北海道・東北 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ  > 北海道・東北

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
深夜に子どもだけで留守番させた


40〜60代の女性が在籍するデリヘル店「五十路マダム」が、急成長を遂げている。代表の長谷川華氏によると、求人に応募してくる女性たちの大半は、即金を必要としているという。生活苦や借金、子どもの学費……。しかし、この年齢ではそれなりの職歴がなければ再就職や転職は難しい。ずっと専業主婦として生きてきて、職歴がない人もいる。切羽詰まった女性たちに快適な労働環境を用意し、その女性たちの心地よい接客で顧客の心をつかむことで同店は成長し、現在は全国で20店舗を展開している。



長谷川氏は「性風俗は、悪い仕事ではない」と言う。その裏には、長谷川氏自身がデリヘル店で働くことで2児を育てたシングルマザーという経緯も、大きく影響している。こんなお店だったら、独りで子を育てるママもおカネを稼ぎやすいだろうな――現役時代に感じていたことを経営者になった今、次々と実現している。ここに、長谷川氏と同じく風俗業で子どもを育てた女性がいる。彼女の半生に「女性が働きやすい優良店」のあり方が見えてくる。




20代半ばで離婚、風俗以外に選択肢はなかった


五十路マダムに入店してくる女性のほとんどは、風俗未経験者。「デリバリーヘルス」というのがどういったものかを知らずに求人に応募し、面接のときに「何をするんですか?」と尋ねる人も少なくないという。一方で、生きてきた時間が長いだけに人生経験が豊富な女性も多く、過去に風俗業に従事したことがある女性も少数ながらいる。


南さん(45歳、仮名)は水商売、風俗業を渡り歩いて、ふたりの息子を育ててきた。20代半ばで離婚し、それ以外に選択肢はなかったとしつつも、「後悔している部分もあるんです」と打ち明ける。長男は10代のときリストカットをし、頻繁に家出した。次男はつい最近まで引きこもっていた。ふたりとも現在は心身ともに健康な社会生活を送っているが、南さんは今でも「子ども時代に愛情を十分注いでやれなかったからではないか」と気に病んでいる。


「19歳で結婚して、しばらくは専業主婦でした。20歳で長男、23歳で次男を出産したから、子育てでいっぱいいっぱい!でも7歳上の夫には休みグセがあって、さしたる理由もないのに1カ月以上休職することがしょっちゅうだったんです。当然、お給料は減らされる。しょうがないから、上の子が3歳になった頃から私がスナックで働くことにしました。そしたら夫の給料を上回る額を稼げるわけですよ。夫のことを“要らないな”と思いますよね」


母と子3人で暮らせる見通しが立ったので、離婚。しかし市営住宅での新生活は、南さんの思惑をはるかに上回る厳しいものとなった。17時に子どもに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、20時に寝かしつけてから、スナックに出勤。朝の4〜5時までの勤務を終えて帰宅し、子どもの朝食を用意し、登校するのを見送る。曜日によってはそれから昼のパートのためスーパーに出かけ、バックヤードで野菜や果物をカットする……。そうやってギリギリの生活を保っていた。


「夜の仕事に出ている間、家には子どもたちだけ。寂しかったでしょうね。実家を頼るよう助言してくれた人もいるけど、両親も経済的に行き詰まっていたし、広島県内でもさらに田舎に住んでいたから、実家に行ってしまうと仕事が全然ない。子どもたちへの後ろめたさはありつつ、アンタたちを高校卒業させるまではママはここで踏ん張るよ!と思っていたんですけど、勤めていたスナックが閉店することになりました」


その頃には長男が高校生、次男が中学生になっていた。スーパーのパートは続けつつ、事務職のパートを追加したものの収入は激減。悩みぬいた末にたどり着いたのが、店舗型の風俗店だった。今から7〜8年前のことである。1998年に風営法が大幅に改正されたことにより、デリバリーヘルス(派遣型風俗業)が事実上解禁となったとされるが、当時はまだ店舗型の風俗店のほうが主流だったと南さんは振り返る。




