20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由

トップ >  ブログ >  関東 >  風俗ニュース >  20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由

投稿日:2017-02-01 23:42
20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
前回(「週7日飲酒? 赤提灯に集う『暗黒女子』の正体」)、野毛や武蔵小山などの闇市跡にできた盛り場の焼肉店やホルモン店に、若い女性たちが進出していることを紹介した。そして、食とは別な分野でも、近年闇市が注目されている。




■ここ3〜4年、闇市に関する本の出版が相次ぐ


その1つが、学術的なもの。2016年9月に出版された石榑(いしぐれ)督和『戦後東京と闇市』が、5400円という高価な本であるにもかかわらず、たちまち重版し、新聞書評などでも高い評価を得ている。


闇市関係の本の出版状況を見ると、1995年には松平誠の『ヤミ市 幻のガイドブック』が出ていたが、その後2010年あたりから同様のテーマを扱った本が増え始め、特にこの3、4年は一種のブームになっている。


同時に、赤線や遊郭の跡地を歩いたり、その歴史をひもといたりといった本の出版も増えている。これらも2000年ごろから出はじめ、2010年以降に急増している。


『戦後東京と闇市』の著者である石榑さんは、1986年生まれの30歳。戦後東京の闇市に関心をもったきっかけをこう語る。


「岐阜市出身で、子どもの頃は歓楽街の柳ヶ瀬の映画館に映画を見に行ったりしました。今はすっかり廃れてしまいましたが。


2004年に東京に出てきて、小田急線の郊外、神奈川県川崎市の生田(いくた)に住みました。だから、出かける繁華街というと新宿。初めて新宿に行ったときは駅のまわりに全然性格の違う街が混在していることに驚きました。歌舞伎町にも驚きましたが、思い出横丁やゴールデン街も衝撃を受けました。


建築の勉強をしていくと、巨大なビルと小さな店が混在している都市の面白さを実感するようになりました。終戦後の空間が今も生きながらえているのは闇市跡の横丁だけです。そこで、どうして闇市が生まれ、そこから巨大な繁華街が育っていったのかを研究し始めました




「新宿系」椎名林檎の影響?


新宿との関係で気になったのは、石榑さんが中学生のとき、椎名林檎の『歌舞伎町の女王』をよく聴いていたということだ。だから歌舞伎町に行ったわけではないだろうが、もしかしたら潜在意識レベルで影響があったのかと疑いたくなる。




■椎名林檎のメジャー化がもたらした変化


椎名林檎は、1998年にデビューし、従来の渋谷系に対して新宿系を標榜。昭和的な情念を現代的に表現する歌を歌った。渋谷的な都会から、新宿的な都市への関心の変化が、そのころあったのかもしれない。平成的なものから昭和的なものへの変化だともいえる。薄さから濃さへの変化。人工的なものから動物的、肉体的なものへの変化でもある。


前回、野毛の常連としてインタビューした「暗黒女子」Tさん(27歳)も「椎名林檎は大好きです。スナックも好き。前の職場の上司の男性とよく行きました。そこでカラオケもしました。昭和の歌謡曲が好きです。十八番は『天城越え』です」と言っていた。


もちろん椎名林檎は現在最も人気のあるアーティストの1人だから、闇市や遊郭に関心のある人に特にファンが多いわけではないだろう。だが、林檎のメジャー化と、闇市、遊郭人気の拡大は、ほぼ同じ時代の現象だ。何か共通する空気感があるように思える。


直接闇市や赤線や遊郭に関わるものではないが、明治、大正の民衆の暴動を研究した藤野裕子『都市と暴動の民衆史』や、明治、大正の民衆への職業紹介事業を研究した町田祐一『近代都市の下層社会』といった本も、いずれも就職氷河期世代の1980年前後生まれの若い研究者によって出されている。『近代都市の下層社会』の著者の町田祐一は「あとがき」の中で、明らかに自分の世代の問題として同書を書いたと言っている。


また、明治時代の下層社会研究の嚆矢(こうし)、松原岩五郎の『最暗黒の東京』も、すでに岩波文庫があるにもかかわらず、講談社学術文庫から2015年に刊行された。その他にも、2014年には塩見鮮一郎『江戸の貧民』 、翌2015年には同『戦後の貧民』など、貧困層に関わる本も最近は出版が多い。


こうしてみると、長引く不況のために、現代という時代が、敗戦直後にかぎらず、戦前、大正、明治、さらには江戸という過去との共通性を感じさせるものになっており、そのことが闇市、遊郭への関心をもたらす背景になっているとも思われる。




吉原に女子が集まる?


