北海道・東北ソープランド 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 北海道・東北  > ソープランド

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
仙台中央署は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市青葉区国見6丁目の無職の男(21)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は25日午後6時半ごろ、同区一番町3丁目の路上で、20代の女性警察官に「お姉さん、夜の仕事とか興味ない。ソープとか風俗とか、男の性欲を処理する仕事かな」などと声を掛け、風俗店で働くようしつこく勧誘した疑い。


女性警察官は中央署員。地元商店街などから「スカウトが道行く女性に次々に声を掛け、風紀が乱れる」などの苦情を受け、女性警察官が一般人を装って警戒していた。


2007年5月に同条例が改正され、路上でのスカウト行為が新たな規制対象となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000004-khks-soci

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
悪質なスカウトがはびこっているのが当たり前と思っていたけれど、最近は摘発や逮捕が増えてきている。
高収入のお仕事にしても、風俗のお仕事にしても、高収入で働きたい女性が普通にネットで情報収集してお仕事を見つけれる世の中なのだから、スカウトで無理に女性を引っ張る必要なんて皆無。

働きたい女性が働く。働きたくない女性は働かない。それがどんなお仕事の求人でも当たり前のスタンスなのだから、悪質なスカウトは自然淘汰されて当然なのではないだろうか?


カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
小池百合子東京都知事の巻き起こす旋風が、都政の闇をえぐり出している。その行動は確かな戦略・戦術に立ってのものとみえる。政治家になる以前にも、小池氏には独自の戦略・戦術で挙げた大きな功績があった


現在、「ソープランド」と呼ばれている“特殊浴場”は、かつては「トルコ風呂」と呼ばれていた。この改名に力添えしたのが、当時30代の小池氏であった。日本にトルコ風呂が誕生したのは、1951年。東銀座の「東京温泉」だった。翌年には博多に「温泉トルコ」、札幌に「ススキノ・トルコ・センター」が開業した。個室の蒸し風呂で温まる男性に、着衣の女性がマッサージするもので、直接的な性的サービスはなかった。


トルコには、中東の都市の伝統的な蒸し風呂ハンマームがある。男女とも入れる公衆浴場だ。もちろん男女は別である。あかすりやマッサージも受けられるが、サービスするのは同性だ。日本にできたものとはまるで異なる。


1958年に売春防止法が施行された後、赤線地帯だった場所にトルコ風呂が建ったのは、名古屋の中村遊郭跡が最初。その後、吉原を初めとして、各地の元赤線地帯にトルコ風呂が建った。


当初は性的サービスは厳禁だった。だが、手にクリームを塗って行うフィンガーサービスが行われるようになり、やがて性行為が行われるようになる。売春防止法違反で摘発される店も出た。


男性の急所部分がへこんだ「スケベイス」に男性が座っての、ボディ洗い。一緒に入浴して奉仕する「潜望鏡」。ローションを塗りたくってのマットプレイ。現在のソープランドのサービスは、70年代の初めには確立している。




小池氏の決意


こうした性的サービスを行う店が「トルコ」の名で呼ばれていることに心を痛めていたのが、トルコ人のヌスレット・サンジャクリ氏だ。


81年に日本に留学し、東京大学の地震研究所で学んだサンジャクリ氏は、帰国すると、国立ボアズィチ大学地震研究所の研究員になった。航空会社などが主催する日本語スピーチコンテストで1位になり日本への往復航空券を獲得。84年に再来日する。


大の日本好きであるサンジャクリ氏だが、なんとか「トルコ風呂」の名称をやめてもらいたいと活動した。84年8月23日の朝日新聞に彼の声が紹介されている。


「『トルコぶろ』に出合ったのはバスの中でだ。『トルコから来た』というと、運転手がニヤリと笑った。下宿先の歯科医が『トルコにlike sex hotelがあるか』といった。電車の広告に『トルコ』の三文字を見つけて、『自分の国のニュースが載っている』と喜び、友人に尋ねたこともあった。


来日して7カ月後、夕方、新宿を散歩していて『トルコ』のネオンを見て店に飛び込んだ。もみ手のドアボーイの『外人が来た』という声で、店の奥から下着姿の女性が4、5人出てきた。運転手の笑い、歯科医の質問などのわけが分かった」


この記事が、日本テレビ系の番組『竹村健一の世相講談』でアシスタントキャスターを務めていた、小池百合子氏の目に飛び込んだ。


朝日新聞を通して、小池氏はサンジャクリ氏に連絡を取り、都内の喫茶店で会う。話を聞いて、中東の文化に精通している小池氏はサンジャクリ氏に共感。「トルコ風呂なんて呼び方を変えればいい!」と決意した。