店長が違法の“本番行為”を推奨


「面接の時点で、店長が当然のように“こっそりお小遣いをもらって本番してもいいんよ”って言うんですね。本番って何?と思いながらも聞けずにいたけど、“ゴムは自分で用意してね”“そのほうが常連になってくれるからね”と言われて、あぁそういうことかぁ……と。当たり前のように“本番”を推奨するお店でした」


風俗店でも性行為そのものをすれば違法となる――南さんはそれすらも知らなかった。最初についた客は当然のように性行為をした。そんなものだと思うしかなかった。働く女性にとってリスクが高すぎるせいか、その店舗は慢性的に人手不足だった。南さんはほぼ毎日出勤、年末年始やゴールデンウイーク、お盆の時期も昼に出勤し、深夜の閉店時間まで働いた。長男の様子がおかしくなったのはそんなときだった。


「リストカットするわ、家で暴力を振るうわ……。もうどうしていいかわからなかった。私、首を締められたこともあるんですよ。母親に対して言いたいことがありすぎて、でも言葉にできなくてそんな行動になったんでしょうね。それでも店には出なきゃいけないし、この頃がいちばんしんどかったですね。長男はフラッと家出して、年上の友達の家に居候して……を繰り返すうちに、しだいに落ち着いていきましたけど」


「長男はその頃にはウソのように穏やかになって、仕事に就き、独立していました。次男は高校卒業後に就職したのですが、すぐに辞めて部屋に引きこもるようになって……。病院でうつ病と診断されたと聞かされ、私もなんとかしなければとは思ったんですが、話し合おうとすると、すぐ泣き出す。長男からは“もっと向きあえよ!”と言われましたね。不安定で母親を求めていた自分と重なるんでしょう」


ずっと働き通しで家にいなかったから。仕事で深酒をして休みの日には二日酔いで、どこにも連れていってやらなかったから。どれだけ頑張っても大学に進学するほどの学費は用意できなかったから……。南さんは今も自分を責めている。次男が根気強く通院を続けて症状が落ち着き、つい最近、再就職したのがせめてもの救いだ。




お小遣いを稼ぐためにデリヘルで働き出した


現在、南さんは趣味に使うおカネを自分で稼ぐために「五十路マダム」で働いている。再婚相手は安定した職に就いているが、渡される生活費をどれだけやり繰りしても、自分の自由になる分は残らない。


「前のお店ではつらい思いをいっぱいしたけど、ここでのお仕事は楽しいですよ。同僚を見ると、子どもが具合悪ければ休めているようですね。スタッフさんが女性だから、なんでも相談しやすいんです。私も子どもが小さいときに出勤強制がなくてストレスも少ないお店で働けていたら、あの子たちともっといい関係を築けたかもしれないなぁと考えると、切ない気分になりますね。今のお店で働くようになって、ようやく“私はこの仕事が好きなんだ”と気づけました。いつもにこにこして接客しているから、お客さんから“南ちゃんは、悩みがなさそうでいいなぁ。苦労しとらんのやろ?”って言われるぐらい(笑)」


再び風俗店で働き始めたことは、夫には内緒にしている。そもそも風俗店で出会っただけに、夫は薄々気づいているようだと南さんは言う。でも、「自分で稼いだおカネは、自分で使いなさい」と言う以外は、特に詮索もされない。


「人生で、今がいちばん穏やかな気分です。こんなにのんびりしていていいの?って。夫は優しいし、子どもたちは今は元気に働いているし、あとは命の心配だけしていればいい。私、人生の半分以上、遊びにいくことすら忘れていたんですよね。自由に家を空けて、自分のおカネで遊びにいけるってサイコーです!」


