関東東京 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 関東 > 東京

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
少子化、セックスレスなど環境変化の荒波にもまれているレジャーホテル(ラブホテル)業界が、新たな活路を見出しつつある。いかがわしい雰囲気を醸し出すいわゆる昔ながらのホテルはジリ貧傾向にある一方、女性目線を意識した洗練されたホテルは特に若いカップルに人気で、2極化の様相を呈している。


ここでいうレジャーホテルとは、風俗営業法で規定された「4号営業ホテル」と、その規定条件に当てはまらない「新法営業ホテル」の2つを含んだ意味で使われることが多い。かつてはラブホテルと呼ばれていたが、業界はイメージ向上のためレジャーホテルという呼称の定着に努力してきた。




■主な客層は3パターン


4号営業ホテルは誰にも会わずにチェックインや精算ができるシステムなどを備えた施設で、店舗型性風俗特殊営業の4号営業に分類される。一方の新法営業ホテルはフロントに立ったスタッフが客に対応、レストランなども備えている。男女がデイユース(休憩利用)もできるが、女子会の利用を訴求するなどその他の目的にも応じている。


レジャーホテルの主な客層は大まかに3パターンに分けられる。不倫カップル、デリヘルなどの風俗嬢とその客(風俗利用)、若いカップルだ。このうち不倫カップル、風俗利用は人目につかないことを重視するため4号営業ホテルを利用する。一方、若いカップルは新法営業ホテルを選択するケースが増えているという。




最先端のサービス内容とは?


人気の新法営業ホテルに共通する特徴は、外観から内装まで洗練されたおしゃれな作りでいかがわしさがないこと。たとえば備品から音楽、香りまでバリ島の雰囲気を醸し出すように統一し、まるで高級リゾートホテルにいるかのような印象を与えるようなホテルだ。


こうしたホテルが若者にウケる理由について、ホテル評論家の瀧澤信秋氏は、「昔のラブホテルは男性目線で直情的な雰囲気が好まれた。しかし最近の若いカップルは女性の意見が尊重される。男性にとっても女性にまた来たいと思われるようなホテルを選ぶことは理にかなっている」と言う。新法営業ホテルではフロントでスタッフと対面、他のカップルとも鉢合わせするが、「まったく気にする様子がない」(瀧澤氏)。




■数十種類のシャンプーを用意


こうしたホテルが取り入れている”女性目線”は徹底している。たとえばシャンプーバイキングというサービス。数十種類ものシャンプーが取り揃えられ、自由に選ぶことができる。「家で使っているものと同じシャンプーを使いたい」、あるいは「新しいシャンプーを試してみたい」という女性のニーズに応えたものだ。またドライヤーもノーマルタイプ、カール用、アイロン用など数種類が置かれている。その他にも浴室テレビ、ビデオオンデマンド、カラオケ、サウナなど部屋の中は至れりつくせりの設備が整っている。


高級ホテル顔負けのサービスが、なぜ新法営業ホテルでいち早く導入されたのか。それには、人的サービスが限定されるという事情が挙げられる。基本的に利用客は部屋で過ごす時間が長く、その時間を楽しく快適なものにするには設備やアメニティに力を入れる必要があったのだ。


では4号営業ホテルの状況はどうか。店舗数の推移を見ると、風営法が改正された2011年の6259店から2014年は5940店と減少傾向にある(警察白書)。その理由は、少子化による若年層の減少、セックスレス傾向に加え、「都市部で一般ホテルとの競争が激化しているため」と瀧澤氏は指摘する。




4号営業ホテルの儲けの仕組みは?


それを象徴するのが、日本の三大歓楽街の1つ、新宿・歌舞伎町の動向だ。ここでは一般ホテルもデイユース(休憩利用)プランを用意しているケースが多い。「業態間の境界線が曖昧になり、休憩利用客を取り合っている」(瀧澤氏)。


もっとも4号営業ホテルは、利益を上げやすいビジネスでもある。一般的な利用単価は6000円程度と安いが、1日1室当たり2〜3組、繁盛店ではそれ以上と回転率を上げることができれば最終的な利益は大きくなる。