周到かつ精緻な戦略を実行


だが、全国に無数にあるトルコ風呂の名称を変えさせるのは至難の業だ。小池氏は戦略・戦術を練る。


その時のことは、すでに絶版になっている小池氏の著作『小池式コンセプト・ノート』(ビジネス社/2007年4月19日刊)に書かれている。


「公衆浴場の所管は厚生省【編注:現厚生労働省】だ。電電公社【編注:現NTT】は番号案内のイエローページに『トルコ風呂』の項目を堂々と載せていた。まずはこの2カ所に申し立てをし、最後に業界に事情説明、および改称のお願いをしに行くという手順を考えた。


何事も、最初が肝心である。厚生省の働きかけでは、念入りに演出を考えた。


毎日新聞の友人に頼み、渡部恒三厚生大臣(当時)に陳情のアポイントを取ってもらい、同時に記者クラブにも話を通して準備を整えた。記者クラブを通せばテレビカメラが入るのだ。テレビ映りを考慮し、お願いの趣旨は手書きにした。サンジャクリ氏が、一所懸命に書き上げた、日本語による『陳情書』だ」


サンジャクリ氏の厚相訪問は、84年9月18日。


「まったくの俗称なので、今すぐ行政権限で対処できるものではないが、あなたのお気持ちはよく分かる。訴えをできるだけ多くの人に伝えたい」


渡部厚相からの言葉は、お決まりの素っ気ないものだった。確かに、所管官庁だからといって、名称変更を指示することはできない。


だが、陳情の模様がテレビで全国に放映されたことが効いた。東京都特殊浴場協会は自主的に名称を変えることを決め、新たな名前を公募した。「ロマン風呂」「浮世風呂」「ラブユ」など、2400ほどの名前が集まる。


選ばれたのが、貿易会社に勤務する24歳の石田誠一さんが名付けた「ソープランド」だった。彼が最初に思い浮かべたのは、泡のイメージから「バブル」だったが、響きが悪いのでやめたという。


同年12月19日、東京都特殊浴場協会の代表は、赤坂プリンスホテル(当時)で「新名称発表記者会見」を開き、「ソープランド」とすることを公表。トルコ共和国大使館からイルハン・オウス参事官(当時)も参加した。全国の業者もこれに倣って、ソープランドと名称を改めた。まさに、小池氏の戦略・戦術が図に当たったのである。


90年代から急速にグローバル化が進み、日本とトルコの交流も深まった。その時代になっても「トルコ風呂」の名が残っていたら、国際社会で笑いものになっていただろう。


忘れてはならない、小池氏の功績である。
(文=深笛義也/ライター)


http://biz-journal.jp/2016/10/post_16933.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
確かに、特定の国の名前が特定のサービス名に使われるのは、国際社会の観点から見ると危ういと言える。
そういう意味で小池氏の功績と認めることはできるかもしれない。


「ソープランド」という案が選ばれた石田誠一さんがどんな方かはまだ存じ上げないけれど、この方の功績も忘れてはならない。




日本における風俗の歴史は今を生きる人によって紡がれていると言える。
頭ごなしに否定する人もいるけれど、それでも、風俗を愛する人々によってこれからも紡がれていくものになってほしいと願う。
カテゴリー : 風俗ニュース
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 北海道 東京 全国
旭川デリヘル ココルル
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。

* * *
最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォームの上に学生服を羽織ってホームルームに出席、1時間目が始まる前に球場に向かった。日暮れまで練習して夕食後はマシンで打撃練習。終わるのは22時過ぎだ。悪さをするヒマもなかった。

県大会では7試合中6試合完封して甲子園を決めた。当初の部員の目標は、国体出場条件のベスト8だったが、監督が知事への挨拶で「優勝旗を持って帰ります」と宣言してしまい、これが新聞に大きく出たことで優勝を目指すしかなくなった。

最後の夏ももちろん宿舎からは外出禁止。2回戦以降は親とも面会禁止になった。外に出られないので部屋のトイレが唯一の息抜きの場になった。そのまま決勝まで進み、最後の相手は早実の荒木大輔。1年坊主には負けられない。大輔の連続無失点記録を阻止し、試合も6対4で逃げ切った。甲子園優勝を決め、これでまた人生が変わっていくのがわかった。

新横浜に帰ってくると駅前を人が埋め尽くしていた。嬉しいというより怖くなった。家の前には朝から女の子が大勢待っていて、弁当をくれる子もいた。見知らぬ親戚や知人も増えた。