年に2〜3度は好きなアーティストを追いかけて上京し、ライブを見たいと言う。荒波が続いた南さんの人生は、今やっとなぎの時代に入ったようだった。


http://toyokeizai.net/articles/-/161930

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
結果として自分の好きなお仕事を続けて、余暇も充実して、配偶者にも恵まれて、これはこれで幸せの1つだなと思うような記事だった。


本番行為を推奨するようなお店で「それが当たり前の世界なんだ」と女性が働いてしまうような環境が少しでもなくなるように、正しい情報を発信しようと筆者は心に決めた。


もしも働く女性が無知でさえなければ面接で本番行為を推奨された段階で「あ!このお店、関わらないほうがいい!」と気づくことができる。


現にこの記事に出てきたお店も本番行為を推奨して働いてくれる方を尊ばないから慢性的な人手不足に陥っていたと推測できる。


それから、働く女性がお店に対する率直な意見を書ける場所も設けて、人材を尊ばなければ人材から報復を受ける流れも必要だなと筆者は感じてしまった。


そのためのシステムの強化、情報発信の必要に重きを置いてこれからも進化成長しながら、風俗業界の反映のために一翼の一旦を担っていきたいと思う。
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
ココリコ遠藤、バイきんぐ小峠がロケ番組「坂上忍流ディープな夜遊び」のエピソード3・北海道編に出演。この第1話が本日3月3日、Amazonプライム・ビデオにて配信開始された。


芸能人たちが日頃のうっぷんを晴らすために、国内外の“ディープな夜遊びスポット”を満喫する「坂上忍流ディープな夜遊び」。シーズン3では遠藤、小峠、坂上忍、吉木りさがカニ料理の店「活カニの花咲」やキャバクラ「CA Merry SEA」、エンタテイメントガールズバー「LoooP」などを訪れる。さらにその翌日には競馬場へ。一同が自腹で臨んだ賭けの結果やいかに。


「坂上忍流ディープな夜遊び」北海道編は全3話配信予定。新作は毎週金曜日に追加される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000044-natalieo-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
家に引きこもって趣味もなくテレビや動画ばかりを見る若者が少しでも夜遊びの楽しさを知ってくれたらと思う今日このごろ。
こうやって芸能人の方々が動画を通して遊んでくれると、「こういう遊び方もあるんだよ?」というライフスタイル上の選択肢が増えるので有り難い。


しっかり働いて、しっかり遊んで、、、そういうバランスのとれたライフスタイルを若者にも謳歌してもらいたいと思うのでした♪
カテゴリー : 風俗ニュース
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
「デリヘルタイムズ」
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
小池百合子東京都知事の巻き起こす旋風が、都政の闇をえぐり出している。その行動は確かな戦略・戦術に立ってのものとみえる。政治家になる以前にも、小池氏には独自の戦略・戦術で挙げた大きな功績があった


現在、「ソープランド」と呼ばれている“特殊浴場”は、かつては「トルコ風呂」と呼ばれていた。この改名に力添えしたのが、当時30代の小池氏であった。日本にトルコ風呂が誕生したのは、1951年。東銀座の「東京温泉」だった。翌年には博多に「温泉トルコ」、札幌に「ススキノ・トルコ・センター」が開業した。個室の蒸し風呂で温まる男性に、着衣の女性がマッサージするもので、直接的な性的サービスはなかった。


トルコには、中東の都市の伝統的な蒸し風呂ハンマームがある。男女とも入れる公衆浴場だ。もちろん男女は別である。あかすりやマッサージも受けられるが、サービスするのは同性だ。日本にできたものとはまるで異なる。


1958年に売春防止法が施行された後、赤線地帯だった場所にトルコ風呂が建ったのは、名古屋の中村遊郭跡が最初。その後、吉原を初めとして、各地の元赤線地帯にトルコ風呂が建った。


当初は性的サービスは厳禁だった。だが、手にクリームを塗って行うフィンガーサービスが行われるようになり、やがて性行為が行われるようになる。売春防止法違反で摘発される店も出た。