■リニューアルしようにも融資がつきにくい


問題は客をいかに呼び込めるかだ。都市部では先述のように若いカップルは新法営業ホテルに流れがち。一般ホテルとの競争も激しくなっている。リニューアルで対抗しようとする場合、資金がネックとなる。4号営業ホテルは金融機関の融資を受けにくいという事情があり、基本的に自己資金で賄わなければならない。


法律の面でも、さまざまな厳しい制約がある。そもそも4号営業ホテルは現在新築することはできず、すでに存在している店舗のみ営業が許される既得権ビジネスだ。4号営業ホテルとして大規模な改築や増築を行なうこともできず、ビジネスホテルに業態転換して建て替えるケースもある。こうした厳しい環境が4号営業ホテルの減少につながっているといえる。


もっとも、不倫や風俗利用など、4号営業ホテルには一定の需要が根強くあることはたしか。また法律の許す範囲内でリニューアルをして人気を保っているホテルもある。新規に建設できないことを逆手に取り、勝ち残りさえすれば希少性の高さがウリになって残存者利益を享受することもできるだろう。
藤尾 明彦


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00147709-toyo-bus_all

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
デメリットや不利な点があるということは、メリットや有利な点があるということなのだから、減少傾向にあるものは参入障壁も高く勝ち残ったもの勝ちというのもうなずける!
若者のセックスレスを逆手に取ってVRでアダルトコンテンツを売りに出す会社もあるぐらいなのだから、風俗業界もまだまだ発展しようがあると諦めない心が必要だと私は思う。


例えば、介護職員に聞くとよく教えてくれるけれど、要介護の方々の性欲は無視されて扱われるため、施設内にてわいせつ行為や自慰行為があったときに対応できない職員や泣いてしまう職員などもいるようで、人間の生活に関わる場所にはやっぱり性欲という本能に向き合わないといけない局面があるとのこと。


若者が減ってるから不利なのではなく、若者以外に目を向けて活動すると活路が見いだせるんじゃないか?そんな風に思う今日このごろなのでした。
カテゴリー : 風俗ニュース
私のあしながおじさん 営業用
アドミ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
飲食店などで女子高校生らに接客させる「JKビジネス」について、警察庁は15日、来年度に初の全国一斉調査を行うことを明らかにした。警察庁が同日に公表した「児童の性的搾取等対策基本計画案」に有害環境の浄化策として盛り込んだ。


JKビジネスは、店舗内で女子高生らが男性客を接客することで、児童買春や強姦、強制わいせつなど性犯罪の温床になっているとされる。警察の摘発を逃れるために短期間で営業形態を変えるなどしているため、警察庁は実態把握が不可欠と判断した。調査を踏まえ、東京など大都市圏の規制条例制定に向けた動きを後押しする。


警察庁によると、JKビジネスは全国に300〜400店舗あるとされ東京都内に集中している。


営業形態としては、水着姿で接客する「ガールズ居酒屋」▽添い寝やマッサージをする「JKリフレ」▽一緒に散歩などをする「JK散歩」▽二人でおしゃべりする「JKコミュ」▽制服姿の女子高生を撮影する「JK撮影」▽折り紙などをする姿をマジックミラー越しに見物する「JK作業所」など。


店舗によっては、「裏オプション」と称して、性的サービスの提供も確認されている。店が客にこうしたサービスを斡旋していたり、女子高生らが個別に男性客と交渉したりしてサービスが提供されるケースもあるという。


表向きは風営法の規制対象から外れており、実態把握や新たな規制の在り方が課題となっていた。全国調査は一定期間、警察官が繁華街などで店の所在やサービス内容、年齢層などを調査する。


http://www.sankei.com/affairs/news/161215/afr1612150022-n1.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近何かと世間をお騒がせの「JKビジネス」。
風営法の規制対象から外れているために警察庁も管理や取締が難しいというのが現状。
「児童の性的搾取等対策基本計画案」に有害環境の浄化策として盛り込まれたもので全国一斉調査が始まるとのことで、この「JKビジネス」にも秩序というものがうまく回りだすかもしれない。
というのも、真面目に「JKビジネス」を経営されている方や、心から「JKビジネス」を愛されているお客さんたちが、法と秩序のもと楽しめる足がかりになるんじゃないか?と考えているからだったり。


