<風テラス>女性と共に…風俗店「待機部屋」で相談

トップ >  ブログ >  関東 >  風俗ニュース >  <風テラス>女性と共に…風俗店「待機部屋」で相談

投稿日:2017-01-30 19:46
<風テラス>女性と共に…風俗店「待機部屋」で相談
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
弁護士や社会福祉士らが、性風俗店で働く女性の法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が2年目を迎えた。公的支援が届きにくい女性たちに法律や福祉の専門家が寄り添う。相談会場は、ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)で働く女性たちが客の電話を待つ「待機部屋」だ。




◇借金・DV・育児…匿名でも対応


1月21日、東京・池袋の雑居ビルの一室。弁護士で社会福祉士の浦崎寛泰さん(35)と、臨床心理士の鈴木晶子さん(39)が40代の相談者と向き合った。


女性は緊張した面持ちで「税金関係なんです」と切り出した。風俗で得た収入をどう確定申告すればいいか分からず、不安だという。「すぐにはこの仕事をやめられないと思うし……」と漏らす女性。弁護士の説明を聞き、「去年からずっと気になっていた。ありがとうございます」。少しほっとしたような表情を見せた。


風テラスは一般社団法人「ホワイトハンズ」が2015年10月以降21回開催し、延べ89人が利用した。連携する二つの風俗業者が使う都内2カ所の待機部屋に弁護士らを派遣し、従業員の女性の相談を受ける。基金を作り、業者や一般からの寄付で運営する。


風俗店で働く女性は、仕事について尋ねられることに抵抗を感じ、公的機関などへの相談をためらうケースが多い。一人で悩み、問題がより深刻になることもある。


そのため、風テラスは女性が本名ではなく、源氏名で相談できるように配慮する。浦崎さんは「匿名性を担保し、本人が言いたくないことは言わずに、悩みを語れる環境をつくる。本人がいま一番悩んでいることに焦点を当てる」と言う。女性が「風俗の仕事をやめたい」と訴えなければ、先回りして「やめる」ことを前提に話はしない。相談は借金やドメスティックバイオレンス(DV)、育児や仕事上のトラブルなど幅広く、大半は一般の法律・生活相談と変わらない。


ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さん(35)は「『風俗をやめたい』という相談がたくさん来るだろうと想像していたが、意外と少ない。だが、一定の年齢を過ぎて資格やキャリアがないと就ける仕事が限られる社会環境があり、やめられないだけかもしれない」と分析する。今後の活動について「連携する業者を増やし、東京以外の地域にも広げたい」と語る。


警察庁によると、営業許可を届け出ている無店舗型風俗店は全国で約2万店ある。【福島祥】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000017-mai-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
女性を嫌々働かせるようなお店なんて長く続かないし、逆に女性から干される危険性だってある関係上、風俗をやめたいと相談する女性は少ないんじゃないだろうか?
ただし風俗業界とは関係ない場所で働きたいとなると、なかなか難しいのは当たり前で、だってどんな人でも自分の畑を変更するのは大変なんだから、風俗業界に限られた話ではないじゃない??


そんな女性のために相談できる場所があるというのはいいことだと思う。


他業種の場合は職安や公的機関等で相談できても、風俗ではセクシャルな部分も含まれる産業のために、そもそも女性が相談しずらかったりするというのが風テラスではないみたいで、素晴らしいと思う!


必要を満たす必要が循環を生むのであるから、困った人がいるのも有り難いし、力になれる心を持った人がいるのも有り難い♪♪♪
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com