一番変わったのが先生の態度だ。授業中に校内放送で副校長室に呼ばれると、「お客さんにサインをして欲しい」という。体育教官室には300枚の色紙が置いてあり、「愛甲君、お菓子を食べながら書いてよ」ともいわれた。

サインといえば普通では考えられない場所でも書いた。知り合いの会社社長にいわれてついていったら、堀之内のソープランドだった。ソープ嬢からは「昨日のパレードに行ったよ」といわれ、待合室ではソープ嬢たちに囲まれて即席のサイン会が開かれた。

こんな経験ができたのも、甲子園で優勝したからだと思う。甲子園はやはり特別な存在だ。この時期になると、プロのロッカーでは甲子園に出場していないヤツはバカにされていたし、「甲子園に出たかった」と口を揃える。野球人にとって甲子園は、今も昔も別格だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20150806_339805.html

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

先日夏の甲子園が開幕しましたが、
今も昔も野球ファンにとってこの時期は本当に
「待ってました!」と言わんばかりに楽しみですよね。

今年は大注目の1年生選手に高野連も厳戒態勢を
敷くことを決めたそうです。

それにしても高校生が風俗店でサイン会とは…。
それだけすごい人気を誇っていたということですね。
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)
“元AV女優・水咲ローラが中国人大富豪と10億、15年で専属契約!”ーー。

先月、中国人大富豪のアダルト爆買い事情を象徴するニュースが配信された…と思いきや、その翌日には水咲ローラ本人が報道を完全否定。ガセネタとして決着したが、しかし! 実は、あながちガセとは言えない事情があったりするのだ。中国のアダルト事情に精通した商社勤務のA氏が語る。

「蒼井そらが中華圏でブレイクして以降、中国人にとって日本のAV女優はエロの最高峰なんです。“こんなかわいいコと、金さえ出せばあんなドエロなプレイができる!”という思考なので、中国の大富豪たちが日本のAV女優を2、3週間契約で中国に呼ぶことがあるんです」(A氏)

セックス目的がメインでしょうけど、その他に日本人AV女優と契約する理由は?

「彼らにとって不動産、高級車、そして日本のAV女優がある意味、富の象徴です。AV女優をフェラーリやリムジンに乗せ、仲間に自慢するのがステイタスですから」

では大富豪たちはどのようなプレイを? やはり、札束風呂に漬かっちゃってますか!

「殴る、縛る、アナルです」

完全にアウトな3連コンボじゃないですか!

「200万から300万円のギャラがあり宿泊は高級ホテル。しかし、連日のプレイが激しすぎて“もう二度と行きたくない!”と、みんな疲弊してしまうんです。中には反日感情が強すぎて、首を絞められることもあったらしいですから。なので最近は、富豪たちがAV女優の在籍しているソープへ来ていますね」

国内でも“殴る、縛る、アナル”の大陸的プレイをされたら風俗もAV業界も壊滅の危機ですよ。では、日本の風俗での中国人たちの行動とは?

「値引き交渉はなく、『通常90分総額で4万円ですが外国人対応で6万円になります』とお店に言われてもキッチリ払ってくれるんです」(月刊マンゾク・丹田勇人編集長)

あれ、中国本土でのハードコアなプレイは?

「コーディネーターに“お店には用心棒がいるから絶対にむちゃしないで!”と言われてるらしく、ビビっていつものようなプレイはしないんですよ。至って紳士です(笑)」

中国人大富豪、アウェー弱! 一方、家電爆買いツアーのオプションで風俗巡りをする中国人も増えているとか。

「よく報道されている爆買いツアーで来日する方々は大富豪ではなく、中間層よりやや上ぐらいの人たちです。彼らは嫁さんたちがポケモンセンターやスカイツリーを観光している間にソープなど行くんです」(前出・A氏)

ツアーってことは団体で?

「団体です。もう店を丸ごと押さえてしまうんですね」

それって、お店にとっては嬉しいことなのでは?

「そんなことないですよ。とにかくキャンセルが多い。お店を半日押さえているのにドタキャンされてしまう。爆買いツアーついでの中国人客は店にとってリスクが高いんです。だから都内以外だと日本語ができない中国人を受け入れるところはほぼないですね」(前出・丹田編集長)

日本人のコーディネーターはいないの?

「本気で生業(なりわい)にするなら中国オフィスが必要です。現地で決済して極力ドタキャンの損害を少なくする。ただ、共産圏なので性風俗関連のビジネスを表で展開すれば逮捕されるリスクもあります。その手間を考えると、日本人でコーディネーターになろうって人はいませんよ」(前出・A氏)

爆買いツアー客のトンデモプレイはないんですか?