兎にも角にも悪意が幸福に転じたことなんてただの一度もないのだから、悪意の排除と善意や良識の保持を「JKビジネス」にも適用されて欲しいというのが私の意見。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東 全国
地域詳細タグ: 東京 全国
若妻エスコートクラブHips越谷本店
フェチさんサンバ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
クリスマスや忘年会で繁華街に出かけることが何かと増えるこのシーズン。繁華街での“とある求人広告”が話題になっている。


「スタッフ大募集」と書かれた一見どこにでもある求人広告のポスター。だが、よく見ると、「とても簡単なお仕事、警察に捕まります!」「特に八王子市では指導されます、逮捕されます」と何やら物騒な言葉が並ぶ。


実はこのポスターは八王子市が学生向けに制作した客引き・スカウト行為の禁止を周知させるためのポスターなのだ。


ポスターには


資格/逮捕されたい人※未経験OK
休日/なし※市役所からの呼び出し
応募/ダメ、絶対


と書かれている。


これに対してネットでも「八王子市作成のポスター攻めてて笑う」「思わずじっくり読んじゃう」など声が。


どうしてこのようなポスターを作ったのか、作成した担当者に話を聞くと、客引き、スカウト行為を行っている人は学生が多いことが判明」「学生はその行為が条例違反で罰則があることを認識していない」ため、学生に周知する目的で作成したという。


八王子市は特に大学が多く、JR八王子駅を中心に大学が23校存在する。この大学・学生にむけてポスターを作ったのだという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00010007-abema-soci


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
最近、大阪の道頓堀近辺を歩くだけでも元気そうな若い子たちが客引きやスカウト行為をしている。
それだけ元気なら他のことで社会に貢献すればいいのにとついつい言いたくなってしまうのは大人の性???かな???
とは言え、違法と知らずに客引きやスカウトをしてしまっているなら、、、まずは認識という部分から世の中に働きかけるしかないというのも納得ができる。


認識さえ整えば、何もわざわざ違法な高収入系のアルバイトを狙わなくても、合法な高収入のお仕事は世の中に溢れているわけで、男子も女子も合法な高収入のお仕事でキッチリと儲けていける世の中がもっと整っていけばなと思うのでした♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京
フェチさんサンバ
池袋人妻アデージョ
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
『不倫経済学』(ベスト新書)より
門倉貴史




「風俗嬢の高齢化」で、熟女風俗の摘発増加中


門倉貴史著のベスト新書『不倫経済学』より、シニアの性風俗の実態を紹介する。


日本の性風俗の世界では、年々進行する男性客の高齢化に対応するかたちで、在籍女性の大半が60歳以上という、いわゆる「超熟女風俗」が増加傾向にある。


超熟女風俗店の在籍女性の中には、70歳代の方や80歳を超える元気なおばあちゃんもいる。全国各地で「超熟女風俗」が増えているのだが、その魅力を存分に味わえるのは、なんといっても東京の巣鴨だろう。


巣鴨の「超熟女風俗」は、待ち合わせ型のデリバリーヘルスが多い。これは、男性客が駅前やお店が指定する場所でコンパニオンと待ち合わせをして、一緒にラブホテルに向かうという業態である。


巣鴨に立地するラブホテルの多くは、入口から部屋に行くまでの段差がほとんどなく、バリアフリー対応になっているので、足腰の弱いシニア層でも利用しやすい。


「超熟女風俗」の客層の中心は、年金や生活保護を受けるシルバー男性で、種々のコスプレの中でも、古き良き昭和の時代を彷彿とさせる「かっぽう着」姿のコスプレをリクエストする人が多い。


料金は1時間9千円程度で、数ある性風俗店の中でも非常にリーズナブルなお値段と言えるだろう。


また在籍女性の中には、亭主に先立たれてしまい、身体が夜泣きをして寂しいという理由からこうした店で働いているケースも少なくない。お金とは無関係に、人恋しさから、あるいは自分自身が楽しみたくてこの仕事をしているということなので、普通の性風俗店と比べると、サービスの充実度は半端ない。


客層はシルバー男性ばかりかと思いきや、若い男性客がつくこともある。子供のとき、大好きだったおばあちゃんが亡くなってしまい、シニアの風俗嬢と一緒にいることで、あのときできなかったおばあちゃん孝行をしているような気分に浸れるという理由から「超熟女風俗」に足繁く通う若者もいる。


