も高くなる。

昨年夏、内閣府が発表した「18歳以下の日別自殺者数」を見ると、子どもの自殺が一番多い日は9月1日。中高生にとっては新学期が始まるこの日に、過去42年間で131人も命を絶っている。「春休みやゴールデンウィーク等の連休等、学校の長期休業明け直後に自殺者が増える傾向がある」(内閣府『平成27年版自殺対策白書』)と報告されており、4月11日、4月8日、9月2日、8月31日と続く。その次に多いのは実は5月上旬だ。

4月は子どもだけでなく、大人も転勤や転職、昇進と環境の変化が大きく強い緊張感の連続にさらされる。張りつめていた気持ちが一気にほどける連休明けは、誰しも気をつけないといけない。「五月病」という言葉もあるくらいで、連休明けのこの時期は心身ともに疲れが出てくるのだ。

今年4月から施行された「改正自殺対策基本法」には、子どもの自殺防止策強化が盛り込まれており、それだけ日本の若者たちの自殺が深刻化していることがうかがえる。人間関係などで追い込まれたら、ときには「逃げる」姿勢も大切だ。

ここで最後に、2015年の週刊SPA!3月17日号に掲載され、たびたび反響を呼んでいる作家・演出家の鴻上尚史氏のコラムを以下に一部引用する。

<逃げる前に「遺書」を書き、台所に置いて、学校に行かず、一日中、ブラブラして、大人達に心配をかけて、「死に切れなかった」と言って戻ってきなさい。それでもダメなら、学校宛てに、あなたをいじめている人の名前書いて送って、そして、その学校から逃げなさい。大人だって、会社が嫌なら逃げているのです。逃げることは恥ずかしいことではありません。逃げて逃げて、逃げ続けるのです。

大丈夫。この世界はあなたが思うよりはるかに広いのです。どこかの山にも南の島にも、あなたが生き延びられる場所はあるのです。とにかく逃げなさい>


<取材・文/北村篤裕>

http://nikkan-spa.jp/1107741

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「逃げる姿勢も大切」これホントに、時と場合によるねー!
生きてたら、死にたくなるほど嫌なことって、あるやんな。
自分が踏ん張るからこそ、誰かのために働くことができたり、誰かを助けることができたりって場合もあるから、全部が全部逃げの姿勢でいるわけにもいかへんしね。。
てゆーか、なんで若者のストレス耐性が全体的に落ちているのか?てゆーところに着目する方が、実は根本的な解決法が見つかったりして〜★
日本の若者が強く生きていけますよ〜に★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
立川風俗受付センター
改札劇場
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
『羽田空港を利用するVIPの移動時間を短縮するため』ということで、奇跡的に残った干潟エリアに橋を架ける『羽田連絡道路計画』(事業費約300億円)が進められています」

こう話すのは、日本自然保護協会の志村智子氏。羽田連絡道路は、安倍晋三首相がトップをつとめる「国際戦略特区」が具体化したものだ。この全長約600mの橋を建設することで、渡り鳥が行き交う貴重な干潟に悪影響を及ぼしかねないという。

羽田空港の直近に、奇跡的に残った干潟


「吉野川に3番目の橋を架ける工事が始まった後、渡り鳥の飛来場所が変わってしまいました。恐らく橋が障害物となったり、砂洲が変形したりしたためと考えられます。同じことがこの道路でも起きる可能性は十分にあります」(志村氏)

この計画に対し、「日本野鳥の会」「世界自然保護基金(WWF)」「日本自然保護協会」は今年2月、安倍首相や石井国交大臣、黒岩神奈川県知事らに「(仮称)羽田連絡道路に関する協議会設置の要望書」を提出した。

「現在、東京湾の干潟は過去の10%程度しか残っていません。多摩川河口は、東京湾に残る河口干潟としては塩性植物群落が残る唯一の場所です。多くの渡り鳥や底生生物が生息する場所は、羽田空港の直近という立地では奇跡的なのです」(日本野鳥の会神奈川支部・石井隆氏)

そんな貴重な干潟を危機に晒し、多額の税金を投入して、どれだけ時間短縮効果があるのかというと、何と「わずか5分です」(石井氏)という。

「貴重な干潟に悪影響を及ぼす恐れがあるのに、橋の必要性や、代替案の検討も不十分なまま。事業計画に関する情報公開は不十分で、関係者との間の議論も不足しています。ぜひ多くの人に、このことを知っていただきたいと思っています」(同)

建設によるメリットと、それによって失われる環境はどちらが大事なのだろうか

<取材・文/週刊SPA!編集部>

http://nikkan-spa.jp/1106454

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
私は正直者やから、本当のことを言うと、「干潟」が何なのか、わっかんない!
ググれば分かるんやろうけど、ごめん!!私も生きるだけで精一杯やねん!!!
でも、記事を読むと、VIP移動のたったの5分短縮のためだけに、めちゃおカネを使って、奇跡の干潟を危険に晒すとか?????
VIPってさ、、VIPやねんから、5分くらい移動が伸びても大丈夫な余裕があると思うねんけど・・・。
せやからおカネ使わんと、フツーに移動したらえーんちゃう??って思うわー。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
風俗SEO.com
ミリオンガールズ