「まず店内に入って写真を撮りたがる。店舗の装飾や女のコとのツーショットなどです(笑)。これはどのお店でもNG行為なんですよ。若い有能なスタッフがいるお店だとスマホの翻訳アプリで注意しますけど、それは一部ですね。そして、一回遊んだら即退店しようとするのが定番。90分で入っても時間いっぱいで遊ぶ客はほとんどいないらしいです。料金は言い値で払っているのにね」(前出・丹田編集長)

ソープは各種洗いテクを楽しむのが基本ですけど?

「ソープの遊び方を知らないんですよ。彼らにとって風俗は『ハメ』のみ。だから、女のコが“お風呂に入って”とジェスチャーでやりとりしたりしています(笑)」(風俗店スタッフ)

一体、ナニをしにソープに来たのかと!

「でも、日本の風俗のほうが特殊なんですよ。彼らの“ハメて即退店”がグローバルスタンダードで、日本のソープの各種プレイは完全にガラパゴス。お店的にはリスクの高い中国人客ですが、ギャラが多くプレイ時間も短いから女のコにとってはコスパの高いお客さんですね」

そして風俗以外のアダルト関連でも中国人の爆買いが進行中という。秋葉原の老舗アダルトグッズショップ「ラブメルシー」では、どんな爆買いが?

「人気の商品はオナホ、コンドーム、ローションです。特にコンドームは薄さ0・01?の商品は『2万個用意できないか?』とオファーがあったほどです」(ラブメルシー販売スタッフ)

中国人セックスしすぎ!

「皆さん観光バスで店にやって来て、値段を見ずにカゴに商品を入れていきます。だいたい、ひとり4万から5万円ぐらい買いますね。ただ、ひとつ質問されるのが『日本製?』ということ。家電と一緒で日本製に対する信頼度が圧倒的なので、オナホならTENGA、ローションではペペとMADE IN JAPANグッズにしか興味ありません」

では今後、中国人のアダルト爆買いツアーはどのような発展を?

「若者の風俗離れが進んでいる現在、システムさえ整えば中国人客の受け入れはお店にも女のコにもメリットは大きいです。あとは、ガラパゴス化した日本の風俗文化をどのように理解してもらえるか? 性感エステで四つん這(ば)いにされてアナルに指突っ込まれたら外国人はキレるでしょ(笑)」(前出・丹田編集長)

2020年の東京オリンピックに向けて、どれだけ外国人対応できるか? それが今後のアダルト業界活性化のカギになるかもしれません。

(取材・文/直井裕太)

http://yukan-news.ameba.jp/20150623-11/

風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)

中国人富豪の遊び方は規格外ですね。
日本に来る中国人も一般的に見れば
かなりの富裕層でしょう。

日本の風俗店からしてみても、
お金をもっている中国人観光客は
言ってみれば最高のお客さん。

今後はオリンピックも控えていますし、
外国人向けのサービスがどんどん
出てくるのではないでしょうか。
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
一発0円広告
投稿日:2014-05-15 23:26
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (30歳)

「ソープランド」は風俗の王様だ。

プレイ時間は長く(90〜120分)、サービスも濃厚。
ヘルスのように手と口と素股で…だけではなく
いわゆる“最後まで”のサービス
なのだ。

まずは嬢(泡姫と呼ばれる)と一緒にお風呂に入ってから
マットやベッドでたっぷり御奉仕してもらい、最後は挿入、
本番アリ
で、しっぽりたっぷり楽しめる。

現在の日本では本当のところは
風俗店での本番は禁止されている。
その法の目をかいくぐっての風俗「ソープランド」は
名目上「お風呂」として営業をし、我々を癒し、元気にしてくれるのだ。

呼び方として「特殊浴場」、「泡風呂」、「個室サウナ」、
「個室付サウナ」、「個室高級サウナ」とも呼ばれる
「ソープランド」は存在する地域が限られている事も特徴である。
例えば東京の「吉原」や神戸の「福原」は
代表的なソープ街として知られるので、
観光ついでやいわゆる遠征で行く価値も十二分にありである。

数ある風俗の中でも「ソープランド」はやはり熱い!
最高級の「泡姫」は最高級の癒しと元気をくれる!
他の風俗と比べて値段もそれなりではあるが満足感は半端ないぞ!
さぁ、今すぐ≪対戦≫しに出かけよう!!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com