男性の急所部分がへこんだ「スケベイス」に男性が座っての、ボディ洗い。一緒に入浴して奉仕する「潜望鏡」。ローションを塗りたくってのマットプレイ。現在のソープランドのサービスは、70年代の初めには確立している。




小池氏の決意


こうした性的サービスを行う店が「トルコ」の名で呼ばれていることに心を痛めていたのが、トルコ人のヌスレット・サンジャクリ氏だ。


81年に日本に留学し、東京大学の地震研究所で学んだサンジャクリ氏は、帰国すると、国立ボアズィチ大学地震研究所の研究員になった。航空会社などが主催する日本語スピーチコンテストで1位になり日本への往復航空券を獲得。84年に再来日する。


大の日本好きであるサンジャクリ氏だが、なんとか「トルコ風呂」の名称をやめてもらいたいと活動した。84年8月23日の朝日新聞に彼の声が紹介されている。


「『トルコぶろ』に出合ったのはバスの中でだ。『トルコから来た』というと、運転手がニヤリと笑った。下宿先の歯科医が『トルコにlike sex hotelがあるか』といった。電車の広告に『トルコ』の三文字を見つけて、『自分の国のニュースが載っている』と喜び、友人に尋ねたこともあった。


来日して7カ月後、夕方、新宿を散歩していて『トルコ』のネオンを見て店に飛び込んだ。もみ手のドアボーイの『外人が来た』という声で、店の奥から下着姿の女性が4、5人出てきた。運転手の笑い、歯科医の質問などのわけが分かった」


この記事が、日本テレビ系の番組『竹村健一の世相講談』でアシスタントキャスターを務めていた、小池百合子氏の目に飛び込んだ。


朝日新聞を通して、小池氏はサンジャクリ氏に連絡を取り、都内の喫茶店で会う。話を聞いて、中東の文化に精通している小池氏はサンジャクリ氏に共感。「トルコ風呂なんて呼び方を変えればいい!」と決意した。




周到かつ精緻な戦略を実行


だが、全国に無数にあるトルコ風呂の名称を変えさせるのは至難の業だ。小池氏は戦略・戦術を練る。


その時のことは、すでに絶版になっている小池氏の著作『小池式コンセプト・ノート』(ビジネス社/2007年4月19日刊)に書かれている。


「公衆浴場の所管は厚生省【編注:現厚生労働省】だ。電電公社【編注:現NTT】は番号案内のイエローページに『トルコ風呂』の項目を堂々と載せていた。まずはこの2カ所に申し立てをし、最後に業界に事情説明、および改称のお願いをしに行くという手順を考えた。


何事も、最初が肝心である。厚生省の働きかけでは、念入りに演出を考えた。


毎日新聞の友人に頼み、渡部恒三厚生大臣(当時)に陳情のアポイントを取ってもらい、同時に記者クラブにも話を通して準備を整えた。記者クラブを通せばテレビカメラが入るのだ。テレビ映りを考慮し、お願いの趣旨は手書きにした。サンジャクリ氏が、一所懸命に書き上げた、日本語による『陳情書』だ」


サンジャクリ氏の厚相訪問は、84年9月18日。


「まったくの俗称なので、今すぐ行政権限で対処できるものではないが、あなたのお気持ちはよく分かる。訴えをできるだけ多くの人に伝えたい」


渡部厚相からの言葉は、お決まりの素っ気ないものだった。確かに、所管官庁だからといって、名称変更を指示することはできない。


だが、陳情の模様がテレビで全国に放映されたことが効いた。東京都特殊浴場協会は自主的に名称を変えることを決め、新たな名前を公募した。「ロマン風呂」「浮世風呂」「ラブユ」など、2400ほどの名前が集まる。


選ばれたのが、貿易会社に勤務する24歳の石田誠一さんが名付けた「ソープランド」だった。彼が最初に思い浮かべたのは、泡のイメージから「バブル」だったが、響きが悪いのでやめたという。