また、おばあちゃんの風俗嬢は総入れ歯になっていることが多いのだが、入れ歯を外して歯茎だけでしてもらうフェラチオが想像以上に気持ちよくて、病みつきになって「超熟女風俗」に通う若者もいる。






男性客と風俗嬢の高齢化が同時進行


ただ、おばあちゃんばかりが在籍する「超熟女風俗」は、売春防止法に違反していることがあり、警察にマークされやすいという問題も抱えている。


体力的に素股などのプレイが難しく、男性客を手っ取り早く満足させるために、禁止されている本番行為をしてしまうからだ。生理も上がっているので、避妊具をつけずに本番行為ができてしまうということもある。


実際、警察に摘発された事例を挙げておこう。まず、2010年には、東京・巣鴨の売春クラブ「淫美(いんび)テーション」が売春防止法違反(周旋)の容疑で摘発された。この店では、30代から60代までの女性従業員数十人に売春をさせて、5年半の間に1億6000万円を売り上げていたという。


また、2013年6月には、在籍女性の平均年齢が63歳という超熟女専門店『シルク』が売春防止法違反で摘発された。経営者の女性(当時63歳)は、2001年以降、3億2千万円以上の売り上げを記録していた。


警察の摘発が増えてからは、「超熟女風俗」を大々的に宣伝する店は少なくなったが、男性客と風俗嬢の高齢化が同時進行する中、「超熟女風俗店」の市場はまだまだ拡大していくとみられる。


http://best-times.jp/articles/-/3311


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
高齢化は全ての日本全国に何の差別や区別もなく及んでいくってことね。
更には今までの人口比率では考えられなかったような需要と供給も生まれていくという良い面と悪い面にこれからの日本の全ての産業は向き合っていくことになるんだろうなぁ・・・。
時代と変化を見極め、継続・進化・発展が各業種に求められる中できっと素晴らしいロマンが日本各地で経験できるだろうと感じてしまった。
誰がそのロマンを味わえるかって?
それは自分の人生から逃げずにきちんと向き合った人よ♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 関東
地域詳細タグ: 東京
街中娘の秘密の素顔。。営業
WOW!こんなの!?ヤリすぎサークル.com 新橋店
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
学校周辺などでの風俗案内所の営業を禁じる京都府条例が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は15日、「青少年の育成や生活環境への影響を考えれば、条例による規制には必要性、合理性がある」として「合憲」とする初判断を示した。


その上で、営業を認めるよう求めた案内所の経営者側の上告を棄却した。条例を合憲と認め、経営者側の請求を棄却した2審・大阪高裁判決が確定した。


条例は2010年11月に施行され、学校や病院などから200メートル以内での案内所の営業を禁じ、罰則も設けた。訴訟で経営者は「条例は憲法が保障した営業の自由を不当に制限しており、違憲だ」と主張していた。


1審・京都地裁は、別の府条例が接待飲食店の営業禁止区域を学校などから70メートル以内としていることを踏まえ、「70メートルを超える区域まで営業禁止にするのは違憲だ」としていた。これに対し、2審は「案内所は違法な性風俗店と結びつきやすく、より厳しい規制は許される」と判断。同小法廷も規制の必要性を認め、「府議会が裁量の範囲を超えて条例を定めたとはいえない」と結論付けた。


風俗案内所を規制する条例は、京都のほか東京や大阪、福岡など少なくとも8都府県にある。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00050129-yom-soci


 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
この条例が合憲なのかどうか、先月二審では「合憲」の判決が。
そしてとうとう最高裁でも風俗案内所への営業場所の条例による規制が「合憲」とみなされたわけだ。。。


二審の記事はこちら↓↓↓
http://www.xn--fdkyb3b9cy07svwai7mcx7bcyv89ifi2hstd.com/read/no-275/


条例が合憲とみなされたなら仕方がない。
さっさと対策を考えるべきというのが合理的な考えだと思う。
やっぱりインターネット上に広告をきちんと出していくことが、規制されない場所と言えるだろう。
カテゴリー : 風俗ニュース
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 東京 京都 大阪 福岡
改札劇場
『高級人妻デリヘル 彩-AYA-』 求人