北海道・東北キャバクラ・ガールズバー 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 北海道・東北  > キャバクラ・ガールズバー

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
仙台中央署は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市青葉区国見6丁目の無職の男(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は25日午後6時半ごろ、同区一番町3丁目の路上で、20代の女性警察官に「お姉さん、夜の仕事とか興味ない。ソープとか風俗とか、男の性欲を処理する仕事かな」などと声を掛け、風俗店で働くようしつこく勧誘した疑い。


女性警察官は中央署員。地元商店街などから「スカウトが道行く女性に次々に声を掛け、風紀が乱れる」などの苦情を受け、女性警察官が一般人を装って警戒していた。


2007年5月に同条例が改正され、路上でのスカウト行為が新たな規制対象となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000004-khks-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪質なスカウトがはびこっているのが当たり前と思っていたけれど、最近は摘発や逮捕が増えてきている。
高収入のお仕事にしても、風俗のお仕事にしても、高収入で働きたい女性が普通にネットで情報収集してお仕事を見つけれる世の中なのだから、スカウトで無理に女性を引っ張る必要なんて皆無。

働きたい女性が働く。働きたくない女性は働かない。それがどんなお仕事の求人でも当たり前のスタンスなのだから、悪質なスカウトは自然淘汰されて当然なのではないだろうか?


カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ココリコ遠藤、バイきんぐ小峠がロケ番組「坂上忍流ディープな夜遊び」のエピソード3・北海道編に出演。この第1話が本日3月3日、Amazonプライム・ビデオにて配信開始された。


芸能人たちが日頃のうっぷんを晴らすために、国内外の“ディープな夜遊びスポット”を満喫する「坂上忍流ディープな夜遊び」。シーズン3では遠藤、小峠、坂上忍、吉木りさがカニ料理の店「活カニの花咲」やキャバクラ「CA Merry SEA」、エンタテイメントガールズバー「LoooP」などを訪れる。さらにその翌日には競馬場へ。一同が自腹で臨んだ賭けの結果やいかに。


「坂上忍流ディープな夜遊び」北海道編は全3話配信予定。新作は毎週金曜日に追加される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000044-natalieo-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
家に引きこもって趣味もなくテレビや動画ばかりを見る若者が少しでも夜遊びの楽しさを知ってくれたらと思う今日このごろ。
こうやって芸能人の方々が動画を通して遊んでくれると、「こういう遊び方もあるんだよ?」というライフスタイル上の選択肢が増えるので有り難い。


しっかり働いて、しっかり遊んで、、、そういうバランスのとれたライフスタイルを若者にも謳歌してもらいたいと思うのでした♪
カテゴリー : 風俗ニュース
一発0円広告
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「往年の名選手」が水商売に手を出したと聞けば、頭を過(よぎ)るのは転落や困窮といった言葉である。だが、横浜大洋ホエールズの「スーパーカートリオ」で鳴らした高木豊氏(58)に、そんな悲愴感は皆無。札幌が誇るネオン街にガールズバーを構え、その「コーチ術」で黒字経営に導いていたのだ。


忘年会シーズン真っ只中の12月15日――。


前夜からの大雪にもかかわらず「すすきの」は、大勢の酔客で溢れ返っていた。そんな歓楽街の雑居ビルにあるのが、高木氏が経営する「Second」だ。店名を聞いて、「二塁手(セカンド)」として活躍した、彼の現役時代を思い出す野球ファンも少なくなかろう


6席ほどのカウンターにボックスシートが3つ。20〜30代の女の子が客を出迎える、いかにもなガールズバーだ。1セット1時間で2500円と、地元の相場に照らして価格は良心的。そのせいか、午後9時を過ぎた頃から常連客が続々と来店し、まもなく満席となった。


それにしても、俊足好守の「ミートの名手」は、なぜこの店を始めたのか。


女の子に交じって笑顔で接客をこなし、ファンとの記念撮影にも気さくに応じる、高木氏ご本人に尋ねると、


「これまでは解説や講演の仕事がメインでしたが、いつか飲食店を出したいと考えていたんです。もちろん、生活を安定させることも考慮してね。ただ、それ以上に野球ファンと触れ合う機会を作りたかった。それで、16年6月に店をオープンさせました。中大の後輩の阿部慎之助に、中田翔や森福允彦(まさひこ)なんかも顔を出してくれます」


ちなみに、すすきので店を開いた理由については、


「たまたま、すすきので何軒も飲食店を手掛けている経営者と出会ったのがきっかけです。僕は子供の頃に帯広に住んでいて、現役の最後は日本ハムファイターズだから北海道に縁もある。それに、失敗しても東京で勝負するよりは痛手が少ないだろう、と」


とはいえ、朴訥なイメージの高木氏が、新たな勝負の舞台に「夜の店」を選んだのは少々意外である。


「まぁ、こういうお店が嫌いじゃないのは事実です。ただ、いまは組織を動かすことが楽しい。僕が球団オーナーだとすれば、店長の女の子はさしずめ監督で、副店長はヘッドコーチ。チームを仕切る人間がしっかりしないと現場の選手は動きませんから、特に店長には厳しく接しました」




■女の子に「代打」


そこは息子3人をJリーガーに育て上げたことでも知られる高木氏である。


「高木さんのことはアートネイチャーのCMで知っていたくらいでしたね」


と苦笑する店長にもスパルタ教育を施した。


「あえて店長以外の女の子だけを食事に誘って店に対する愚痴を聞きました。当然、店長は不安になる。それを何度か続け、最後に店長を交えて改善点を話し合った時には、彼女は涙を流していました。でも、孤独に耐えて決断を下すのが“監督”の務めですから。いまは立派に役割をこなしています。お客さんとの相性を考えて、女の子に“代打”を送ったりね」(高木氏)


東京在住ながら、札幌にアパートを借りて経営に打ち込んだ結果、店は黒字続き。12月には西麻布に2号店までオープンさせた。


アテネ五輪で日本代表チームを指導した高木氏だが、その手腕はすすきのでも遺憾なく発揮されていた。


ワイド特集「夜明けの鶏(チキン)レース」より


「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00516265-shincho-base

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
素晴らしい!!!!!!
やっぱりできる人はどこででも成果を上げるってことやん!!!!
夜のお店だろうが、野球だろうが、子育てだろうが、兎にも角にも人のことを見て、また各々のポジションに必要とされる力量や精神力も育成して、かつ自主性を損なわない、まさに本物の手腕!


そんな敏腕高木氏が、以前からやってみたいと考えられていた飲食店の経営をしっかりと実現されていて尊敬尊敬!!
と思いつつ、日本の若者も「自分なんて・・・」とか弱気にならないでキッチリと成果を上げる、または戦える人間になって欲しいと心の底から思った!


力強いニュースをありがとぉヽ(=´▽`=)ノ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域詳細タグ: 北海道 東京
「デリヘルタイムズ」
風俗SEO.com