こうした一連の流れと関連して、2016年、戦後すぐに発行されたカストリ雑誌や、遊郭関連の本の復刻本などを出版するカストリ出版という個人出版社が、吉原のソープ街のすぐ脇に「カストリ書房」を開店し、話題を呼んでいる。運営するのは、IT企業出身で30代の渡辺豪さんだ。




■女子には「どろどろしたものを求める気分」がある?


渡辺さんによると、カストリ書房に来る客は、なんと6、7割が女性であり、年齢は20〜30代と若いという。中学生の女子生徒にもファンがいる。


「何かどろどろしたものを求める気分が僕の中にはあるんですが、それは来店する女性たちにもある気がします。怖い物見たさというか……。


僕は旅行が好きで全国を回っていたのですが、するとしばしば各地に不思議な魅力的な場所がある。何だろうと思って調べてみると、昔遊郭があった場所だとわかった。それで全国の遊郭を調べてそれらを訪ね歩いてSNSで発信しはじめたんですが、その情報に反応してくるのは女性が多かったのです。だから、(カストリ書房にも)女性客が多いことは当初から想定していました」(渡辺氏)


なぜだろう。映画の『吉原炎上』とか、漫画の『さくらん』とか、春画展とか、女性が遊郭に関心をもつきっかけは最近継続してあった(2015年に東京の永青文庫で開催された「春画展」も、若い女性客が多かったことで話題になった)。


「女性のほうがレバーを食べる、男性はあまり食べない」という本連載前回インタビューでの女性の発言もあったが、男性のほうが今は、動物的、肉体的なものと距離があるということではないか。


女性は毎月いやでも自分が動物であることを肉体で実感する。対して男性のほうがパソコンやゲームなどのデジタルなものや人工的なものだけに浸って生きてしまいがちだ。生活全体のデジタル化に生理的に満足できない、リアルさを求める心理が女性のほうでより強いということかもしれない。


また、昭和のレトロな看板がいいよねとか、昔の喫茶店やスナックが好きだとかというブームはずっとある。都築響一の『天国は水割りの味がする-東京スナック魅酒乱-』の発行が2010年、同『東京スナック飲みある記』『演歌よ今夜も有難う』が2011年、東京の下町のディープな魅力を深掘りした『東京右半分』が2012年の発行だ。下町的な庶民的な泥臭さや一種のキッチュさが面白いと思われる心理が広がっていた。『ブルータス』がスナックを特集したり(2015年11月15日号)、JpopのJUJUが『スナックJUJU』というアルバムを出したりもしている(2016年)。


こうした風潮の背景には、少し大げさだが、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災の影響もあるのではないか。人々がずっと信じてきた近代的な都市計画が、地震によって予想もしない崩壊をしたこと。そのころが、当時青少年だった世代に、都市に対するイメージの何らかの変容をもたらしたのではないか。




長引く不況がもたらしたもの


都市の未来よりも、都市の過去、ずっと生きながらえてきた小さな空間。恐竜が滅びてもゴキブリが滅びなかったように、巨大な近代建築よりも小さくたくましく生きる人間たちがつくる猥雑で有機的で生命のある場所。そうしたものへの関心が無意識のうちに高まったのではあるまいか。そういう時代感覚の分析はいくらでもできる。


だが実は私は、やはり格差とか貧困の問題が遊郭に惹かれる女性たちの心の根底にはあるのではないかと思っていた。しかし、いきなり渡辺さんにそう聞くと、文化的な現象と経済情勢を安易に結びつけることを嫌がられるかと思って質問しなかった。だが、渡辺さんの方から「貧困とか不況とか少子化というものも絡んでいるだろうと思う」との発言があった。


「倫理観も変化しているし、セックスワークに対する女性の考え方も変化している。不況のためになかなかお金を得られないために、そうした仕事をしている女性たちがいることを一般の女性も知っているし、自分の身の回りにもいるわけです。セックスワークをしている女性たちも自分たちの考えをSNSや出版でも発信していて、それは中学生の女子でも知りうる。じゃあ、こういう働き方を自分はできるのか、と考える機会も増える。ちょっと調べれば、昔は遊女がたくさんいたことはわかるし」(渡辺氏)