同年12月19日、東京都特殊浴場協会の代表は、赤坂プリンスホテル(当時)で「新名称発表記者会見」を開き、「ソープランド」とすることを公表。トルコ共和国大使館からイルハン・オウス参事官(当時)も参加した。全国の業者もこれに倣って、ソープランドと名称を改めた。まさに、小池氏の戦略・戦術が図に当たったのである。


90年代から急速にグローバル化が進み、日本とトルコの交流も深まった。その時代になっても「トルコ風呂」の名が残っていたら、国際社会で笑いものになっていただろう。


忘れてはならない、小池氏の功績である。
(文=深笛義也/ライター)


http://biz-journal.jp/2016/10/post_16933.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
確かに、特定の国の名前が特定のサービス名に使われるのは、国際社会の観点から見ると危ういと言える。
そういう意味で小池氏の功績と認めることはできるかもしれない。


「ソープランド」という案が選ばれた石田誠一さんがどんな方かはまだ存じ上げないけれど、この方の功績も忘れてはならない。




日本における風俗の歴史は今を生きる人によって紡がれていると言える。
頭ごなしに否定する人もいるけれど、それでも、風俗を愛する人々によってこれからも紡がれていくものになってほしいと願う。
カテゴリー : 風俗ニュース
業種タグ: ソープランド
地域詳細タグ: 北海道 東京 全国
旭川デリヘル ココルル
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
「往年の名選手」が水商売に手を出したと聞けば、頭を過(よぎ)るのは転落や困窮といった言葉である。だが、横浜大洋ホエールズの「スーパーカートリオ」で鳴らした高木豊氏(58)に、そんな悲愴感は皆無。札幌が誇るネオン街にガールズバーを構え、その「コーチ術」で黒字経営に導いていたのだ。


忘年会シーズン真っ只中の12月15日――。


前夜からの大雪にもかかわらず「すすきの」は、大勢の酔客で溢れ返っていた。そんな歓楽街の雑居ビルにあるのが、高木氏が経営する「Second」だ。店名を聞いて、「二塁手(セカンド)」として活躍した、彼の現役時代を思い出す野球ファンも少なくなかろう


6席ほどのカウンターにボックスシートが3つ。20〜30代の女の子が客を出迎える、いかにもなガールズバーだ。1セット1時間で2500円と、地元の相場に照らして価格は良心的。そのせいか、午後9時を過ぎた頃から常連客が続々と来店し、まもなく満席となった。


それにしても、俊足好守の「ミートの名手」は、なぜこの店を始めたのか。


女の子に交じって笑顔で接客をこなし、ファンとの記念撮影にも気さくに応じる、高木氏ご本人に尋ねると、


「これまでは解説や講演の仕事がメインでしたが、いつか飲食店を出したいと考えていたんです。もちろん、生活を安定させることも考慮してね。ただ、それ以上に野球ファンと触れ合う機会を作りたかった。それで、16年6月に店をオープンさせました。中大の後輩の阿部慎之助に、中田翔や森福允彦(まさひこ)なんかも顔を出してくれます」


ちなみに、すすきので店を開いた理由については、


「たまたま、すすきので何軒も飲食店を手掛けている経営者と出会ったのがきっかけです。僕は子供の頃に帯広に住んでいて、現役の最後は日本ハムファイターズだから北海道に縁もある。それに、失敗しても東京で勝負するよりは痛手が少ないだろう、と」


とはいえ、朴訥なイメージの高木氏が、新たな勝負の舞台に「夜の店」を選んだのは少々意外である。


「まぁ、こういうお店が嫌いじゃないのは事実です。ただ、いまは組織を動かすことが楽しい。僕が球団オーナーだとすれば、店長の女の子はさしずめ監督で、副店長はヘッドコーチ。チームを仕切る人間がしっかりしないと現場の選手は動きませんから、特に店長には厳しく接しました」