貧困女子が性風俗で働くことをレポートした本も売れている。学費を払うために、それこそ吉原のような風俗街で働く女子学生も多いという内容だ。


さらに、渡辺さんは少し違う見方もする。「遊郭があった時代のほうが日本は勢いがあって、商店街もにぎやかだった。ところが今は産業が空洞化したり、少子化で人口が減ったりで、商店街はシャッター街。遊女たちの哀しい歴史というのはたしかにあるけど、明るい面、たくましい面、文化的な面もあったということに目が向き始めたのではないか」。




■“遊郭好き女子”「魅力は窓がかわいいこと」


私にはたまたま遊郭が好きな女性の知人がいるので、遊郭の魅力を彼女に聞いてみた。


Hさん(29歳)は、東京の会社に勤める女性。近年、全国の遊郭跡を訪ね歩いている。すでに50カ所に行った。「いちばん印象的なのは京都の五条楽園。次が尾道。3番目は難しいですが、豊橋かな。愛知県が全般にいいです。建築的に派手というか、面白い」。


Hさんは大学で日本文学を学び、そこで樋口一葉や吉原に関心をもった。課題のレポートで遊郭建築について書いたこともある。それから建築を学び、しばらく遊郭のことは忘れていた。ところが数年前「誰かがツイッターで飛田新地のことを書いていたんです。料亭の写真に惹かれました。それがきっかけで自分でも遊郭跡を回るようになったんです」。


遊郭の魅力は「窓がかわいい。タイルも。見れば見るほど好きなところが増えます」。タイル好きの人というのはいる。窓が好き、手すりが好き、という一種のフェティシズムも確実に存在する。そうした欲求を総合的に満たしてくれるのが遊郭建築らしい。




若者たちの興味は過去へ


建築だけではない。遊郭街、花街という空間全体もまた、えもいわれぬ魅力をもっている。すでに全盛期は遠く、今となっては薄汚れてすらいる街が、かえって独特の湿り気と落ち着きをもっていて、むしろ心にしみる。


「遊郭跡だけではなく、飲み屋街が好きです。酒場が好き。大学3年から高円寺に住んで、ガード下の飲み屋さんでよく飲んでいました。つまみは何でもいい。空気がよどんだ感じが好き。日常ではない空間ですね」


高円寺も大正から昭和にかけてカフェ街があった街だ。今も風俗店が多い。ガード下は飲食店が多く、ぬめぬめした空気感があり、独特だ。




■「昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たち」


「きれいな街に行くとそわそわしちゃう。一方で、こういう昭和の街の良さがわからないなんて、ダメな人たちって、きれいな街が好きな人たちを、ちょっと馬鹿にしているかも」(Hさん)


遊郭跡以外にも酒場を訪ね歩くことはあるのだろうか。


「埼玉の飯能の川沿いにある橋本屋。ただの大衆酒場ですね。それから稲田堤の、やっぱり川の近くのたぬきや。おばさんひとりでやっている茶店みたいなところ。川と電車を見ながら飲みます」。昔の日本映画のワンシーンみたいだなあ。


「音楽はちあきなおみが好き。あとは藤圭子。YouTubeでたくさん見ます。阿佐ヶ谷の映画館ラピュタで上映している映画のテーマ曲などから気になった曲を調べて聴いたりしています」


闇市と遊郭とひなびた居酒屋にはまる若い世代。AIだVR(バーチャルリアリティ)だのと、日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。


三浦 展


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00156078-toyo-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
記事自体が長いけれど、この記事を取り上げたのは「日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。」という最後の文章に惹かれてしまったから。


これに関しては図星で、私の心も未来を見ているけれど、基本的な自己の確立については過去の叡智に耳を傾けていると言える。


私の場合はこの後に矛盾が生じていたりする。というのも過去の叡智によって自己を確立すると、未来に関する良い思いつきというものが発生して、未来に向けて生きていくことができているからだ。


だからこそ、この記事の著者は鋭いと言えるし、過去に向かう若者の心はある意味で正しいと言える。
そして私は日本の未来は明るいと感じざるを得ない。


それと同時に昔賑わっていた性産業が、また活気付いて新たな賑わいを日本にもたらしたら面白いのに・・・と思ってしまった。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
AXフェチクラブ青山営業
改札劇場