■女の子に「代打」


そこは息子3人をJリーガーに育て上げたことでも知られる高木氏である。


「高木さんのことはアートネイチャーのCMで知っていたくらいでしたね」


と苦笑する店長にもスパルタ教育を施した。


「あえて店長以外の女の子だけを食事に誘って店に対する愚痴を聞きました。当然、店長は不安になる。それを何度か続け、最後に店長を交えて改善点を話し合った時には、彼女は涙を流していました。でも、孤独に耐えて決断を下すのが“監督”の務めですから。いまは立派に役割をこなしています。お客さんとの相性を考えて、女の子に“代打”を送ったりね」(高木氏)


東京在住ながら、札幌にアパートを借りて経営に打ち込んだ結果、店は黒字続き。12月には西麻布に2号店までオープンさせた。


アテネ五輪で日本代表チームを指導した高木氏だが、その手腕はすすきのでも遺憾なく発揮されていた。


ワイド特集「夜明けの鶏(チキン)レース」より


「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00516265-shincho-base

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
素晴らしい!!!!!!
やっぱりできる人はどこででも成果を上げるってことやん!!!!
夜のお店だろうが、野球だろうが、子育てだろうが、兎にも角にも人のことを見て、また各々のポジションに必要とされる力量や精神力も育成して、かつ自主性を損なわない、まさに本物の手腕!


そんな敏腕高木氏が、以前からやってみたいと考えられていた飲食店の経営をしっかりと実現されていて尊敬尊敬!!
と思いつつ、日本の若者も「自分なんて・・・」とか弱気にならないでキッチリと成果を上げる、または戦える人間になって欲しいと心の底から思った!


力強いニュースをありがとぉヽ(=´▽`=)ノ
カテゴリー : 風俗ニュース
地域詳細タグ: 北海道 東京
「デリヘルタイムズ」
風俗SEO.com
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (28歳)
営業禁止地域の福島市で店舗型風俗を営んだなどとして、福島署は16日午前、風営法違反の疑いで仙台市、風俗店従業員、容疑者男(44)ら男女4人を逮捕した。


44歳の容疑者のほかに逮捕されたのは、福島市、風俗店店長の男(39)、同市、風俗店従業員の男(42)、伊達市、風俗店従業員の女(28)の3容疑者。


44歳男、39歳男の両容疑者の逮捕容疑は15日、ホテル「AKBホテル」の個室で、男性客に性的サービスを提供し、店舗型風俗を営んだ疑い。42歳男の容疑者の逮捕容疑は同日、ホテルで男性からの性的サービスの申し込みを受け付け、28歳女の容疑者の逮捕容疑は同日、ホテルで性的サービスを提供した疑い。同署によると、4容疑者は容疑を認めているという。


同署によると、ホテルはビジネスホテルを装っていた。同じビルには無店舗型風俗「ヒロインUSA」の待機所があり、共同で店舗型風俗として営業していたとみられる。44歳男の容疑者はホテルの代表、39歳男の容疑者は無店舗型風俗の店長という。


同署は県警組織犯罪対策課、生活環境課の応援を受けて捜査していた。


http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161117-127783.php
 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
福島で唯一マットプレイやスケベ椅子で遊べるデリヘルとして知られていたお店らしく、そのお店が営業禁止地域で店舗型風俗を営業して摘発されたとのこと。


こーれーはー、、、ビジネスホテルと無店舗型風俗店が手を組んで運営しちゃって結局は無許可の店舗型風俗店で且つ営業禁止地域で営業しちゃったということかしら????

無店舗型風俗店とビジネスホテルさん、手を組んではいけません!
悪気がなくても無意識に店舗型風俗店に大変身しちゃうという事態に・・・・


こうなると「知らなかった!」では済まされないしね^^;
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 北海道・東北
業種タグ: デリバリーヘルス
地域詳細タグ: 福島
札幌人妻城
画像掲示板【DANJOweb♂♀】